余談ですが、「現場監督の職務」と言う説明資料を考えています。

現場監督の職務とは、
「QCDSEについてPDCAサイクルをまわす」

Quality(品質)、Cost(原価)、Delivery(工程)、Safety(安全)、Environment(環境)
Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)
という補足を追加して。

建設現場でのPDCAとは、
P-「もの」をつくるために施工計画
D-計画を実施して「もの」をつくる
C-つくった「もの」を評価する
A-よりよい「もの」にするために

では、具体的にどんなことかをまとめてみると、たくさんあるため、意外と難しいなぁと感じました。

【Plan】「もの」をつくるために施工計画
発注者から求められた「もの」をつくるための計画
→必要な作業と、そのための機械、人、材料などの計画
D-作業にかかる時間と工期(納期)
Q-性能を満たすための品質管理項目の整理
S・E-作業するための安全・環境対策
C-作業するための原価管理(予算)

【Do】計画を実施して「もの」をつくる
・施工業者と打合せ (施工手順や工程、機械・人員等)
・目的の場所にものをつくるために測量
・工程に従って施工業者との契約や使う資機材を発注
・様々な項目で施工計画通り実施されているか確認

【Check】つくった「もの」を評価する
・寸法など出来形をチェックし、規格内か確認
・強度などの品質が、求められている以上になっているか
・出来映え(見映え)はどうか
・計画した工程に対して実施工程を比較

【Action】よりよい「もの」にするために
・作業手順や資機材の改善
・トラブルへの対処、原因を特定して再発防止
・様々なデータから見えない要因を見える化
・省力化への取り組み