誤って削除してしまった写真ファイルやデータなどの復元に便利な復元ソフトですが、
 
NASなど、LANに直結しているLinkstationなどのファイルサーバには利用できません。

復元ソフトを利用できるのは、ハードディスクがパソコンに直結している必要がありますので、ご注意ください(万が一がないように、現場ではLinkstationのゴミ箱機能を活用してください)。

と、ここまでは先日の記事通りですが、
リナックスのフォーマット形式でもWindowsOSから復元することができるソフトを見つけました。

その名は、「PhotoRec」。
http://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download
(パーティション復元ソフトも同梱されているのでTestDiskという名前です)

まず、リンクステーションのハードディスクを外し(保証が切れる場合もありますので、自己責任でお願いします)、
 
シリアルATA USB変換ケーブルでパソコンに接続します。
LinuxOSの形式でフォーマットされたハードディスクは、Windowsから認識はされますが、不明なパーティションとされ、中身を見ることはできません。

しかし、この「PhotoRec」は、コマンドプロンプト(DOS?)からハードディスクを調べるので、Linux形式でフォーマットされたハードディスクでもファイルを復元することができます(対応形式はFAT、NTFS、EXT2/EXT3、HFS+)。

参考:Gigazin記事