現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

どんな作業の時にハーネスが必要なのか?

日建連安全委員会より具体的な作業事例のときにハーネスが必要なのかが書かれています。
(特別教育の必要性も書いてあります)
DB0524C2-3D3B-468B-AE9C-A22B5AD2C045


33178A40-25B7-498F-9521-10DE12CE1768

日建連安全委員会
建設工事における安全帯に係る活用事例
https://www.nikkenren.com/rss/pdf/1246/anzen_anzentaishishin_p.pdf
 

安全帯、2/1からハーネスが必要なのか?、特別教育は?

【要点】
・法令は2019.2.1に施行されますが、2022.1.1まで約3年猶予期間は、いまのまま
・ただし、ハーネスを使用する人は特別教育が2/1までに必要

関連記事 どんなときにハーネスが必要なのか?

【まえおき、安全帯の必要なところ】
・整備された足場上は安全帯(墜落制止用器具)不要
→高さ2m以上の箇所で作業を行う場合は、作業床を設け、その作業床の端や開口部等には囲い、手すり、覆い等を設けて墜落自体を防止することが原則であるが、こうした措置が困難なときは労働者に安全帯(墜落制止用器具)を使用させる等の措置を講じることが義務付けられている。

【全般】※文中の6.75mは5mを推奨されている
・施行は2019.2.1であるが、2022.1.1まで猶予期間として現行の安全帯(同ベルト、フルハーネス)が使用可能
・法令用語は「墜落制止用器具」ですが、現場においては従来どおり「安全帯」、「ハーネス型安全帯」と言う呼称を使用してよい
・高さ6.75m以下は同ベルト型でも可能、6.75m越はフルハーネスのみ(6.75m以下でもフルハーネス使用可能)
・法令は6.75m越であるが、一般的な建設作業では5m(柱上作業等のワークポジショニング作業では2m以上)でフルハーネスを推奨

【特別教育】
・法令では、「高さ2m以上で作業床が設置困難な箇所でフルハーネスを使用する業務」に義務付け
・上記に該当する場合は2019.2.1までに特別教育が必要
・上記について、経験・資格保持によって一部科目の省略あるが、事業主の証明書が必要
・現行(旧)規格のフルハーネスであっても特別教育は必要
・作業床のある箇所、同ベルト型使用の場合は特別教育不要(義務付けされていない)
・高所作業車は作業床があるため特別教育は不要、ただし6.75m越のときはフルハーネス使用が義務付け
・「作業床」とは、法令上具体的な定義はないが、一般的に足場の作業床、機械点検台など作業のために設けられた床を指す(具体的な判断は所轄の労基に相談)

【安全帯(墜落制止用器具)の規格について】
・構造規格には、改正構造規格に基づくもの(2019.2.1より販売可能)と現行(旧)構造令(2019.8.1から製造不可、2022.1.2から販売不可)がある
・改正される構造規格は、宙づり時に身体を締付ける力を吸収する「ショックアブソーバー」の設置(同ベルト型はランヤードの長さを2.5mから1.7mに)
・ショックアブソーバーには第一種(フックが腰より高い)と第二種(フックが腰より低い)がある
【余談】
・墜落時に着用者が地面に到達するおそれのある場合(6.75m、建設作業では5m)の対応として同ベルト型の使用がOK
・6.75mはフルハーネスの自由落下距離4m+ショックアブソーバーの伸び1.75m+1m
・5mはフック取付高さ0.85m+ランヤード長1.7m+ショックアブソーバーの伸び1.2m+1m
・安全帯に関するISO規格において「一本つり」の安全帯を指す用語として「フォールアレスト・システム(fall-arrest systems)」とい
う用語が用いられているところ、和訳すると高所から墜落してしまった場合に、地面等に激突する前に墜落をおさえとどめるという意味であること
から、「墜落制止」とした

「三文判」とは

印鑑を注文するときに「三文判買っておいて」と依頼

しかし、「三文判ってなんですか?」と

たしかに、三文判ってなんなのでしょうか?

と言うことで、調べてみますと、
「三文」は、「二束三文」の「三文」なので、安いと言う意味だそうです。

「三文判」=「大量生産された安い印鑑」と言う意味だそうです。


「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2018年12月)

前回の八ッ場ダムプロジェクトレポートから3年以上あいてしまい、ダム本体がほぼ打上がりの高さまできました。
前回記事→「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2015年8月)

今回は初めて電車で視察に来ました。八ッ場ダム玄関口のJR川原湯温泉駅(旧温泉街と駅はこちら)からスタート。以前は特急電車が停車していたのですが、乗降客が少ないと言うことで現在は通過駅となっているそうです。
川原湯温泉駅
駅構内の手書き案内看板は前回同様健在

現在は川原湯温泉駅から温泉街へはトンネルを経由するしかありませんが、ダム湖を見ながら歩ける道路を施工中とのこと。道路の写真は撮れなかったので、八ツ場ダム資料館にある模型からダム湖側の道路と、道路の終点である王湯(詳細はこちら)。
川原湯温泉駅から王湯への連絡橋 川原湯温泉王湯

ダム本体の施工高さは24時間体制で施工していることもあり、9割を超え、完成間近の状態でした。
上流側からはこんな感じ。将来水が溜まれば、こちら側からはダム本体の一部しか見えなくなります。
ダム(上流側から)
下流側からは下から見上げる感じなので、その巨大さに圧倒されます。
ダム(下流側から)
民主党政権下で止まっていたダムサイトはこちら
堤体2 堤体3


視察終了後は道の駅八ツ場ふるさと館で恒例のダムカレー。
八ツ場ダムカレー
ダムカレーを食べたり、八ツ場マークのおみやげを購入すると、道の駅ダムカードをもらうことができます(右側は八ッ場ダムのダムカード)。
八ツ場ふるさと館(ダムカード) 八ッ場ダム(ダムカード)

最後にふるさと館から橋の上を散歩すると、ダムに沈むエリアやダム本体を見ることができます。
沈むエリア 旧八ツ場館
右側の写真に映っている建物は、昔の国道と八ツ場館になります。以前はあそこからダム湖の水面位置を見上げていましたが、現在ではほとんど道路も整備されたため、見下ろす形となっています。
a‚„a‚“a°e¤¨2010年の記事より

【関連記事】
2015年08月16日
「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2015年8月)
2014年07月06日
八ッ場ダムに沈む川原湯温泉の「王湯」が閉館し、「新・王湯」が開館
2013年08月19日
八ツ場ダム関連事業:上部工施工中の湖面1号橋(仮称)
2013年08月18日
八ツ場ダム関連事業:国道145号線八ツ場バイパス「長野原めがね橋」
2013年08月17日
八ツ場ダムカレー登場、「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2013年8月)
2011年05月11日
八ッ場ダムを見学して、川原湯温泉にお得に泊まろう!(1人3000円割引)
2010年12月20日
道路整備工事が進んでいる「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2010年11月)
2010年01月14日
 「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2010年1月)

 

生産性向上に何が必要か

i-Constructionの元、生産性向上が注目されていますが、さて生産性を向上(省力化)するには何が必要でしょうか。

・情報化施工
・スマホ、タブレット活用
・BIM/CIM(3次元CAD)
にとかく目が行きがちですが、それだけではないと感じます。
プレキャスト化、モジュラーコンストラクションにより、現場での作業が少なくなるのもひとつですが、

結局大事なのは、「今までの概念を取り払い、やり方を変えること」ではないでしょうか。

例えば、つくるものの形を変える
今までならあり得ないと思っていたことを成し遂げる

企業の大きさに合ったその企業なりのやり方がある!

中小企業には中小企業なりの戦い方がある!(下町ロケットより)

マウスけんしょう炎対策としてトラックボールを導入

一時期マウスやキーボードによるけんしょう炎に悩まされ、整形外科に通っておりましたが、トラックボールがけんしょう炎対策に効くと言うことでさっそく3台購入してみました。
購入したのは以下の3機種。

一番使用する仕事のパソコン用にこちら


自宅のパソコン用にはこちら


そしてモバイルパソコン用には持ち運びを考えてこちら


最初は慣れるまでぎこちないですが、慣れてしまえば快適です。もちろん手首や腕への負担も軽減されています。
トラックボール


 

すぐ使えるシンプル機能「現場クラウド Conne(コンネ)」

最近よく思う言葉がここでも聞けました。
・プロセスの細分化と分業制
・人と人とのコミュニケーション
・自主性の発揮
・協力業者がやりやすい(儲かる)環境をつくる

こんなことができるシステムを構築したそうです。

Facebookみたいな、LINEみたいな、DropBoxみたいなものがまとめて出来る
まとめれば、ユーザー設定や社外ユーザー(JVサブ職員や協力会社など)の招待などの管理も楽に

iPhoneアプリもまもなくリリース

さらに新機能も
・現場のホワイトボード月間予定表
・図面更新履歴機能
・タスク管理

シンプルイズベスト、Conne
24B0A521-5771-437A-825E-CC24CFA69D25

https://conne.genbasupport.com/

スマホを利用したトランシーバー「BONX for BUSINESS」

大勢での集中した重要な作業や海の現場では、いまでもトランシーバーを利用することが多いですが、トランシーバーの活用シーンはそれほど多くはないため、レンタルするなどで対応していました。

この、リコーさんがの紹介している「BONX for BUSINESS」は、スマホで、トランシーバーと同じことができるシステムで、電波ではなく、インターネット回線を用いているため、ネットさえ繋がれば、どこでも使用することができます。
74B1292C-C890-49A2-8A0C-3CE0E61F2E92

ヒアラブル(いわゆるイヤホンマイク)は専用のものを購入する必要があるようです。


創意工夫・社会性等・工事特性は評価する側の気持ちになって

工事の最後には、工事特性、創意工夫、社会性等(いわゆる創意工夫等)を発注者に提出いたします。
今まで工事中にやってきた、いろいろな工夫や地元との絡みとかをあげるので、しっかりとアピールが必要な書類ですが、書類を提出する前に、ぜひ評価する側の立場になって考えてみてください。

評価する側は、チェックリストに従って、点数を付けていきます。この、チェックリストに適合しないと点数にはつながりません(気持ちでのおまけはあるかもしれませんが)。

この、チェックリストは、発注者ごとにインターネットで公開されていますので、どのように書かれているかを見て、その内容に合わせて書いた方が良いでしょう。

例えば、国土交通省でしたら、こちらで公開されています。
(発注者ごとに微妙に異なりますのでご注意ください)
地域への貢献等

項目ごとに点数の上限があるので、偏ってもダメです。
可能でしたら、チェックリストに項目を記載してアピールする項目をまとめても良いでしょう。

iOS12から誕生した「計測」アプリ、現場でも使えます

iPhoneに新しいOSを入れると表れる「計測」というアプリ。

iOS12からApple公式で誕生した寸法を測れるアプリで、卓上のあるものを計測できますが、
このように現場にあるものを計測し、撮影したものをメールで送ることもできますので、意外と便利です。

計測

スマホで揺れのない動画を撮影(ジンバル・スタビライザー)

スタビライザーと聞くと、土木業界では地盤改良の混合攪拌機を思いがちですが、スタビライザーは安定という意味だそうです。

最近、現場ではなるべく記録動画を残すようにしていますが、スマホでの撮影ではどうしても揺れが発生することで、安っぽい動画になりがちでした。
そこで、今回、世間で話題になっている安価になった安定機(ジンバルまたはスタビライザーと呼ばれているようです)を購入してみました。

購入するにあたり、いろいろと検討し、最後まで残ったのは、以下の2機種でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DJIジャパン ハンディスタビライザー OSMO MOBILE2 OSMOM2
価格:16770円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ZHIYUN Smooth 4-Black C030016J
価格:15994円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)



比較したのは、重さ(質量)、小型、シンプル、もちろん最低限の性能と価格。
そして、購入に至ったのは、ドローンでも有名なdji社の「OSMO Mobile 2」
https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2
OSMO Mobile 2 OSMO Mobile 2(正面)

ボックスカルバートの中で、右手にジンバル、左手にスマホを持って歩いてみました。

違いは一目瞭然ですね。
OSMO Mobile 2にはケースがついていないため、持ち運び用のケースも買ってみました。

iPhone6sとiPhoneXsMax、ワイシャツの胸ポケット状況

前回の記事にも書きましたが、iPhoneXsMaxの大きさは関数電卓とほぼ同じなため、作業服の胸ポケットでしたら問題ないのですが、ワイシャツの胸ポケットですと違和感があります。

ということで、iPhone6sとの違いを撮影してみました。

iPhone6sですと、ちょうどレンズが見える感じで、重さも5sほどではないですが軽いため、それほど違和感がありません。
FullSizeRender
次に、iPhoneXsMaxだとこんな感じです。
レンズが縦に2つなのでこちらもレンズが見える感じです(約3.3cm)。飛び出してる長さがあるため、前かがみなどの時に不安定感がありますが、落ちることは今のところありません。
FullSizeRender
もちろん、ワイシャツの胸ポケットの大きさにもよりますが、比較的小さめのカバーでこんな感じなので、iFaceなどでしたら、ちょっと厳しそうです。
iPhone7PlusやiPhone8Plusも同じような大きさですので、ワイシャツを着るのが多い方はご注意ください。

インターネットから答えを導くのが難しくなっている!?

今さら言うまでもなく、インターネットの普及により、様々な情報がネットで検索することができる時代になっています。
若手職員にも、ネットで少し検索すれば答えが出てくるのだから、まずは検索してみたらと数年前から言い続けてきましたが、最近なにか変わってきてはいないでしょうか?

ふと思うのは、以下の2点。

まず1点目は、
情報が多くなったため、質の高い情報が埋もれてしまい、なかなかきちんとした情報にたどり着くのが難しくなった。
昔は、ホームページで公開されていたため、それなりに情報を公開するには気を使っていました。そのため、そのページを見れば、法律などの裏付け根拠も掲載されていて、間違えのない情報を見つけることができたものです。
しかし、現在は、SNSの普及や、それをまとめるサイトも複数あり、情報はあるものの、それが本当に合っているのか、裏付けを探すのに少し工夫が必要としています。

そして、2点目は、
インターネットから情報を検索する能力が退化してきている。
休日、YouTubeで音楽を聴きながらパソコンを操作したりしていますが、私の好きなジャンル等をしっかり把握されているため、聴きたい曲を検索することなくYouTube側から次々と提供されます。
そして、その曲目になにも違和感なく聞き続けます。今までの履歴等の情報と、ある意味AIが必要としている答えを導き出してくれています。
そうすると、曲目や歌手名を覚えることなく、曲のリズムだけを覚えてしまい、いざという時に検索することができません。
たとえは音楽でしたが、同じように情報を検索する能力が退化してきているのではないでしょうか。

今後は、「検索すれば答えが出てくるでしょ」と言うのは辞め、「ちゃんと調べ、分からなかったら聞きに来てください」と言うことにします。

関連記事?
今話題のWeb2.0



労務単価(1人1日なんぼ)での契約は法律違反です!

職人1日いくらという単価契約は常傭(じょうよう・常用)や人工出しと言われ、いわゆる「派遣」になります。
労働者派遣法にて、建設作業への派遣は法律で禁止されています。

第四条 何人も、次の各号のいずれかに該当する業務について、労働者派遣事業を行ってはならない
二 建設業務(土木、建築その他工作物の建設、改造、保存、修理、変更、破壊若しくは解体の作業又はこれらの作業の準備の作業に係る業務をいう。)

関連記事:出向と派遣の違い
http://const.livedoor.biz/archives/51147045.html

そのため、契約項目は必ず請負(出来高)になります。

もちろん、根拠として、歩掛りや労務単価を見積で提出することはあっても、労務単価のまま契約することがないよう、注意しましょう。


建設工事には、なぜ契約書と契約請書が必要なのか

建設工事では、下請負契約をする場合、契約書と契約請書を必ず作成する必要があります。
とは言え、通常、契約とは、電話でもできるものなので、必ずしも契約書が必要という訳ではありません。
では、なぜ、下請負契約では契約書と契約請書が必要なのでしょうか?

それは、建設業法には以下の記述があるからです。
第十八条 建設工事の請負契約の当事者は、各々の対等な立場における合意に基いて公正な契約を締結し、信義に従つて誠実にこれを履行しなければならない。
第十九条 建設工事の請負契約の当事者は、前条の趣旨に従つて、契約の締結に際して次に掲げる事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない。
 中略
2 請負契約の当事者は、請負契約の内容で前項に掲げる事項に該当するものを変更するときは、その変更の内容を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない。

と言うことで、建設工事において、契約書がない場合は、建設業法違反となります。
ただし、これは建設工事にのみに適用されるため、建設工事以外の場合は、建設業法の適用を受けません
参考:測量や試掘、調査を目的としたボーリング等は建設工事にはならないようです
http://const.livedoor.biz/archives/52211771.html

1499c2f4







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


Comments
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。

現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

また、各種情報やご意見、ご要望など、お気軽にメールをお待ちしております。

記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ