GWもそうですが、東名高速道路上り線で渋滞のメッカとして有名な大和バス停・大和トンネル。

大きな地図で見る

ここは海老名サービスエリアから緩やかな上り坂が大和バス停付近まで続くため、速度低下が原因で渋滞が発生します。
渋滞とは関係ない話ですが、この「大和トンネル」はトンネルといわれながらトンネル構造ではなく、単なるコンクリートのボックスカルバートになっています。しかも上部に何があるわけでもありません。
大和トンネル(1).jpg大和トンネル(2).jpg
なぜか?

下の地図を見ていただくと分かるとおり、米軍厚木基地滑走路の延長上に位置しています。東名建設時に危険防止のためにコンクリートで蓋をするボックス構造にしたそうです。


大きな地図で見る
同様に厚木基地の北端を走る相鉄(相模鉄道)も、滑走路の延長線上は地下へもぐっています。