現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

最近多くの方が利用されている「Microsoft Teams」チームスかチームズか?

最近多くの方が利用されている「Microsoft Teams」チームスかチームズか?

以前は「チームス」と濁らない派が多かったのですが、最近使い倒していますと言う企業の方が「チームズ」と濁っていたので、実は濁るのが正解なのか?と思い、ネットを調べてみました。

すると、確かにマイクロソフトの方が、セミナー等で「チームズ」と言われていたと言う記事を見つけました。
しかし、調べれば、調べるほど、「チームス」と読む記事も多くあり、どちらでもよいのでは?と言う記事もいくつかありました。

と言うことで、私的には、今まで通りに「チームス」と濁らない派で行こうと思います(笑)



自転車道の外側に駐車帯

自転車活用推進法により、各地で自転車道の整備が進められていますが、車が道路際に駐車していると、駐車している車をよけて車道側に出てくるので、危ない状況になります。
IMG_7378 IMG_7376
そんな中、このようにはっきりと駐車帯を自転車道より車道側に設けている場所がありました(Googleによると元々は3車線だったようです)。
海外では、車のドアを開けても自転車道にかぶらないようにしている例もありますが、こちらはさすがにそこまでのスペースはない(もしくは考えてない?)感じでした。高速で車の脇を抜けるのは少し怖いかもしれませんね。

NEXCO3社、土工施工管理要領が改定

NEXCO3社、土工施工管理要領改定され、品質管理や出来形測定にICTの積極的な活用や他工事モデル施工結果の流用などが変更されました。
土工変更

NEXCO東日本
https://www.e-nexco.co.jp/bids/info/technical_standards/pdfs/190701.pdf

NEXCO中日本
https://www.c-nexco.co.jp/corporate/contract/point/technical-standard/pdf/taisyou02.pdf

NEXCO西日本



現場監督は現場にいないとできない仕事だけする「ノンコア業務のアウトソーシング」

生産性向上策のひとつとして、現場監督の業務軽減を目的にしている活動を最近よく聞きます。

こちらは、三井住友建設さんの生産性向上策、現場ノンコア業務の集約効率化による生産性の向上
コアではないサブ的な業務は、支店などに配置した専任組織に任せてしまうと言う取組。
具体的な業務としては、
・「グリーンサイト」 〜協力会社招待から承認まで〜
・「施工計画書」 〜施工計画書の体裁整備とスケジュール管理〜
・「セレクト・オプション」 〜住宅内装変更工事の関連業務〜
・「内覧会・定期アフター」 〜内覧会・定期アフターに関する補助業務〜
記事では、さらに女性活躍の場にもなっているとあります。

日建連サイト:
専任組織『インフィルグループ』による現場ノンコア業務の集約効率化
https://www.nikkenren.com/sougou/seisansei/pdf/1548030530719/201901kenchiku_0009.pdf

また、以前にも紹介したことがありますが、
京都サンダー株式会社さんがすすめている「建設ディレクター」もそのようなことができる人材育成の場であり、また能力を持ち合わせる資格名となっています。

【建設ディレクター】https://kensetsudirector.com/
illust01
これから現場監督は、限られた時間の中で、高効率で業務をこなさなければなりません。そのためにもプロセスの細分化、そして切り離しが進められています。
いわゆる、「現場監督は施工管理に徹する」と言うですね。


Android、防水・防じんスマホ AQUOS sense2 SH-01L

Androidスマホを新調しました。
安価で防水で使いやすい、と言うことで今回選んだのは、
シャープ製 AQUOS sense2
発売は昨年12月なのに、購入価格は2万円以下で、満足な端末です。
SH-01L SH-01L背面
スペックは以下のような感じで、特に不満はありません。
スペック
・IGZOディスプレイ
・顔認証と指認証で、軍手やマスクしているときも便利
・防水、防じん

AQUOS sense2 SH-01L
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sh01l/

航空写真上に設計図面と写真を重ね合わせ

現地調査や着手前の写真を地図上に並べたい、さらには図面も重ねて表示したい、と言うときの方法です。
航空写真上に設計図面と写真を重ね合わせ、GoogleEarthやGoogleフォト、Googleマップを使用します。

1.航空写真に平面図面(2D)を貼り合わせる方法
航空写真に平面図面を重ね合わせるのに、どちらもキャプチャして、Excelなどで重ねる方法もありますが、GoogleEarthでも平面図を取り込んで、GoogleEarthの地図上に平面図や完成図を表示することが可能です。透過度の設定も可能ですのでぜひご活用ください。
[手順]
・PDFの図面をJpeg化
・GoogleEarthの追加→イメージオーバーレイでJpegを読み込み(リンクでファイルを指定)
・貼り込まれたJpegの位置や大きさ、回転を調整し、合わせる
図面のイメージ 地図上に図面と写真 ←イメージ
・お気に入り内に残るので整理して保存しておくと良いでしょう。

2.さらに、ジオタグ付きの写真を重ね合わせる方法(KMLを作成してGoogleEarthに取込み)
iPhone等の緯度経度付き写真であれば、上記の取り込んだ図面上に写真をマッピングすることができます。
[手順] KMLを作成する方法は色々あります
・Googleフォトで取り込みたい写真でアルバムを作成
・Googleマップのマイプレイス→マイマップにて地図を新規作成
・インポート→フォトアルバムで上記のアルバムを指定し写真を選択
・基本地図を航空写真に指定
・Googleマップ上に写真がマッピングされます(ここで共有にてURLを送信すれば図面は貼り付きませんが、航空写真上に撮影した写真がマッピングされたものを送信できます、共有設定をリンクを知っている全員に)
・マイマップ名の横にある設定内より、KMLファイルをエクスポート
・エクスポートされたKMLファイルをGoogleEarthにインポートすると(ファイルの種類に注意)、地図上、図面上に写真がマッピングされます
地図と図面と写真

写真をクリックすると大きく表示されます。
さらにお気に入り内を整理し、フォルダを指定してKMLファイルをダウンロードすれば、他人ともKMLファイルで共有することが可能です。
(iPadやiPhoneのGoogleEarthでも開くのですが、図面のJpegが残念ながら×になってしまいます、方法知っている方いませんでしょうか?)

建災防統一安全標識、外国語併記安全標識

「建災防統一安全標識が改訂されました!」との通知がありました。

以下、案内文章より
「建災防では、建設現場における労働災害防止に資するため、統一した安全標識を作成、普及しています。今回、統一安全標識が改訂され、参考として外国語標示例も示されました。建災防統一安全標識デザイン、外国語標示例及びサイズ・色彩等については、 建災防HPの「建災防統一安全標識のご案内」よりダウンロード できます。運用の手引きに従い活用してください。」
外国語併記安全標識一覧
安全標識の外国語

建災防統一安全標識のご案内

掲示の運用手引きを参考にしながらご活用ください。 

熱中症対策として塩や水分を準備するのは事業者責任と法律に記載

熱中症対策にも様々なグッズが増え、工夫ができるようになっていますが、やはり基本は水分や塩分の摂取になります。

実は、水分や塩分の準備は事業者責任として法律にも記載されています。

労働安全衛生規則 第三編 第六章 休養(第六百十三条−第六百十八条)
(発汗作業に関する措置)
第六百十七条  事業者は、多量の発汗を伴う作業場においては、労働者に与えるために、塩及び飲料水を備えなければならない
熱中症塩法律
中災防サイト
https://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-1-3h6-0.htm

違反して熱中症災害となった場合、場合によっては送検される可能性もありますので、しっかりと取り組む必要がありますので、ご注意ください。

築地市場解体状況と環状2号線地下本線接続工事

築地市場の解体状況、地上からはあまりよく見えませんが、上からですと良く分かります。
建屋の解体はほぼ完了していました。
築地市場解体状況

紆余曲折があり、現在は暫定開通している環状2号線の地下本線接続工事も施工継続中でした。
環状2号線(築地市場)築地市場近く(環状2号線)

東京都市計画道路 環状第2号線
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/content/000005397.pdf 

帆布好きですが、こちらは現場で使う「帆布脚絆」

5年前に購入した帆布脚絆(はんぷきゃはん)を久々に着用しました。

(過去記事)帆布脚絆(はんぷきゃはん)、デニム風でマジックテープ固定を購入
http://const.livedoor.biz/archives/52204616.html 

このように、運動靴タイプの安全靴の足首に着用すると長靴のように見えます。
帆布脚絆
安全靴のみですと作業服のズボンの裾が広がっているため、引っかかってしまったりすることを防ぎます。長靴の中に裾を入れるのと同じようなイメージですね。


日曜日は2割引きで首都高に乗れるカード

イオンカードから出されている、その名もイオン首都高カード。カードにも「首都高」としっかり書かれています。
IMG_6957

イオン首都高カードのETCカードですと、このように日曜日の首都高料金が2割キャッシュバックされます。先月は1300円も返ってきました。
IMG_6958
休みの日に首都高によく乗られる方におすすめです。もちろん年会費無料で、クレジットカードはWAON一体型です。

「よこかん」、「よこしょう」、栄JCTなど建設中

慢性的な渋滞エリアでもある湘南・横浜エリア。
マンガで分かる道路の必要性

湘南、江ノ島や鎌倉に車で行くものではないと思うほどの渋滞エリアでしたが、着々と自動車専用道路の建設が進んでおります。
地図全景

首都圏中央連絡自動車道(圏央道さがみ縦貫道路)
新湘南バイパス
横浜湘南道路(略称:よこしょう)
横浜環状道路(略称:よこかん)→北線、北西線、南線

道路の名前が複雑に変わっていますが、圏央道が八景島まで繋がります。
圏央道(さがみ縦貫)→新湘南→横湘→横環南→首都高
(結局この首都高釜利谷JCTまでのルートは圏央道国道468号線として整備されています)

横浜環状線は北線は開通し、北西線でも東名横浜青葉インターへの接続工事がかなり進んでいます。
横浜環状道路 横浜青葉インター

圏央道からは栄JCTで横浜環状道路に接続する形になりますが、将来的には新東名高速道路もこの横浜環状道路に接続されるようです。
栄ジャンクションも複雑な線形になっていますが、こちらも橋脚が立ち並んでいました。
栄IC・JCT 栄JCT 栄JCT(横環方向)

横環南でも直径15mのシールド工事が施工されており、施工者の鹿島JVでも一般向け見学広場も整備されていました。
見学広場 発進到達立坑

マンガでわかる「よこかんみなみ&横浜湘南道路」
パンフレット「圏央道 横浜湘南道路 高速横浜環状南線」

10インチ軽量モバイルパソコン「CF-RZ6」

6年ぶりにパナソニックレッツノートに。
元々モバイルパソコンは10インチ派なので、レッツノートRシリーズからJシリーズ、その後VAIO10シリーズを使っていましたが、再びRZシリーズに帰ってきました。

「Panasonic Let's note J9 が手元に届いたので、R6と比較してみました」
http://const.livedoor.biz/archives/51905144.html

IMG_6926
残念なのはマウスパッド、Rシリーズの時は円形で、クルクル回すことでスクロールするのが好きでしたが。
23b1e101[1]

RZシリーズは液晶がくるっと回り、タブレットタイプにもなります。
IMG_6928 IMG_6927
iPadとあまり変わらないくらいに軽いので、持ち運びにも重宝しています。
とは言え、結局はiPadとレッツノートの2台持ちになってしまうのですが。


横浜臨港道路「南本牧はま道路」開通から1年以上経って初利用

横浜には南本牧ふ頭という人工島があり、当初は1本の橋で繋がっていました。大型の貨物船が着船できるため、アクセスが1つしかないというのはリスクもあり、2本目の道路が計画されていました。
そこで昨年開通したのが、臨港道路「南本牧はま道路」。開通から1年以上が経過しましたが、南本牧側から利用してみました。

はま道路

以前、南本牧ふ頭は一般車立入禁止でしたが、現在はこの道路が開通したこともあり、特に検問もなく入ることができるようになりました(一部エリアは立入禁止になっています)。

南本牧ふ頭からはま道路に入ります。
IMG_5564 IMG_5565
IMG_5566

はま道路は首都高にも直接接続されているため、そのまま首都高に合流することができます。物流の大型車にとってもうれしいことでしょう。
IMG_5567 IMG_5568
もちろん、2本あることで、孤島となることがなくなりましたし。

臨港道路「南本牧はま道路」の開通による効果
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000700814.pdf

2019年夏に東北道の蓮田サービスエリアが移転拡大

NEXCO東日本から東北自動車道の蓮田サービスエリア上り線が2.5km東京側に移動して、敷地面積4倍に大きくなると発表がありました。
FullSizeRender

新しい移転先の住所も蓮田市のため、名称はそのまま蓮田SAのようです。
FullSizeRender
比較表を見て分かりますが、大型車の駐車スペースが現在の31台から約120台の4倍になるのが大きなポイントのようです。もちろん商業施設も大型化し、外部からも利用できることで、売上げを上げることもあるようですが。
圏央道や北関道の開通で、東北道へ迂回することも多くなっているので、蓮田上りが使いやすくなるのは助かります。
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30








建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
人気記事ランキング
  • ライブドアブログ