現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

耐衝撃、耐水、耐埃機能、そしてCALSモードやRSAオリジナル画像判定機能などを備えたオリンパスの工事用デジカメ「μTOUGH-8000 工一郎」。


デジタル工事写真 μTOUGH-8000 工一郎 発売記念キャンペーン

今まで、数年前からひとつ前の「μ1030SW工一郎」を愛用しておりましたが、このたび、新しいデジカメを入手させていただきました(ありがとうございます)。

μ1030SW工一郎でも機能は十分でしたが、新しいμTOUGH-8000工一郎には、さらに新しい便利な機能もついておりますので、新しくなった機能をいくつかまとめてみました。

大きさ:ほとんど同じですが、若干今回の方が大きく、がっちりした感じがあります。
比較比較
比較比較

簡単CALSモード:この機能をONにしておくと、撮影サイズを変更しても、次にデジカメの電源を入れ直すと、CALSモードに戻ります。締め切り写真などで、高画質で撮影して、設定を戻し忘れても大丈夫です。

日付設定忘れ防止機能:日付抜きの写真にならないように、日付を設定していないと撮影できないようになりました。

ファイル名編集機能:同じ現場で工一郎を使用したときには、ファイル名が同じ写真が存在する可能性がありますが、そのようなことにならないように、撮影カメラ毎に、ファイル名の先頭2文字を変更することができます。イニシャルなどにしておくと便利でしょう。

RSA画像判定機能が工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達10」と連携し、証明をスピーディーに表示することができます。

タップコントロール機能:カメラをたたく(タップ)ことによって様々な設定を行うことができます。

その他今までと変更はないですが、便利な機能。
・28mm広角ワイドレンズ
・工事写真専用のシーンモード(クリアモード1・2、スローシャッターモード)
・ワンタッチホワイトバランス設定機能
などなど

バッテリは今まで使用していた1030工一郎と同じなので再利用できます。また、今回からUSB接続で本体充電となっております。充電器も今までのものが利用できるので取っておくと良いでしょう。
また、新しい活用方法がありましたら、適時更新します。

Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック