現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

おなじみになった工事現場用カメラ「オリンパス工一郎」が新しくなって9/6に登場します。
一般向けモデルTG-1を元に製作されているため、前機でもたついた感のあった機能はおおむね解決しているようです。

主な特徴は、以下の通りです(オリンパスサイトより)
・ポケットサイズで防水・防塵・耐衝撃
・暗く狭い現場でも撮影可能(F2.0・広角25mm
・6種類の工事写真専用シーンモードを搭載
 ・逆光やトンネル内でもきれいに撮影できる工事写真クリアモード
 ・マンション工事などでは屋内撮影モード
 ・夜間など三脚利用可能な場合はスローシャッターモード
 ・資料閲覧時など書類の撮影に便利な資料モード
・電子納品に最適な画像サイズに設定される「簡単CALS」機能
・軌跡を記録するGPSロガー機能付き
・複数カメラでもファイル名がダブらないように、ファイル名規則変更は先頭4文字
シリコンジャケット標準装備
・破損、水損、火災、盗難などのトラブル時にも対応する2年間のカメラ保険付き

工事現場用カメラ TG-1 工一郎 デビュー記念セット


工事現場用カメラ TG-1 工一郎 デビュー記念セット



商品の詳細はこちら
http://olympus-imaging.jp/product/construction/kouichiro_tg1/index.html
Share on Tumblr

コメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. kazzzz
    • 2012年08月28日 12:15
    • 5 魅力的な製品ですね。
      とにかく、現場で使用するカメラは、タフでなければ使えませんよね。
      ポケットサイズも、見逃せませんね。
      使ってみたいです!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック