現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

古いiPhoneの速度を遅くしていたとかの償い(?)で、通常であれば8,800円かかるiPhoneのバッテリ交換が、現在3,200円で出来ると言うことで、さっそく古くなったiPhone6をバッテリ交換することに。
バッテリ交換

対象:iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X
期間等:2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

しかし、ショップの予約を取ろうとすると、かなりの混雑で、週末に予約が取れない状況。
そこで、郵送によるバッテリ交換をやってみることにしました。

Appleのサイトで、ログインすれば、登録している端末が表示されるため、バッテリ交換する端末を選択。端末を引き取りに来る日時を指定して、支払登録(クレジットカードにしました)したら準備完了(iPhoneを探すをOffにする必要があります)。
引取はクロネコヤマトで、端末だけ渡せばOKでした。

日曜日の夜に引取に来て、水曜日に修理開始連絡、その日中に完了と返送連絡があり、金曜には戻ってきました。
実はひとつ問題が生じたのですが、端末が完全リセットされてました。あと、液晶保護のガラスもはがされていました。店舗でのバッテリ交換の時は、どちらもそのままだったので、その気持ちでいたため、注意書きには書いてあったとは言え、店舗と同じかなと言う気持ちもあったため、ちょっと残念でした。
Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット