先日セミナーにて、環境省の
「建設・土木工事現場で毒ガス弾等の疑いが
   持たれる不審物を発見した時は・・・」
というリーフレットを頂きました。

掘削中の地中から中身の入った不審瓶が発見された場合、
旧日本軍がつくった毒ガスの可能性があるというものです。

私も、下水道工事などで都内の道路を掘削したことがありますが、
このような瓶は結構出てきました。
もちろん、毒ガスではありませんでしたが、
全く知識なくさわって捨ててました。

掘削作業中の不審物については、気をつけた方が良いですね。

特に、神奈川県から多く発見されているようです。
http://www.env.go.jp/chemi/gas_inform/

毒ガス1毒ガス2