スタビライザーと聞くと、土木業界では地盤改良の混合攪拌機を思いがちですが、スタビライザーは安定という意味だそうです。

最近、現場ではなるべく記録動画を残すようにしていますが、スマホでの撮影ではどうしても揺れが発生することで、安っぽい動画になりがちでした。
そこで、今回、世間で話題になっている安価になった安定機(ジンバルまたはスタビライザーと呼ばれているようです)を購入してみました。

購入するにあたり、いろいろと検討し、最後まで残ったのは、以下の2機種でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DJIジャパン ハンディスタビライザー OSMO MOBILE2 OSMOM2
価格:16770円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ZHIYUN Smooth 4-Black C030016J
価格:15994円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)



比較したのは、重さ(質量)、小型、シンプル、もちろん最低限の性能と価格。
そして、購入に至ったのは、ドローンでも有名なdji社の「OSMO Mobile 2」
https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2
OSMO Mobile 2 OSMO Mobile 2(正面)

ボックスカルバートの中で、右手にジンバル、左手にスマホを持って歩いてみました。

違いは一目瞭然ですね。
OSMO Mobile 2にはケースがついていないため、持ち運び用のケースも買ってみました。