現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

iPad、iOS11から新しくなったキーボード「QuickType」

iOS11から少し新しくなったiPad用キーボード「QuickTypeキーボード」
QuickTypeキーボード
ご覧のとおり、地球マークで切替えることなく数字や記号を入力することができます。アルファベットの上に小さく表示されている文字を切替えなく入力できます。

入力方法は、キーを下向きにフリックです。
QuickTypeキーボード入力




iOS11、写真ファイルがJpeg形式から高圧縮のHEIF形式へ

昨日から更新が可能になった「iOS11」から写真や動画のファイル形式が変わっています。
(これにより、写真や動画のファイルサイズが今までの約半分の容量になります)

写真フォーマット「HEIF」(ヒーフ?)
・写真の拡張子は「.jpg」から「.heic」
動画用フォーマット「HEVC」
・動画の拡張子は変わりませんがエンコードが変わりました

heicファイルjpegファイル
左heicファイル、右jpegファイル、ファイルサイズ2566kb→1116kbになっています。

Googleフォトでは、いち早くHEIF形式に対応しましたので、バックアップや今まで通り開くことはできますが、写真ファイルをダウンロードすると、拡張子は「.heic」になっており、今まで通りではパソコンでは開けません。
しかし、USBケーブルでiPhoneを接続して、ファイルをコピーすれば、今まで通りのJpeg形式で取り込むことができます。

新名神高速道路工事現場で発生した墜落事故の詳細

NEXCO西日本が進めている新名神高速道路の建設現場で墜落事故が発生し、19歳の方が亡くなりました。
メディアでは、また!と騒がれているので、すでにご存じかと思いますが、
その詳細が、NEXCO西日本のサイトにアップされていましたので、同類の事故を起こさないためにも情報共有します。

NEXCO西日本ニュースリリース
E1A新名神高速道路の箕面IC鋼上部工工事における事故の発生について
平成29年9月12日 西日本高速道路株式会社
http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/kansai/h29/0912/ 

「9月12日(火)午前4時15分頃、西日本高速道路(株)が進めています新名神高速道路事業において、(株)横河ブリッジ・(株)横河住金ブリッジ・(株)日本ピーエスJVが施工する箕面とどろみインターチェンジランプ橋の足場解体中に、作業員1名が墜落し死亡する事故が発生しました。」

気になるのは、AM4:15という発生時間、明け方ということなので、照明も含めて明るさはどうだったのかが気になるところです。

また、新名神の建設現場では事故が複数発生していたため、緊急事態宣言の中、開通時期を遅らせて工事が行われていましたが、下記のとおり、再度全工事をストップして安全点検が実施されます。
(2)新名神高速道路高槻ジャンクションから神戸JCT間の鋼橋上部工工事について工事を一時中止し、事故が発生した足場解体作業の作業手順及び墜落防止にかかる安全点検を実施すること
(3)新名神高速道路の他の工事においても、緊急安全大会を開催し安全対策を再度徹底すること

事故発生時の状況は下記のページにも書かれていますが、安全帯の未使用が書かれています。
http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/kansai/h29/0912/pdfs/01.pdf
断面図
墜落事故で多いのが、安全帯を着用していたが、未使用だったというものですが、
安全帯をなぜ使用しなかったのか?、個人の問題なのか?、設備(安全帯を使用できない)の問題なのか?、教育的な意識付けの問題なのか?
色々と原因は考えられますが、このような事故が発生することを周知して、同じような事故を発生させないことが大事です。
作業している方々の大事な命を建設現場では預かっていることを忘れずに。

AI搭載で1時間後の風速を予測する計測システム

TBS「がっちりマンデー」で取り上げられていたエコモット社の環境データ計測システム「サインロイド2」。

掲載情報
https://www.ecomott.co.jp/media/1593/

こんな感じで、1時間後の風速が表示されるため、現場においては作業をどのように進めれば良いのか判断できるので、重宝されると思います。
1時間後の風速
こんなところにもAI機能が、今後の進歩が楽しみです。

サインロイド2製品紹介ページ
https://www.gembaroid.jp/product/indication/display/signroid2.html 

4K動画の全天球360度カメラ、「Insta360 One」と「THETA V」

2つのレンズで見える物すべて、全天球360度を撮影することが可能な全天球カメラ
魅力的な機種が2つ登場します。
ハコスコ「Insta360 One」
リコー「THETA V」

今まで利用していたリコーの「THETA S」は、FullHD(2K)でした。
http://const.livedoor.biz/archives/52319967.html

動画が4Kになると言うことで、どちらを購入するか迷いましたが、
手ぶれ補正機能が強力そうな「Insta360 ONE」を注文。

気になった主な特徴としては、の最大の特徴は、
・FreeCapture機能で、特定の物体や人を動画に取り出すことができる
・6軸の手ブレ補正機能が搭載でドローンや走行中の撮影も安定
・マトリックスのようなバレットタイム撮影
詳しくは実機が届きましたら。

実機は、8/30に注文し、昨日の9/10に中国の深セン市から発送されました。
Insta360注文Insta360発送

工事現場における建設業許可証の掲示期間

工事現場にて第三者に見える位置に掲示する建設業許可証について、コメント欄に以下の様な質問を頂きました。

【質問内容】
 工事現場で「建設業の許可証」を掲示しておりますが、元請工事期間中で下請けの工事期間が終われば「建設業の許可証」は取外ししても良いのでしょうか。貼付場所がなくなってきて新規の下請け業者の貼付場所がなくて困っております。

まず、なぜ掲示しなければならないのかを確認したいと思います。
建設業法の第40条にその記載があります。

(標識の掲示)
「第四十条  建設業者は、その店舗及び建設工事の現場ごとに、公衆の見易い場所に、国土交通省令の定めるところにより、許可を受けた別表第一の下欄の区分による建設業の名称、一般建設業又は特定建設業の別その他国土交通省令で定める事項を記載した標識を掲げなければならない。」

ここで、別表第一の下欄の区分とは、建設業許可の29業種を示します。

また、建設業許可証の掲示サイズについては、「建設業法施行規則 別記様式第29号」に25cm×35cm以上と定められています。
http://www.mlit.go.jp/common/000186831.pdf
建設業許可証

肝心な、下請の工事期間が終われば取り外して良いかについて、明確に明記されている文章は見つかりませんでしたが、掲示を定めている法令等を確認したところ、元請工事期間中は下請全者を掲示するような記述もありませんでしたので、建設業法第40条の文章から、下請・元請に係わらず、契約工期が完了すれば掲示を撤去して良いと思われます

関係記事
工事現場に掲示する建設業許可証の指定サイズが縮小され、A3(B4)でも可能になりました
http://const.livedoor.biz/archives/52042546.html

7/1から足場の組立て業務に特別教育が必要になります

平成27年7月1日の法改正により、足場の組み立て等の業務には特別教育が必要となりましたが、2年間は従事経験によって作業可能な経過措置が本日で終了します。
そのため、明日からの足場組立て等の作業を行う場合は必ず特別教育が必要となります。
足場の組立て等特別教育

ちょっとした小さいものでも足場や、足場の組み替え等でも、資格が必要になりますので、足場屋さんだけでないことにご注意ください(例えば、型わく大工さんがサポの邪魔になるので足場の改造を行うとか)。

フレコンバッグを使用しての吊上げに注意

トン土のう
「トン土のう」、「1tバッグ」、「トン袋」、「トンバッグ」と様々な呼ばれ方がされておりますが、ものを入れて用いるのに便利です。
ただ、気をつけなければいけないのが、トン土のうと言うだけに、1tまでしか持ちません。比重の重たいもの、例えばコンクリート塊やアスガラを入れる際は、重量に注意が必要です。
また、とがったものを入れると、袋が破れる場合があります、中に入れるものも要注意が必要です。

便利なものだけに、使用方法を注意して使いましょう。


 

Lightningアダプタの収納可能な薄型モバイルバッテリー

以前、紹介したスヌーピーのバッテリー
iPhone用ライトニング変換アダプタがすっぽり、薄型モバイルバッテリ
http://const.livedoor.biz/archives/52371099.html
モバイルバッテリー

スヌーピー柄のないノーマルなバッテリーの情報を頂いていましたので紹介させて頂きます。
私もさっそくAmazonにて注文しました。
ライトニング変換アダプタもついているのでお得です。
OKITI モバイルバッテリー ケーブル内蔵 軽量 超薄型 ライトニング/microUSBコネクタ付き

SDカードの動画ファイルを素早くスマホに取り込み

最近はカメラにWi-Fi機能があり、直接スマホと接続できる機種が増えていますが、ファイル容量が大きい動画では転送時間がかかります。
そこで、直接SDカードの写真や動画ファイルをスマホに取り込むことができるカードリーダーを1000円で購入してみました。


スマホSDリーダー
iPhone・iPadはもちろん、パソコンのUSBやAndroidなどのmicroUSB端子も備えている優れものです。
USB microUSB
100MB超えの動画ファイルも短時間で転送することが可能でした(iOSでは専用のアプリが必要でした)。

Wi-Fi機能のないデジカメからのファイルサイズの小さな写真転送なら、Wi-Fiで接続するFlashAirが便利です。

pH処理に使用する希硫酸、消防署への届出様式とその内容

濁水を処理する場合、場合によっては希硫酸を使用します(炭酸ガスの場合もあります)。
希硫酸を使用する場合、消防署への届出が必要となります。
これは、万が一、希硫酸の近くで消火活動等が発生した場合、希硫酸がここにあるので注意してくださいと言う届出になります。
届出名は分かりにくいですが、「圧縮アセチレンガス等の貯蔵又は取扱の開始届出書」という名称です。
希硫酸

詳しくは下記のサイトに、そして様式や書き方も用意されていますので、参考になるでしょう。
持参すれば、その場で説明して、受領となります。

硫酸(希硫酸)に係る規制状況【アクティオ】
http://www.eg.aktio.co.jp/product_pdf/kisei.pdf

成田市様式や記入例
https://www.city.narita.chiba.jp/sisei/download/shobo/yobou3a.html

他Google等で検索しても出てきます

スマホで工事写真、電子小黒板を導入するには

「建設的スマホ活用」というカテゴリーを作成してかなりの年月が経過しましたが、
2017年2月より、公共工事でも、スマホ等で電子的に写真に黒板を写し込み、電子納品することができるようになりました。少しずつ浸透してきているのではないでしょうか。

先日、どのようにすれば導入できるのかと言う問合せがありましたが、
電子小黒板の導入は簡単で、アプリとソフトを導入すれば、完了です。
信憑性うんぬんがありますが、これは、対応しているアプリ・ソフトを導入すれば特に意識する必要はありません。

日建連のサイトにも導入ガイドが掲載されています。
電子小黒板

施工者のための電子小黒板導入ガイド
http://www.nikkenren.com/rss/pdf/1029/kokuban.pdf 

これも省力化、i-Constructionの一環になることでしょう。

歩車道等、落下物に対する防護は俯角75度

一般道等に隣接する建設現場は多くあると思いますが、地上4m以上の場所で作業する場合、作業場所から俯角75度以上の範囲に一般の交通等ある場合は、板材等を持って覆う等の落下物対策が必要となります。

これは、「建設工事公衆災害防止対策要綱」にて定められています。
「建設工事公衆災害防止対策要綱(土木工事編)」-関東地方整備局サイトより
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000006738.pdf

上記、第101(落下物に対する防護)に記載のとおりですが、地上4m以下の場合でも、危害を生ずる恐れがある場合は必要な施設を設置するとありますので、ご注意ください。

図面で確認できない場合は、下記のスマホアプリにて、作業場所からの道路等までが75度に入るかを確認することができます。
俯角75度

Vertical Check Camera - Hiroyuki KATOH
(角度設定は有料になります)

USB接続で取込簡単な温度データロガー

コンクリートの養生温度の記録など、時間ごとの温度記録を簡単にとることができる温度データロガー。
ひとつ2,000円以下と安価で、本体のキャップを取るとUSBが出てくるので、そのままパソコンに接続して、データを取得することができます。
USB温度データーロガー
付属のソフトは英語か中国語で、日本語には対応していませんが、特に戸惑うことはありませんでした。

iPhone用ライトニング変換アダプタがすっぽり、薄型モバイルバッテリ

何気なく購入した薄型モバイルバッテリ
ライトニングモバイルバッテリ01 ライトニングモバイルバッテリ02
microUSBケーブルが内蔵されているので、ケーブルを別に持ち歩く必要がありません。
さらによく見ると、何かが入りそうなスペースがあります。もしや?

iPhone・iPad用のライトニングに変換する純正の「Lightning - Micro USBアダプタ」を試しに入れてみると、
ライトニングモバイルバッテリ03 ライトニングモバイルバッテリ04
すっぽりと収まります。
ライトニングモバイルバッテリ05
特にサイトに書かれているわけではないのですが、これはもっとアピールしても良いのでは?と感じた便利なバッテリでした。
無地のものがないかと探したのですが。。。








建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ