現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

過積載防止対策をどうされていますでしょうか。
過積載防止教育の一例をご紹介します。

1.一番簡単な方法は、積載量の似姿を目視で確認する方法です。
目安としては、土砂は荷台枠のすり切り一杯、アスファルトやコンクリート塊であれば、荷台枠から20cm程度まで。
過積載.JPG
教育方法としては、新規入場時に実施したり、現場における標準積載基準の似姿写真をバックホウ運転席に掲示するなどの方法があります。

2.自重計による測定
ダンプトラックなどには、荷台下に積載重量を計測する装置として自重計が取り付けられています。これを用いて、積載重量を確認することができます(最大積載量は車検証に表示されています)。
ただし、車両に備え付けの「自重計技術基準適合証」の有効期限を確認する必要があります。
自重計.JPG

3.ポータブル型車重計による測定
持運びが可能ないわゆる台貫(だいかん)の利用ですが、大型現場でない限りは装置を現場に置くことはないでしょう。

参考(東京都建設局過積載防止対策指針)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/ukeoi/index.html
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/ukeoi/pdf/03.pdf (PDF)

より良い方法が他にありましたら、コメントをお願いします。
Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット