現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

最近、USBメモリの大容量化に伴い、様々なデータを持ち歩くようになりました(私も4GBのUSBメモリを持ち歩いています)が、個人情報保護法やCSR(企業の社会的責任)に伴って、紛失時のリスクが大きくなっています。 
そこで、USBメモリには必ずセキュリティをかけることをおすすめします。
大手ブランドのUSBメモリであれば、USBメモリにセキュリティをかけるソフトが付属されています。
これにより、設定したパスワードを入力しないと、USBメモリ内を見ることができなくなります。
ただし、出先などのパソコンでUSBメモリ内を閲覧する場合も、そのパソコンにセキュリティソフトをインストールする必要があります。

BUFFALO SecureLockWare
http://buffalo.jp/products/slw/index.html

I-O DATA iSPIS
http://www.iodata.jp/promo/ispis/index.html

私の場合、セキュリティソフトをインストールする手間を考え、セキュリティをかけているものとかけていないものを持ち歩き、セキュリティの必要性によって2個のUSBメモリを使い分けています。

SecureLockWare.jpg

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバック一覧

  1. 1. 3大メーカーのセキュリティソフトのダウンロードページ

    • [現場主義 (建設現場情報サイト)]
    • 2007年05月15日 08:04
    • 持ち運ぶ可能性のあるUSBメモリやハードディスクは必ずセキュリティをかけましょう。 http://const.livedoo