現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

USB接続で取込簡単な温度データロガー

コンクリートの養生温度の記録など、時間ごとの温度記録を簡単にとることができる温度データロガー。
ひとつ2,000円以下と安価で、本体のキャップを取るとUSBが出てくるので、そのままパソコンに接続して、データを取得することができます。
USB温度データーロガー
付属のソフトは英語か中国語で、日本語には対応していませんが、特に戸惑うことはありませんでした。

iPhone用ライトニング変換アダプタがすっぽり、薄型モバイルバッテリ

何気なく購入した薄型モバイルバッテリ
ライトニングモバイルバッテリ01 ライトニングモバイルバッテリ02
microUSBケーブルが内蔵されているので、ケーブルを別に持ち歩く必要がありません。
さらによく見ると、何かが入りそうなスペースがあります。もしや?

iPhone・iPad用のライトニングに変換する純正の「Lightning - Micro USBアダプタ」を試しに入れてみると、
ライトニングモバイルバッテリ03 ライトニングモバイルバッテリ04
すっぽりと収まります。
ライトニングモバイルバッテリ05
特にサイトに書かれているわけではないのですが、これはもっとアピールしても良いのでは?と感じた便利なバッテリでした。
無地のものがないかと探したのですが。。。


建設工事従事者の安全・健康の確保の推進に関する法律(建設職人基本法)

「建設工事従事者の安全・健康の確保の推進に関する法律(建設職人基本法)」が昨日3月16日から施行されました。

これは、
建設工事従事者の安全・健康の確保に向け、都道府県にも同様の計画策定が要請されるもので
・建設工事の請負契約上の経費(労災保険料を含む)を適切に支払うことを発注側に促す
・下請け関係を適正化し、責任体制を明確化する
・建設現場での労災保険の加入状況を把握することを促進
等のようです。
建設職人基本法

詳細は、国の基本計画に沿って都道府県が策定するため、それからとなるようです。

建設工事従事者の安全及び健康の確保の推進に関する法律の概要
(京都府建設業協会より) 

敷鉄板上に文字を書いて安全標識に

敷鉄板上に生じる段差には色をつけて注意を呼びかけたりしますが、このように簡単に文字を書くことができる形があります。
段差注意

これらを使えば「安全通路」や「左右確認」等で、注意喚起看板が簡単にできます。
安全通路左右確認
敷鉄板をキャンパスとしてアートを試してみてはいかがでしょうか。

切上・切捨・四捨五入ではない、JIS丸め「JIS Z 8401」

割り切れない数を計算するには限界があり、Excel等の表計算ソフトでも桁数が決まっています。
そして、建設現場でも数量計算するときには、ソフトや人によって数量が異なることのないよう、数量計算の仕方が決められています(もちろん、お金の計算をするときにも)。
それが、切上や切捨、四捨五入などの「端数処理」。 数字の丸め方とも言います。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/端数処理

先日話題になった質問、「JIS丸めってExcelでどうやればいいの?」って。
どうも調べて見ると、JIS丸めのコマンドはないらしい(VBAだと簡単のようですが)。

そもそも、JIS丸めとは
「JIS Z 8401 規則A」で定められている方法で、銀行で使われることが多いため、「銀行丸め」とも言うらしく、うまく伝わるか不明ですが、Wikipediaの言葉を借りると以下のとおりです。

いわゆる五捨五入で、端数が5の場合は、切捨・切上で、上の数字が偶数になる方を採用するものです。
「偶数丸め」や「ISO丸め」とも言うらしいです。

では、Excelで計算するにはどうすれば良いのか?
上のことが分かれば、IF文を用いたりすればできそうですね(他にも方法は多々ありますが)。

「IF:端数が5なら、IF:上位の数値が偶数・奇数でRoundDown、RoundUp、そうでなければ、単純にRound」見たいな感じです。
 

満を持して、Windows10Mobileデビュー

Windows10Mobileには興味がありましたが、なかなかよい端末に出会えず見送っておりましたが、
そんなとき、VAIOPhoneBizが、込み込み29800円とメールが。さっそく注文してみました。
image image

狙いは仕事用、Officeとの連携を期待しています。
とりあえず、メールの設定や、必要なソフトをインストール。
まず、引っかかったのは、ドキュワークスのビューワが出てこない。最近は意外と添付がドキュで来ることが増えましたので。
image

iOSとAndroidとWindowsの3台持ちになってしまいましたが、どれから脱落することでしょうか。

警視庁サイバーセキュリティイベント

3月8日に警視庁万世橋警察署主催のイベント、「サイバーセキュリティイベント」が開催されます。
参加費無料なので、いかがでしょうか。

申込みフォーム
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anket/event_boshu.html

08サイバーセキュリティイベントチラシ_ページ_1 08サイバーセキュリティイベントチラシ_ページ_2

 

iPhoneに新規のSuicaカードを登録する方法

アップデートにより、iPhoneでSuicaやQUICPayが本日より使えるようになりましたので、早速設定。
アップデート

App Storeの登録カードをJCBにしていたためか、QUICPayはあっさりと設定完了。

続いて、Suicaと思い、既存のSuicaを読み込もうとしたところ、読み込んだら既存のSuicaは使えなくなりますという文字が。
既存のSuicaはクレジットカード一体型なのでそれは困る。
サイトを探していると、SuicaアプリでSuicaカードの新規発行が出来ることを発見。
SuicaアプリSuica発行

これで、Suicaカードを新規発行し、問題なくiPhoneに新しいSuicaを登録することができました。いやはや、分かりにくいものです。

[朝礼一言]全国労働衛生週間、作業環境の見直しも

朝礼での一言朝礼での一言シリーズ

10/7まで全国労働衛生週間です。
その中に「点検の日」があると思います。

もちろん、保護具やハウス・トイレ等の点検も重要ですが、 作業している箇所の点検をしてみてはいかがでしょうか?

例えば、作業の中で、安全帯がしにくい箇所であれば、しやすくする工夫、
作業通路が取りにくいのであれば、別ルートを確保する工夫、
段差が登りづらいのであれば、ステップをつけるとか踏み台を置くとかの工夫、

作業の効率を上げるため、そして事故のリスクを低減させる工夫に少し時間を割くことも重要です。 

安全帯に取りつけられるケース付「LEDマグライト」

新入社員のときからこのマグライトを愛用しております。
LEDマグライト
最近はもちろんLEDになり、明るさも電池の持ちも飛躍的に良くなっています。
安全帯のベルトに取りつけられるので、便利に使っています。


足場からの墜落事故、安衛則に基づかない設備からが92%

厚生労働省から公開されている「足場からの墜落防止対策に関するこれまでの取組と現状」
 足場からの墜落防止措置の検証
http://www.mhlw.go.jp/・・・・・/0000021667.pdf

建設業における死亡事故の中で墜落災害によるものが多く占めることは知られていることですが、この墜落防止について、色々とまとめられております。

この中に、「足場からの墜落防止措置の検証・評価結果」という統計があり、墜落事故の分析がされております。

・事故分析対象378件のうち、足場解体時は100件で、通常作業時が278件(74%)
・安衛則に基づく措置がされていない設備からの事故が92%
・その中でも不安全行動があったものが65%
・安衛則に基づく設備で不安全行動のなかったものは5件のみ

まとめると
事故は通常作業時の方が多い
安衛則に基づく設備が重要
そして、不安全行動をしない 

電子マネー依存症の私がiPhone7で賄えるか?、答えはムリそう

仕事がら出張が多いため、電車の乗車券はもちろん、新幹線や飛行機などと、基本小銭入れを持たないため電子マネーを酷使しています。
SuicaでJRの乗車券や新幹線、特急券、グリーン券
その他Suica提携の地下鉄や私鉄
東海道・山陽新幹線
飛行機のANAとJAL
決済系のQUICPay、ID、nanaco、Edy、など
電子マネー

財布を忘れてもあわてませんが、ガラケーを忘れると生活できません。

iPhone7から、電子マネーの機能がつきましたが、これらの機能を網羅するのはムリなようです。

まだ、使用可能になっていないため、はっきりはしていませんが、SuicaとIDとQUICPayだけとか?。しかもSuicaは特急券はムリとか?

デュアルレンズの「iPhone7Plus」は、やはり大きかった

台風が中国本土で猛威を振るったことでiPhoneの出荷にも影響がでたらしく、到着予定日翌日の23日に品物が届いた。

今回買い換えの目的は2点
・カメラロールにある動画と写真が16000枚を超えているため、128GBでは余裕がなくなり、256GBが欲しいこと
 
・仕事がら、iPhoneで写真を撮影することが多いため、明るいレンズとデュアルレンズによる倍率やぼかしが欲しいこと(残念ながらiPhone7にはデュアルレンズが非搭載のため、仕方なく大きめのPlusに)
カメラロール iPhone7plusデュアルレンズ

まずは、手持ちのiPhoneで大きさを比較
大きさ比較 背面比較
左から、iPhone7Plus(5.5インチ)、iPhone6S(4.7インチ)、iPhone5S(4インチ)

厚さはiPhone5Sだけがちょっと厚く、6Sと7はほぼ同じ。
厚さ比較 正面比較

デュアルレンズが欲しかったためこの大きさは仕方ないが、慣れるまで少し時間がかかりそうだ。
ただし、現時点でデュアルレンズは倍率だけで、デュアルを用いたアプリやSuicaの使用はできません。




iPhone7、発売日には間に合わず

本日、iPhone7が発売となりましたが、手元に届いていません。

先週の金曜日、16時から予約開始となり、16時半頃には予約したのですが、第二便?でした。

image


到着は20日から22日となっておりましたが、本日発送先変更の手続きを行ったら、なんと到着予定が23日から25日になってしまいました。
とほほ。

職業柄、iPhoneで写真が撮ることが多いため、手持ちの128GBがいっぱいで、256GBの登場を待ってました。
また、カメラレンズが明るくなったのと、デュアルレンズで望遠に強くなったのが魅力的です(plusを選択せざるを得ませんでしたが)。
あと、雨の日にも使える防水も魅力的ですね。

手元に届いたら、リポートします。

こちらも最近の流行、夏でも快適な「空調服」

ファンがついていて、外気を取り込んで、首筋から頭部を冷やしてくれる空調服。最初はこんなのって思っていましたが、熱中症対策として、作業員の1割弱が着用するような時代になってきました。
意外と高価ですが、着用している人に聞くと、手放せなくなるそうです。
空調服
汗をかかなくなったとも。







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ






工事現場用カメラ


こんなケースも


工事現場用ネックストラップ
 


=現場プリンタ=
A3版対応両面印刷複合機
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ