管轄の労働基準監督署から「統括管理状況等報告命令書」を受領した場合、四半期ごとに報告が必要になります。
これは、おおむね50億円以上の工事(分割発注工事にあたっては20億程度以上の躯体工事)について行うもので、当該工事を行う元方事業者に対して、安衛法第30条に基づく統括管理義務等、法第29条の2に基づく関係請負人に対する指導指示義務等の履行状況並びに危険性または有害性等の調査等の実施状況等について報告するものです。
これを元に、労働基準監督署が工事現場全体における安全衛生管理状況を把握するとともに、改善を要すべき事項が認められた場合は、必要な指導が行われます。

報告書の様式は、以下の宮城県労働局のサイトからExcel版をダウンロードすることができます。
統括管理状況報告 (1)統括管理状況報告 (2)
統括管理状況報告 (3)統括管理状況報告 (4)
宮城労働局安全衛生法関係ダウンロードコーナー
http://miyagi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/・・・・anzen_eisei.html
の最下段にExcelの様式が公開されています。

統括管理状況等報告(Excel様式)
http://miyagi-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/・・・・・/toukatukanri.xls

記載内容は、意外と細かい内容となっていますので、前もって準備しておくと良いでしょう。
この統括管理状況等報告は、厚生労働省から出されている通達により実施されているようです。
http://www.joshrc.org/~open/files2/20070322-003.pdf