現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

吊れるメッシュパレットと吊れないメッシュパレット

仮設材等を入れるメッシュパレット。
出荷時の積込時は、フォークリフトでトラックなどに積み込んでいるのですが、これを現場で降ろすとき、ユニックなどで吊っていないでしょうか。
メッシュパレット

メッシュパレットには、吊っても大丈夫なものと、吊る構造になっていないものがあります。
吊れるメッシュパレットは、下の右側の様に、建地に補強が入っているで分かります。



吊る構造になっていないメッシュパレットをワイヤーでぐるりと回して吊っているのをよく見かけますが、ワイヤのかける位置、荷の安定性等をよく見ながら、十分注意する必要があります(明確な法令違反になるかと言われると微妙な判断になりそうですが、吊れる構造のメッシュパレット使用をお勧めします)。

MVNO、混雑しているdocomoからソフトバンクへ電波切替え

MVNOを利用し始めて数年経過し、DMMモバイル、楽天モバイル、LINEモバイルを利用していますが、
MVNOはdocomoの回線がほとんどだったのですが、このたびLINEモバイルからソフトバンクの回線も取扱スタートと言うことで、さっそく回線を乗り換えてみました。

使用しているスマホは、SIMフリーのiPhoneXのため、SIMカードを入替えただけで、電波がdocomoからdソフトバンクに切り替わりました。
ドコモ ソフトバンク

スピードを確認してみるとこんな感じで、ソフトバンクが圧勝でした(もちろん地域等の色々な要素があるため、一概には言えませんが)。

docomo回線
スピード(ドコモ)

ソフトバンク回線
スピード(ソフトバンク)


 

過去の自分の動き「ライフログ」をGoogleEarthに一括表示

5年以上自分の動きを記録する「ライフログ」として使ってきた「Moves」
このたび、以下の様なメールが届きました。

On July 31, 2018, we will be shutting down Moves. This means you won't be able to log in to the Moves iOS or Android apps after July 30, 2018.

If you would like to save your personal activity history, you'll be able to access and download your Moves data through July 30, 2018 (instructions below). This data is private and only accessible to you and the connected apps you authorized access for. You can manage your connected apps and revoke access within your account settings at any time.

Thank you for your support over the years and for being a Moves user.

ふむふむ、ぜんぜん分からないので、Googleさまの翻訳にて

2018年7月31日には、我々は移動をシャットダウンします。これは2018年7月30日の後に移動するのiOSやAndroidアプリにログインできないことを意味します。

あなたの個人活動履歴を保存したい場合は、2018年7月30日(下記の手順)を介して、あなたの移動のデータにアクセスし、ダウンロードできるようになります。このデータは、プライベートとあなたとあなたのためのアクセスを許可接続のアプリケーションにのみアクセス可能です。あなたの接続アプリケーションを管理し、いつでもアカウント設定内でアクセスを取り消すことができます。

年間のご支援と移動ユーザーであることをありがとうございます。

えっ!、でした。
しかたなく5年以上のライフログデータをエクスポートします。ダウンロードファイルサイズはなんと241MB。

ダウンロードされた「moves_export\gpx.zip\gpx\full」内の「activities.gpx」ファイルを「GoogleEarthPro」の画面にドラッグ&ドロップすると、過去の動きがすべて見ることができます。
例えば、東北地方だとこんな感じに。
activities_gpx

使いやすかっただけに、サービス終了してしまうMoves、次のライフログアプリを求めて、いくつか試してみたいと思います。



外環道千葉区間全線開通、特徴的な堀割構造

ついに外かく環状自動車道(外環道)の千葉県区間が全線開通し、常磐道との三郷ジャンクションから京葉道路の京葉ジャンクションを経由して、湾岸の東関東自動車道高谷ジャンクションまでが開通しました(将来開通する成田方面への千葉北道路への千葉北ジャンクションも含みます)。
計画からはなんと半世紀もかかったそうです。大きな変更点はもともと高架橋だった計画から地下化され、環境・景観対策が施されたことでしょう。
単なる地下トンネルではなく堀割式にし、さらに排気や明かり対策にメッシュ構造になっています。
3Dで書いてみるとこんな感じです。
横から上から

中から
たしか、名古屋の名二環の上社JCT付近もこんな感じですね。

さらに、京葉道路からつながる首都高7号線と中央環状線にも小松川ジャンクションを施工中(現在は同じ首都高なのに空中交差)で、完成すれば、京葉道路からも中央環状線川口方面に行くこともできます。
小松川ジャンクション

Excel2016、テキストボックスで漢字変換を使用すると強制終了

先日から、Excelにて、テキストボックスを利用するとエクセルが強制終了する症状に悩まされていました。
症状を観察すると、IMEにATOKを使用すると強制終了に(MicrosoftのIMEだとならない)。
しかたなく、テキストボックスに漢字を入力するときはMicrosoftの漢字変換を利用していましたが、5/25のバージョンアップにて解決したのでメモしておきます。

Microsoft Office
Office の編集言語を使用すると、テキスト、下線、画面のちらつきの問題が発生する

記述のとおり、バーションを最新版の1805に手動で更新したところ、なおりました。

バージョン1805
 

今さらながら「電子納品」とは、「電子納品の仕組み」とは

「電子納品とは」と検索をかけても概念的なものが多いため、具体的な電子納品の仕組みについて11年前にまとめたものを再掲いたします。

まず、電子納品成果品CD内部のフォルダ構成やフォルダ名は、電子納品要領ですべて定められていますが、電子納品作成支援ソフトが自動的に作成しますので覚える必要はありません。
電子納品の主要フォルダ構成

また、電子納品に含まれるファイルとして、大きく分けて、以下の通り3種類のファイルがあります。
電子納品に含まれるファイルの種類

ここで、聞きなれない「xml(エックス・エム・エル)ファイル」と「DTD(ディー・ティー・ディー)ファイル」がありますが、両者とも作成する必要はなく、電子納品ソフトが自動的に作成してくれますので、問題ありません。(「DTDファイル」は、正確には発注者が公開しているものを、電子納品ソフトが成果品にコピーします。)

例として、エクスプローラでPHOTOフォルダ内を見てみます。
PHOTOフォルダの中身
XMLとDTDがセットになり、指定されたフォルダ内に各ファイル(DRA:参考図、PIC:工事写真)が入っています。PICフォルダの内部は次の通りで、工事写真のJpegファイルが定められた英字のファイル名で入っています。
PICフォルダの中身
これら、英字のファイル名がつけられた工事写真や参考図ファイルの説明(各項目)がXMLファイルに記述されています。そして、このXMLファイル内の説明項目を定義しているのが、DTDファイルという仕組みです。

では、実際にXMLファイルの中身を見てみます。
XMLファイルの中身
電子納品支援ソフトで入力された各説明項目やその他ファイル情報が、DTDで定義づけされた順序で並んでいます。これら電子納品成果品をビューワで見た例が、次のようになりますが、XMLファイルの説明項目を用いて、工事写真と各説明項目を見やすいように配置していることが分かります。よって、電子納品要領に従って作成された電子納品CDは、対応しているどんなビューワを用いても見ることができます。
電子納品ビューワ
どうでしょうか?「電子納品って簡単な仕組みなんだ」と、ご理解いただけましたでしょうか。

【朝礼での一言ネタ】雨音で周囲の状況が把握しづらくなっています

朝礼での一言朝礼での一言ネタシリーズ


現在雨が強めに降っています。
いつもと同じマイクの音量ですが、雨音で非常に聞こえづらくなっているのが分かると思います。
笛の合図や警報音、人のかけ声も聞こえづらくなりますし、雨で視界も悪くなります。いつも以上に周囲に気を使いながら作業をお願いします。
雨のピークはこれからですので、雨量を確認しながら、無理のない作業を。




当たり前に聞こえますが「施工計画書どおりでの施工を実施する」

「施工計画書どおりでの施工を実施する」、当たり前のように聞こえますが、最近これが疎かになっていないでしょうか?
「計画書を見てない」もしくは「計画書と一致していないことが判断できていない」、こんなことも発生しています。
計画書と違うと分かって施工する場合(ある意味確信犯の場合)は、安全・品質・環境に関する事項の担保を気にしながら(確認しながら)施工しているでしょう。
しかし、前述したように、目の前で実施されている施工状況を気にならない方々が増えてはいないでしょうか?
そんなことを感じる再発防止策でした。

施工計画との不一致

【再発防止策】(下記サイトから抜粋)
 施工計画(変更施工計画を含む)について
工事に使用する一時的な仮設物も含めて「施工計画が安全に計画されているか」に加えて
・「施工計画どおりでの施工の実施」
・「施工方法を変更する場合、変更施工計画を策定し提出」
を受注者に徹底させる。 遵守されていることを発注者としても受注者に対し確認する。

淀川橋工事における工事中事故を踏まえた再発防止策について
http://corp.w-nexco.co.jp/newly/h30/0418/ 


気に入った筆記用具で、仕事も気持ちよく

温めていた記事です(ずっと下書きのまま放置していました)。

自称文房具マニアです。
気に入ったものはトコトン使い続けます。そのひとつがジェットストリーム。

クセになる書きやすさ、三菱uni JETSTREAM ジェットストリームシリーズ
http://const.livedoor.biz/archives/51822557.html
私の筆記用具は、このジェットストリーム、フリクション、スタイルフィットで占めています。

ここ数年(+記事放置期間数年)愛用しているのが「LAMY 2000 L401 4色油性ボールペン」「ジェットストリーム 多機能ペン 4&1 MSXE5-1000 0.38mm」
LAMY2000 L401 LAMY2000 L401替え芯
LAMY 2000 L401は三菱のジェットストリームが替え芯(緑色は欠)として利用できるので、持ち味、書き味ともに抜群です。このL401、ノックは1つしかなく、色を選択するときは、出したい色を上に向けてノックします。ちなみに、どちらも名入れが可能です。

iPhone6のバッテリ交換を郵送でやってみた

古いiPhoneの速度を遅くしていたとかの償い(?)で、通常であれば8,800円かかるiPhoneのバッテリ交換が、現在3,200円で出来ると言うことで、さっそく古くなったiPhone6をバッテリ交換することに。
バッテリ交換

対象:iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X
期間等:2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

しかし、ショップの予約を取ろうとすると、かなりの混雑で、週末に予約が取れない状況。
そこで、郵送によるバッテリ交換をやってみることにしました。

Appleのサイトで、ログインすれば、登録している端末が表示されるため、バッテリ交換する端末を選択。端末を引き取りに来る日時を指定して、支払登録(クレジットカードにしました)したら準備完了(iPhoneを探すをOffにする必要があります)。
引取はクロネコヤマトで、端末だけ渡せばOKでした。

日曜日の夜に引取に来て、水曜日に修理開始連絡、その日中に完了と返送連絡があり、金曜には戻ってきました。
実はひとつ問題が生じたのですが、端末が完全リセットされてました。あと、液晶保護のガラスもはがされていました。店舗でのバッテリ交換の時は、どちらもそのままだったので、その気持ちでいたため、注意書きには書いてあったとは言え、店舗と同じかなと言う気持ちもあったため、ちょっと残念でした。

板橋JCT〜熊野町JCT間、4車線化完成

サンドウィッチ工法で拡幅工事を進めていた首都高5号線と中央環状線(C2)の交差する板橋・熊野町JCT間が3車線から4車線に拡幅完了しました。

2015.7.5:板橋・熊野町JCT、サンドウィッチ工法で拡幅中
http://const.livedoor.biz/archives/52276682.html
2010.4.17:首都高でジャンクションの車線改良が進んでいます

5号線から熊野町JCTに入ると、左から中央環状線が合流します。
いたくま01 いたくま02
昔のゼブラがうっすら見え、拡幅区間に入ります。
いたくま03 いたくま04
橋脚を見ると、サンドウィッチされた新しい柱のみになっているのが分かります。
いたくま06 いたくま07

まもなく外環千葉区間が開通するので、次は小松川ジャンクションの早期開通が望まれます。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/komatsugawa/

いたくまサイト(首都高)
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/itabashikumano/


H30.3.31で「CREDAS」が廃止になります

きちんと通達が周知されているのでしょうか?
平成30年3月31日をもってCREDAS入力システムが廃止となります。

CREDAS

国土交通省のリサイクルホームページ
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/fukusanbutsu/credas/

廃止の理由
平成14年よりCREDASを国土交通省HPにて公開してきましたが、多発するサイバー犯罪から利用者の安全性を維持することが難しくなったため、平成30年3月31日をもって廃止することとしました。

廃止後の対応
CREDASを廃止することで再生資源利用〔促進〕計画書(実施書)の作成に支障が生じないように国土交通省HPにおいて、EXCEL形式の再生資源利用〔促進〕計画書(実施書)の様式を公開します。
と言うことです。

ちなみに、建設副産物情報交換システム:COBRIS(コブリス)は継続されるようです。
「COBRIS(コブリス)とCREDAS(クレダス)」
http://const.livedoor.biz/archives/50661548.html

日建連から生産性向上事例集

i-Constructionとして、業界をあげて省力化に取り組んでおりますが、
そんな中、日建連参加業者の生産性向上事例が掲載された事例集が日建連より公開されております。
seisansei_jireisyu_2017

刊行物詳細-生産性向上事例集2017
http://www.nikkenren.com/publication/detail.html?ci=281
 
様々な視点で幅広く書かれているので、ヒントを得ることができるでしょう。

iOS11の新しい写真ファイル形式、「HEIC」をJpeg変換

iOS11から採用された高圧縮の画像ファイル形式「HEIF形式(拡張子HEIC)」

「iOS11、写真ファイルがJpeg形式から高圧縮のHEIF形式へ」
http://const.livedoor.biz/archives/52390711.html

USB接続でパソコンに写真ファイルを移動した際は、自動的にJpeg形式に変換されますが、
私のようにGoogleフォトにバックアップして、そこからダウンロードすると、そのままHEIF形式になってしまいます。

そこで、使用しているのが、Jpeg形式に変換するフリーソフト。
iMazing-HEIC-Converter

iMazing-HEIC-Converter
https://imazing.com/heic/download

ドラッグアンドドロップだけで簡単に変換が可能です。

塩カリ?、塩カル?、凍結防止剤の呼び方、地域性?

積雪と寒波の到来で、凍結防止剤が必要になっていますが、この凍結防止剤、なんて呼びますか?

私の場合、昔から「塩カル」と呼んでおりました。これは、「塩化カルシウム」の略称だと。
塩カル

しかし、最近、「塩カリ」という名前を良く耳にします。たぶん、「塩化カリウム」に略称なんでしょう。
塩化カリウムも凍結防止剤に使われることもあるようですが、性能的には高くないようで、検索しても商品が販売されている様子はありませんでした。
では、なぜ「塩カリ」と呼ばれるのでしょうか?

地域性?、時代?







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


Comments
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。

現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

また、各種情報やご意見、ご要望など、お気軽にメールをお待ちしております。

記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ