現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

安全データシートは「MSDS」ではなく「SDS」に

「MSDS」、言わずと知れた化学物質安全データシートと言われるもので、人体や環境への影響について書かれた注意書きです。
私自身、ずっと「MSDS」と呼んできましたが、Wikipediaによると、2012年に国連によって略称を「SDS」に統一したとありました。「M」は「Material」でしたが、これを削除して、「Safety Data Sheet」になります。

近年では、施工計画書にこの安全シートを添付し、現場では該当する製品を扱う場所に掲示したりして、注意喚起をしております。万が一の時の対策についても書かれているので、掲示しておくと良いでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/安全データシート

現場カメラ工一郎のベースマシンである「STYLUS」が「TG-4」へ

工事現場カメラで有名なオリンパス工一郎シリーズのベースマシンとなっているSTYLUSシリーズが「TG-4」にバージョンアップ。

STYLUS TG-4

TG-3とTG-4の違いは以下のオリンパスサイトにもありますが、
http://digital-faq.olympus.co.jp/faq/public/app/servlet/qadoc?QID=005891
・シーンモード(一部)、水中モードの追加 
・RAW形式での保存が可能に 

安全帯の見える化、視認性向上蛍光シール

最近、安全帯の金具に赤やオレンジ、黄色のステッカーを貼っている人が増えてきましたね。
これは、下から見ていて、安全帯を使用して作業しているかが見えやすくなるように金具に蛍光シールを貼っているものです。
こんな感じのもの。
 安全帯
色は黄色が目立つかなぁと思い試しに私の安全帯に貼り付けてみましたが、どうやらオレンジ(赤)の方がくっきりしていて目立つ感じでしたので、オレンジを注文することに決めました。

10分ほどで氷ができるポータブル製氷機

熱中症対策グッズというよりは、現場事務所でおいしいアイスコーヒーを手軽に飲むためのマシンかもしれませんが、ポータブル製氷機を購入。
製氷機 製氷機氷
水を氷の下に入れておくだけで、氷が高速製造されます。
バリスタの横に置いて、アイスコーヒー用として活躍しております(バリスタのコーヒーも濃いめに設定中)。
氷が出来るときのガラガラっていう音とファンの音が思ったよりも大きいのが気になるところですが。



土木学会による「CIM講演会2015」の日程が発表になりました

今年度も土木学会国土基盤モデル小委員会、ICT施工研究小委員会によるCIM講習会が開催されます。昨年より内容も更新されているようです。

http://committees.jsce.or.jp/cceips07/node/45

CIM講演一覧

発表によると内容・時間は以下のとおりです。
 13:00-13:05 開会挨拶
 13:05-14:05 国土交通省の取組み
 14:05-14:45 米国・欧州CIM技術調査報告
 14:45-15:00 休憩
 15:00-15:50 CIM技術検討会の取組み
 15:50-16:20 今、CIMで出来ること UAV
 16:20-16:50 今、CIMで出来ること
 16:50-17:00 閉会挨拶

東京会場の申込みはこちらから。
http://committees.jsce.or.jp/cceips07/node/46 
 

今年も熱中症の時期が始まります

今年も熱中症の時期が始まります。毎度おなじみの環境省の熱中症予防情報サイトも、台風一過で気温が上昇する本日より再開されました。

関東では、さっそく明後日15日に厳重警戒が表示されています。
ご注意ください。

熱中症予防情報サイト
http://www.wbgt.env.go.jp/ 

5台同時充電も可能、多ポートUSB急速充電器

最近、スマホ、タブレット、デジカメ、ICレコーダー、携帯電話とUSBケーブルで充電する機械が多く、電源タップにアダプタがたくさん刺さっていましたが、この1台ですっきりすることができます。
2015-05-06_18-15-43_IMG_0462
出力やポート数も種類が豊富で、自分にあったものを選択することができます。また、接続された機種が対応していれば、充電スピードを調整してくれる優れものです。

ノートパソコンのサブモニターをアームで固定

今回、ノートパソコンに接続して利用している24インチの液晶モニターをモニターアームで固定しています。
好みの位置に移動することもでき、なによりモニターの下がフリーになるのが便利で、キーボードなどを置くことができます。
モニターアーム
こんな感じに、モニターを回転して、縦型にすることも。長時間Wordで報告書等を作成するときは、こちらの方が便利です。

マンガでわかる 若手技術者育成のための原価管理ハンドブック

東日本建設業保証(株)さんから若手技術者向けの「原価管理」ハンドブックがPDFで無料公開されています。中身はマンガを用いて分かりやすく説明されていますので、若手に限らず、楽しく読むことができます。

下記サイトより
「主に若手技術者や指導担当者を対象とした「原価管理」の入門書で、工事現場で利益を出すための「原価管理」について、その仕組み、重要性、実践方法をマンガによりやさしく解説しています。若手技術者育成の一助になれば幸いです。」
http://www.ejcs.co.jp/report/topics.html

topics

マンガでわかる 若手技術者育成のための原価管理ハンドブック
http://www.ejcs.co.jp/report/data/topics/handbook.pdf

WindowsタブレットにNECの「NEC LaVie Tab W TW708/T1S」

iPadでのモバイル業務に限界を感じてきたため、Windowsタブレットを再度購入することに。
あまりに多くの機首が登場しているため、価格ドットコムを参考に見てみると、8インチタブレットではNECのLaVie Tabが人気のようなので購入してみました。
TW708-1
箱は小さいながらも、見慣れたNECのデザイン。

TW708-4 TW708-2
持ち合わせているマウスやキーボードと接続。
液晶はフルHD以上(1,920×1,200ドットWUXGA)なので鮮明な上、かなりの明るさを持っています。
バッテリはカタログ値で8時間ですが、iPadのようにスタンバイの時の節電さは残念ながらありませんね。

Windowsタブレットは3回目の購入、Androidタブレットも3回目、iPad系は5回目と繰り返してきていますが、ハードの進化は目を見張るものがありますね。

鉄ピンのトラロープにはピンクリボンで見えやすく

現場の法肩明示などでトラロープと鉄ピン(トラピン、ぶたのしっぽやぶたピンとも呼ばれています)を使用していますが、トラロープのみですと背景と同化して見えにくい場合があります。
すでに取り入れている現場が多いですが、測量杭の明示につかっているピンクリボンを使用すると、トラロープの視認性が格段にあがります。
 ピンクリボン
上記の写真、安全性に問題があります。分かりますでしょうか?

トラピンは法肩表示で、転落防止柵にはなりません。そのため、法肩から1m程度控える必要があります。この写真の位置に設置するなら単管等による強固なものが必要となりますのでご注意ください。

今年の「春の全国交通安全運動」は5/11から

例年、春の全国交通安全運動は、本日4/6から4/15に行われていますが、今年は統一地方選挙と重なる年のため、5/11から5/20になります。

http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h27_haru/youkou.html

おまちがえのないよう、ご注意ください。

(参考)首都高塗装塗替え火災事故再発防止委員会資料

首都高速道路にて2回にわたって塗装塗替え工事における火災事故が発生し、営業路線にも影響がありましたが、2回同じような事故が続いたと言うことで、事故再発防止委員会が行われています。

首都高速道路のサイトには、その資料が掲載されています。
http://www.shutoko.co.jp/company/enterprise/road/recurrence-prevention/ 
首都高火災事故

なぜ事故は起こってしまったのか、そして防ぐためには何が必要だったのか。

現在のところ、当面の再発防止策としてまとめられていますが、安全教育の資料等にも参考になると思います。

【開通記念】首都高速中央環状線山手トンネルを全線走行

首都高速道路中央環状線山手トンネルが全線開通したので、さっそく走行してみました。
山手トンネル18km

中央環状線王子線の板橋ジャンクションから5号線に合流するために、中央環状線は1車線に絞られます。ここで、いつも渋滞が発生。
板橋ジャンクション合流前 板橋ジャンクション合流

2車線の中央環状線と2車線の5号線が合流するのに、合流した先は3車線。渋滞するのは仕方ないですよね。
ここでは、いたくま(板熊)キャラクターで、4車線化の工事がすすめられています。施工方法はサンドイッチ工法と呼ばれ、現道を活かしながら新しい橋脚を設置します。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/itabashikumano/about/

熊野町ジャンクションの分岐を過ぎると、一気にトンネルまで下り坂になり、山手トンネルへ吸い込まれていきます。山手トンネルの看板が、道路トンネル延長日本一18100mに書き換わっています。
熊野町ジャンクション分岐 山手トンネル18km

大橋ジャンクションの風景ですが、今までは右側の3号線方面(クルクル)のみでしたが、本線側が開通され、線形がなめらかに。
大橋ジャンクション分岐前 大橋ジャンクション分岐
大橋ジャンクション、3号線からの合流箇所では、2つのシールドトンネルをつないでいるのが断面からも分かります。
大橋ジャンクション合流

中央環状品川線では、出入口は五反田の1箇所のみ。先日トンネルウォークしたのがこの辺ですが、通行は左右逆になっていて、右側通行となっています。ただ反対車線が見えないので、全く分かりませんが。
五反田出口予告 右側通行
http://const.livedoor.biz/52255696(トンネルウォーク)

カーブが続いたあと、大きく右にカーブし、地上の明かりが見えてきます。このあたりは、シールドトンネルがそのまま地上に上がって行くので、円形の断面のまま、地上まで続いています。
地上へ
http://const.livedoor.biz/52073368(シールドのまま地上へ)

大井ジャンクションに入ると、湾岸線の横浜方面と千葉方面に分岐し、中央環状線の終点となります。
大井ジャンクション 湾岸線に合流
http://const.livedoor.biz/52080294(大井PA移設)
大橋ジャンクション開通から約5年経過していました。
http://const.livedoor.biz/archives/51816174.html

 

川崎からも「ゲンバ男子」プロジェクト始動

ドボジョや建設小町など、建設現場で働く女性にスポットが当たっていますが、若者の男性を業界に呼び込む「ゲンバ男子」プロジェクトも盛り上がってきています。

大阪市で生まれた「ゲンバ男子」、ぜひもっと広がりを見せて、アツイ男子が多く集まってくると良いですね。







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ






工事現場用カメラ


こんなケースも


工事現場用ネックストラップ
 


=現場プリンタ=
A3版対応両面印刷複合機
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ