現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

「よこかん」、「よこしょう」、栄JCTなど建設中

慢性的な渋滞エリアでもある湘南・横浜エリア。
マンガで分かる道路の必要性

湘南、江ノ島や鎌倉に車で行くものではないと思うほどの渋滞エリアでしたが、着々と自動車専用道路の建設が進んでおります。
地図全景

首都圏中央連絡自動車道(圏央道さがみ縦貫道路)
新湘南バイパス
横浜湘南道路(略称:よこしょう)
横浜環状道路(略称:よこかん)→北線、北西線、南線

道路の名前が複雑に変わっていますが、圏央道が八景島まで繋がります。
圏央道(さがみ縦貫)→新湘南→横湘→横環南→首都高
(結局この首都高釜利谷JCTまでのルートは圏央道国道468号線として整備されています)

横浜環状線は北線は開通し、北西線でも東名横浜青葉インターへの接続工事がかなり進んでいます。
横浜環状道路 横浜青葉インター

圏央道からは栄JCTで横浜環状道路に接続する形になりますが、将来的には新東名高速道路もこの横浜環状道路に接続されるようです。
栄ジャンクションも複雑な線形になっていますが、こちらも橋脚が立ち並んでいました。
栄IC・JCT 栄JCT 栄JCT(横環方向)

横環南でも直径15mのシールド工事が施工されており、施工者の鹿島JVでも一般向け見学広場も整備されていました。
見学広場 発進到達立坑

マンガでわかる「よこかんみなみ&横浜湘南道路」
パンフレット「圏央道 横浜湘南道路 高速横浜環状南線」

10インチ軽量モバイルパソコン「CF-RZ6」

6年ぶりにパナソニックレッツノートに。
元々モバイルパソコンは10インチ派なので、レッツノートRシリーズからJシリーズ、その後VAIO10シリーズを使っていましたが、再びRZシリーズに帰ってきました。

「Panasonic Let's note J9 が手元に届いたので、R6と比較してみました」
http://const.livedoor.biz/archives/51905144.html

IMG_6926
残念なのはマウスパッド、Rシリーズの時は円形で、クルクル回すことでスクロールするのが好きでしたが。
23b1e101[1]

RZシリーズは液晶がくるっと回り、タブレットタイプにもなります。
IMG_6928 IMG_6927
iPadとあまり変わらないくらいに軽いので、持ち運びにも重宝しています。
とは言え、結局はiPadとレッツノートの2台持ちになってしまうのですが。


横浜臨港道路「南本牧はま道路」開通から1年以上経って初利用

横浜には南本牧ふ頭という人工島があり、当初は1本の橋で繋がっていました。大型の貨物船が着船できるため、アクセスが1つしかないというのはリスクもあり、2本目の道路が計画されていました。
そこで昨年開通したのが、臨港道路「南本牧はま道路」。開通から1年以上が経過しましたが、南本牧側から利用してみました。

はま道路

以前、南本牧ふ頭は一般車立入禁止でしたが、現在はこの道路が開通したこともあり、特に検問もなく入ることができるようになりました(一部エリアは立入禁止になっています)。

南本牧ふ頭からはま道路に入ります。
IMG_5564 IMG_5565
IMG_5566

はま道路は首都高にも直接接続されているため、そのまま首都高に合流することができます。物流の大型車にとってもうれしいことでしょう。
IMG_5567 IMG_5568
もちろん、2本あることで、孤島となることがなくなりましたし。

臨港道路「南本牧はま道路」の開通による効果
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000700814.pdf

2019年夏に東北道の蓮田サービスエリアが移転拡大

NEXCO東日本から東北自動車道の蓮田サービスエリア上り線が2.5km東京側に移動して、敷地面積4倍に大きくなると発表がありました。
FullSizeRender

新しい移転先の住所も蓮田市のため、名称はそのまま蓮田SAのようです。
FullSizeRender
比較表を見て分かりますが、大型車の駐車スペースが現在の31台から約120台の4倍になるのが大きなポイントのようです。もちろん商業施設も大型化し、外部からも利用できることで、売上げを上げることもあるようですが。
圏央道や北関道の開通で、東北道へ迂回することも多くなっているので、蓮田上りが使いやすくなるのは助かります。

新大宮上尾道路が事業化、草津方面八ッ場ダムへの直結道路へ向けて

首都高速池袋線(5号線)、その先は首都高埼玉大宮線(S5号線)となり、現在は与野で北行きは終点となっていますが、まずは圏央道桶川北本JCTへの接続に向けて上尾南ICまでの区間が事業化されました。たった8kmですが混雑区間のため早期開通が望まれます(できれば圏央道接続まで)。

新大宮上尾道路
関東地方整備局サイト
http://www.ktr.mlit.go.jp/oomiya/04data/pamphlet/shinoomiyaageo_doro.pdf 

そして、上記のとおり、新大宮上尾道路はその先で熊谷バイパス、深谷バイパス、上武道路と接続され、最後は上信自動車道に接続され、八ッ場ダムや草津方面へのアクセス道路となります。
17号線バイパス
関東地方整備局大宮国道事務所
http://www.ktr.mlit.go.jp/oomiya/02sigoto/17/index.htm
上信自動車道
群馬県サイト
http://www.pref.gunma.jp/contents/100017945.pdf

各バイパスの連続立体化事業が進めば、現在ひどい渋滞になっている東北自動車道や関越自動車道の渋滞緩和にもつながることでしょう。かなり先の話かとは思いますが。。。

ずい道等建設労働者健康情報管理システム

じん肺健康診断結果を一元的に保管するシステムが建災防で始まります。対象工事、対象事業主の方はご注意ください。

「じん肺」鉱物性の粉じんを長期間吸い込むことで発症する肺の病気、発症まで長い年月がかかり、かつ進行が不可逆的であるために健康管理が難しい病気の一つです。

国は事業者にじん肺健康診断の実施とその結果の保管を義務付けていますが、現場毎に就業先を変えることが多いずい道等の建設工事現場では、過去の健康診断情報がそれぞれの就業先に散逸しがちであるという問題がありました。

そこで、建災防では厚生労働省の補助を受け、ずい道等で働く方のじん肺健康診断結果と作業従事歴を一元的に保管し、ご本人からの申請によって健康情報等を提供する事業を開始しました。

ずい道等建設労働者健康情報管理システム
https://www.kensaibou.or.jp/support/tunnel_system_info/index.html
動画で紹介
https://www.kensaibou.or.jp/support/tunnel_system_info/workers.html

ずい道等建設労働者健康情報管理システム

新東名、新名神、渋滞エリアが3月に開通

東名高速厚木IC付近から圏央道に入る第一走行車線渋滞と東名阪自動車道御在所付近の渋滞緩和につながる箇所が2019年3月17日に同時開通。

新東名高速道路の伊勢原JCTから厚木南IC
これにより、東名高速上り走行中、伊勢原JCTから新東名高速道路経由で海老名南JCTから圏央道に入ることができます(東名高速海老名JCTの渋滞回避)。
https://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4480.html
厚木南IC〜伊勢原JCTFullSizeRender


新名神では、新四日市JCT〜亀山西JCTが開通することにより、伊勢湾岸道路と新名神高速道路が直結され、東名阪自動車道の渋滞が緩和されます。
http://www.c-nexco.co.jp/corporate/pressroom/news_release/4474.html
新四日市JCT〜亀山西JCT


施工体制台帳、監理技術者及び主任技術者の顔写真一覧表の廃止について

2018年12月20日の通達により、施工体制台帳における監理技術者及び主任技術者の顔写真一覧表(工事担当技術者台帳)が廃止されましたが、
該当工事は2019年1月1日以降に入札公告を行う工事になりますので、現在施工中の工事では監督員との協議等が必要です。
担当技術者台帳(顔写真)

※ただし、名札については特に触れられていませんので、今まで通りかと思いますのでご注意ください。

総合評価でも加点される「えるぼし認定」とは

女性活躍推進法に基づく認定企業(えるぼし認定企業)が 公共調達で有利に!

えるぼし認定を得ている主なゼネコンは以下のとおり
オリエンタル白石、清水建設、錢高組、竹中土木、戸田建設、ナカノフドー建設、前田建設工業

認定の段階の区分は、次の5つの評価項目のうち、
・5つの基準全て満たしている場合は、3段階目
・3つ又は4つの基準を満たしている場合は、2段階目
・1つ又は2つの基準を満たしている場合は、1段階目
えるぼし認定の段階

えるぼし認定の評価項目 
【評価項目1:採用】
男女別の採用における競争倍率(応募者数/採用者数)が同程度であること
(※直近3事業年度の平均した「採用における女性の競争倍率」×0.8が、直近3事業年度の平均した「採用 における男性の競争倍率」よりも雇用管理区分ごとにそれぞれ低いこと(期間の定めのない労働契約を締結する ことを目的とするものに限る))

【評価項目2:継続就業】
 崕性労働者の平均継続勤務年数÷男性労働者の平均継続勤務年数」が雇用管理区分ごと にそれぞれ0.7以上であること(期間の定めのない労働契約を締結している労働者に限る)
又は
◆10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された女性労働者の継続雇用割合」÷ 「10事業年度前及びその前後に採用された男性労働者の継続雇用割合」が雇用管理区分 ごとにそれぞれ0.8以上であること(期間の定めのない労働契約を締結している労働者かつ新規学 卒採用者等に限る) 

【評価項目3:労働時間等の働き方】
雇用管理区分ごとの労働者の法定時間外労働及び法定休日労働時間の合計時間数の平均が、 直近の事業年度の各月ごとに全て45時間未満であること

【評価項目4:管理職比率】
管理職に占める女性労働者の割合が別に定める産業ごとの平均値以上であること
又は
直近3事業年度の平均した「課長級より1つ下位の職階にある女性労働者のうち課長 級に昇進した女性労働者の割合」÷直近3事業年度の平均した「課長級より1つ下位の 職階にある男性労働者のうち課長級に昇進した男性労働者の割合」が0.8以上であること

【評価項目5:多様なキャリアコース】
直近の3事業年度に、以下について大企業については2項目以上(非正社員がいる場合は必 ずAを含むこと)、中小企業については1項目以上の実績を有すること
A 女性の非正社員から正社員への転換(派遣労働者の雇入れ含む)
B 女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換 
C 過去に在籍した女性の正社員としての再雇用 
D おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用

※現在の登録企業数は10,378社(データ公表企業)、12,667社(行動計画公表企業)

厚生労働省 女性活躍推進法特集ページ

iPad / iPhone でPDFファイルの容量を縮小

e野帳などのアプリで手書きしたものをメールで送ろうと思うとPDFに変換しますが、意外と容量が大きく、数ページに渡るときはメールに添付できない容量になってしまいます。

そこで、iPhone上でPDFファイルの容量を圧縮することができる「iLovePDF」
iPhone内のファイルはもちろん、GoogleDriveやDropbox内のファイルを扱うこともできます。

FullSizeRender

32MBだったPDFファイルが3.6MBに圧縮され、無事にメールで送付するとこができました。

プラスチック系断熱材による火災防止の手引き

昨年から立てつづけに断熱材による建築現場で火災が発生しておりますが、災防協から火災防止の手引きが公開されました。

「建設現場におけるプラスチック系断熱材による火災防止の手引き」
https://www.kensaibou.or.jp/safe_tech/leaflet/files/saigaiboushi_kasainoushi.pdf
建設現場におけるプラスチック系断熱材による火災防止の手引き
 

どんな作業の時にハーネスが必要なのか?

日建連安全委員会より具体的な作業事例のときにハーネスが必要なのかが書かれています。
(特別教育の必要性も書いてあります)
DB0524C2-3D3B-468B-AE9C-A22B5AD2C045


33178A40-25B7-498F-9521-10DE12CE1768

日建連安全委員会
建設工事における安全帯に係る活用事例
https://www.nikkenren.com/rss/pdf/1246/anzen_anzentaishishin_p.pdf
 

安全帯、2/1からハーネスが必要なのか?、特別教育は?

【要点】
・法令は2019.2.1に施行されますが、2022.1.1まで約3年猶予期間は、いまのまま
・ただし、ハーネスを使用する人は特別教育が2/1までに必要

関連記事 どんなときにハーネスが必要なのか?

【まえおき、安全帯の必要なところ】
・整備された足場上は安全帯(墜落制止用器具)不要
→高さ2m以上の箇所で作業を行う場合は、作業床を設け、その作業床の端や開口部等には囲い、手すり、覆い等を設けて墜落自体を防止することが原則であるが、こうした措置が困難なときは労働者に安全帯(墜落制止用器具)を使用させる等の措置を講じることが義務付けられている。

【全般】※文中の6.75mは5mを推奨されている
・施行は2019.2.1であるが、2022.1.1まで猶予期間として現行の安全帯(同ベルト、フルハーネス)が使用可能
・法令用語は「墜落制止用器具」ですが、現場においては従来どおり「安全帯」、「ハーネス型安全帯」と言う呼称を使用してよい
・高さ6.75m以下は同ベルト型でも可能、6.75m越はフルハーネスのみ(6.75m以下でもフルハーネス使用可能)
・法令は6.75m越であるが、一般的な建設作業では5m(柱上作業等のワークポジショニング作業では2m以上)でフルハーネスを推奨

【特別教育】
・法令では、「高さ2m以上で作業床が設置困難な箇所でフルハーネスを使用する業務」に義務付け
・上記に該当する場合は2019.2.1までに特別教育が必要
・上記について、経験・資格保持によって一部科目の省略あるが、事業主の証明書が必要
・現行(旧)規格のフルハーネスであっても特別教育は必要
・作業床のある箇所、同ベルト型使用の場合は特別教育不要(義務付けされていない)
・高所作業車は作業床があるため特別教育は不要、ただし6.75m越のときはフルハーネス使用が義務付け
・「作業床」とは、法令上具体的な定義はないが、一般的に足場の作業床、機械点検台など作業のために設けられた床を指す(具体的な判断は所轄の労基に相談)

【安全帯(墜落制止用器具)の規格について】
・構造規格には、改正構造規格に基づくもの(2019.2.1より販売可能)と現行(旧)構造令(2019.8.1から製造不可、2022.1.2から販売不可)がある
・改正される構造規格は、宙づり時に身体を締付ける力を吸収する「ショックアブソーバー」の設置(同ベルト型はランヤードの長さを2.5mから1.7mに)
・ショックアブソーバーには第一種(フックが腰より高い)と第二種(フックが腰より低い)がある
【余談】
・墜落時に着用者が地面に到達するおそれのある場合(6.75m、建設作業では5m)の対応として同ベルト型の使用がOK
・6.75mはフルハーネスの自由落下距離4m+ショックアブソーバーの伸び1.75m+1m
・5mはフック取付高さ0.85m+ランヤード長1.7m+ショックアブソーバーの伸び1.2m+1m
・安全帯に関するISO規格において「一本つり」の安全帯を指す用語として「フォールアレスト・システム(fall-arrest systems)」とい
う用語が用いられているところ、和訳すると高所から墜落してしまった場合に、地面等に激突する前に墜落をおさえとどめるという意味であること
から、「墜落制止」とした

「三文判」とは

印鑑を注文するときに「三文判買っておいて」と依頼

しかし、「三文判ってなんですか?」と

たしかに、三文判ってなんなのでしょうか?

と言うことで、調べてみますと、
「三文」は、「二束三文」の「三文」なので、安いと言う意味だそうです。

「三文判」=「大量生産された安い印鑑」と言う意味だそうです。


「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2018年12月)

前回の八ッ場ダムプロジェクトレポートから3年以上あいてしまい、ダム本体がほぼ打上がりの高さまできました。
前回記事→「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2015年8月)

今回は初めて電車で視察に来ました。八ッ場ダム玄関口のJR川原湯温泉駅(旧温泉街と駅はこちら)からスタート。以前は特急電車が停車していたのですが、乗降客が少ないと言うことで現在は通過駅となっているそうです。
川原湯温泉駅
駅構内の手書き案内看板は前回同様健在

現在は川原湯温泉駅から温泉街へはトンネルを経由するしかありませんが、ダム湖を見ながら歩ける道路を施工中とのこと。道路の写真は撮れなかったので、八ツ場ダム資料館にある模型からダム湖側の道路と、道路の終点である王湯(詳細はこちら)。
川原湯温泉駅から王湯への連絡橋 川原湯温泉王湯

ダム本体の施工高さは24時間体制で施工していることもあり、9割を超え、完成間近の状態でした。
上流側からはこんな感じ。将来水が溜まれば、こちら側からはダム本体の一部しか見えなくなります。
ダム(上流側から)
下流側からは下から見上げる感じなので、その巨大さに圧倒されます。
ダム(下流側から)
民主党政権下で止まっていたダムサイトはこちら
堤体2 堤体3


視察終了後は道の駅八ツ場ふるさと館で恒例のダムカレー。
八ツ場ダムカレー
ダムカレーを食べたり、八ツ場マークのおみやげを購入すると、道の駅ダムカードをもらうことができます(右側は八ッ場ダムのダムカード)。
八ツ場ふるさと館(ダムカード) 八ッ場ダム(ダムカード)

最後にふるさと館から橋の上を散歩すると、ダムに沈むエリアやダム本体を見ることができます。
沈むエリア 旧八ツ場館
右側の写真に映っている建物は、昔の国道と八ツ場館になります。以前はあそこからダム湖の水面位置を見上げていましたが、現在ではほとんど道路も整備されたため、見下ろす形となっています。
a‚„a‚“a°e¤¨2010年の記事より

【関連記事】
2015年08月16日
「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2015年8月)
2014年07月06日
八ッ場ダムに沈む川原湯温泉の「王湯」が閉館し、「新・王湯」が開館
2013年08月19日
八ツ場ダム関連事業:上部工施工中の湖面1号橋(仮称)
2013年08月18日
八ツ場ダム関連事業:国道145号線八ツ場バイパス「長野原めがね橋」
2013年08月17日
八ツ場ダムカレー登場、「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2013年8月)
2011年05月11日
八ッ場ダムを見学して、川原湯温泉にお得に泊まろう!(1人3000円割引)
2010年12月20日
道路整備工事が進んでいる「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2010年11月)
2010年01月14日
 「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2010年1月)

 







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


Comments
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。

現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

また、各種情報やご意見、ご要望など、お気軽にメールをお待ちしております。

記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ