普段目にしている日常の景色
そこにも、様々な歴史があることを感じます。

こちらは、先ほど目にした横須賀線新橋駅地下ホームからの景色。
image

線路の横に青いペンキの配管がずっと並んでいます。

これは、東京駅の地下に湧いている地下水を品川の立会川に流しています。

地盤沈下対策で地下水のくみ上げが規制されたため、東京の地下水位が上昇し、東京駅などの地下に湧く量が増えたそうです。
通常は近くの川や下水に流しますが、下水の場合は、下水使用料が発生します。
その辺を東京都と打ち合わせし、水質改善も見込まれる立会川まで引っ張って放流したそうです。

立会川では、水流が減少して、水質悪化していたため、地下水放流のおかげで、かなりの水質改善となったようです。