地震や大雨などが原因で河川付近で土砂崩れが発生し、河川をせき止めてできた湛水池を天然ダムや土砂ダムと言われています(正式には「河道閉塞」)が、これが決壊すると下流側に大きな被害をおよぼすことがあります。
台風12号によって、近畿地整管内での土砂ダムの報道は記憶に新しいところでしょう。

なぜ土砂ダムができるのか、なぜ土砂ダムが決壊するのかを下記サイトでわかりやすく映像で見ることができます。

「河道閉塞決壊イメージ映像」(国土交通省北陸地方整備局)
http://www.hrr.mlit.go.jp/bosai/110920kasenbu/kekkai.html

決壊イメージ(CG)
OH000020OH000022

模型実験
OH000023OH000024

どちらもダウンロードが可能です。