先日訪問した現場職員のパソコンを操作してびっくり、画面下部のツールバー内通知エリア(右下)にたくさんのアイコンが。しかも、ほとんどが使用されずに常駐しているものばかり。

これでは、パソコンの動作に影響もするはず。ということで、

1.不要ソフトの削除
コントロールパネル内にある、アプリケーションの追加と削除から、不要なソフトを削除

2.不要スタートアップの削除
プログラムファイル内のスタートアップ及び「msconfig」より、必要のないプログラムをスタートアップから削除

スタート→すべてのプログラム→スタートアップ
スタートアップ

スタート→ファイル名を指定して実行にて、「msconfig」
ファイル名を指定して実行
スタートアップ欄で、不必要なソフトのチェックを外します
msconfig

上記の操作が難しい場合は、下記のようなフリーソフトがオススメです。

スタートアップチェッカー
http://fos.qp.land.to/
このソフトを利用すれば、スタートアップなどの設定をわかりやすく簡単に行うことができます。
スタートアップチェッカー

3.インターネットエクスプローラのキャッシュファイルを削除
インターネットエクスプローラのツール内や、クリーンアップなどでキャッシュのクリアを行うことができますが、先日行ったパソコンでは、約1GBのデータが存在していました。

インターネットツール→オプション→閲覧の履歴から一時ファイルの削除
プロパティ

4.デスクトップ画面の整理
しばらく使用していないアイコンやファイルなどは、新しいフォルダ(たとえば「デスクトップ」などの名称)を作って、そこへ移動してしまうのも手です(できればプログラムファイル(Cドライブ)以外のドライブが良いでしょう)。

これらだけでも、ハードディスクの空き容量を広げ、メモリ使用量を下げることができるので、コンピュータの動作も回復させることができます。
遅いと感じたら、試してみてください。ファン周りの清掃も大事です。