ある日、卓上に一冊の本が置いてありました。「建設業現場代理人に必要な21のスキル」。あの有名な坂田建設の鈴木部長が書いたものなので、セミナーなどの内容から、なんとなくこんな感じの内容かなぁと思いながら目を通すと、、、
現場代理人に必要な21のスキル
まったく別次元の内容で、とても現場の皆さまに勧めたいと思いました。
今の建設現場3Kと言われた以前の時代よりは改善されましたが、それでもキツイ仕事には変わりません。
特に、職人さんたちよりも、現場監督さんたちへの負担が大きくなっています。そんな中、うつ病の発症や現場組織の運営など様々な問題が発生したいます。
そんな背景をもとに、この本では、部下への気遣いなど、様々な視点で書かれています。

ぜひ、立ち読みでも構わないので、読んでみてはいかがでしょうか。
私も良く言いますが、現場で目的物を完成させるのは、ある程度誰でもできることなのです。いま求められているのはそれ以上のこと、そして付加価値をつけることだと思います。


この本をすすめても、私には一円も入りませんので、せめて上記のアフィリエイトよりご購入ください。