「MSDS」、言わずと知れた化学物質安全データシートと言われるもので、人体や環境への影響について書かれた注意書きです。
私自身、ずっと「MSDS」と呼んできましたが、Wikipediaによると、2012年に国連によって略称を「SDS」に統一したとありました。「M」は「Material」でしたが、これを削除して、「Safety Data Sheet」になります。

近年では、施工計画書にこの安全シートを添付し、現場では該当する製品を扱う場所に掲示したりして、注意喚起をしております。万が一の時の対策についても書かれているので、掲示しておくと良いでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/安全データシート