女性活躍推進法に基づく認定企業(えるぼし認定企業)が 公共調達で有利に!

えるぼし認定を得ている主なゼネコンは以下のとおり
オリエンタル白石、清水建設、錢高組、竹中土木、戸田建設、ナカノフドー建設、前田建設工業

認定の段階の区分は、次の5つの評価項目のうち、
・5つの基準全て満たしている場合は、3段階目
・3つ又は4つの基準を満たしている場合は、2段階目
・1つ又は2つの基準を満たしている場合は、1段階目
えるぼし認定の段階

えるぼし認定の評価項目 
【評価項目1:採用】
男女別の採用における競争倍率(応募者数/採用者数)が同程度であること
(※直近3事業年度の平均した「採用における女性の競争倍率」×0.8が、直近3事業年度の平均した「採用 における男性の競争倍率」よりも雇用管理区分ごとにそれぞれ低いこと(期間の定めのない労働契約を締結する ことを目的とするものに限る))

【評価項目2:継続就業】
 崕性労働者の平均継続勤務年数÷男性労働者の平均継続勤務年数」が雇用管理区分ごと にそれぞれ0.7以上であること(期間の定めのない労働契約を締結している労働者に限る)
又は
◆10事業年度前及びその前後の事業年度に採用された女性労働者の継続雇用割合」÷ 「10事業年度前及びその前後に採用された男性労働者の継続雇用割合」が雇用管理区分 ごとにそれぞれ0.8以上であること(期間の定めのない労働契約を締結している労働者かつ新規学 卒採用者等に限る) 

【評価項目3:労働時間等の働き方】
雇用管理区分ごとの労働者の法定時間外労働及び法定休日労働時間の合計時間数の平均が、 直近の事業年度の各月ごとに全て45時間未満であること

【評価項目4:管理職比率】
管理職に占める女性労働者の割合が別に定める産業ごとの平均値以上であること
又は
直近3事業年度の平均した「課長級より1つ下位の職階にある女性労働者のうち課長 級に昇進した女性労働者の割合」÷直近3事業年度の平均した「課長級より1つ下位の 職階にある男性労働者のうち課長級に昇進した男性労働者の割合」が0.8以上であること

【評価項目5:多様なキャリアコース】
直近の3事業年度に、以下について大企業については2項目以上(非正社員がいる場合は必 ずAを含むこと)、中小企業については1項目以上の実績を有すること
A 女性の非正社員から正社員への転換(派遣労働者の雇入れ含む)
B 女性労働者のキャリアアップに資する雇用管理区分間の転換 
C 過去に在籍した女性の正社員としての再雇用 
D おおむね30歳以上の女性の正社員としての採用

※現在の登録企業数は10,378社(データ公表企業)、12,667社(行動計画公表企業)

厚生労働省 女性活躍推進法特集ページ