前回の記事にも書きましたが、iPhoneXsMaxの大きさは関数電卓とほぼ同じなため、作業服の胸ポケットでしたら問題ないのですが、ワイシャツの胸ポケットですと違和感があります。

ということで、iPhone6sとの違いを撮影してみました。

iPhone6sですと、ちょうどレンズが見える感じで、重さも5sほどではないですが軽いため、それほど違和感がありません。
FullSizeRender
次に、iPhoneXsMaxだとこんな感じです。
レンズが縦に2つなのでこちらもレンズが見える感じです(約3.3cm)。飛び出してる長さがあるため、前かがみなどの時に不安定感がありますが、落ちることは今のところありません。
FullSizeRender
もちろん、ワイシャツの胸ポケットの大きさにもよりますが、比較的小さめのカバーでこんな感じなので、iFaceなどでしたら、ちょっと厳しそうです。
iPhone7PlusやiPhone8Plusも同じような大きさですので、ワイシャツを着るのが多い方はご注意ください。