現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

現地調査や着手前の写真を地図上に並べたい、さらには図面も重ねて表示したい、と言うときの方法です。
航空写真上に設計図面と写真を重ね合わせ、GoogleEarthやGoogleフォト、Googleマップを使用します。

1.航空写真に平面図面(2D)を貼り合わせる方法
航空写真に平面図面を重ね合わせるのに、どちらもキャプチャして、Excelなどで重ねる方法もありますが、GoogleEarthでも平面図を取り込んで、GoogleEarthの地図上に平面図や完成図を表示することが可能です。透過度の設定も可能ですのでぜひご活用ください。
[手順]
・PDFの図面をJpeg化
・GoogleEarthの追加→イメージオーバーレイでJpegを読み込み(リンクでファイルを指定)
・貼り込まれたJpegの位置や大きさ、回転を調整し、合わせる
図面のイメージ 地図上に図面と写真 ←イメージ
・お気に入り内に残るので整理して保存しておくと良いでしょう。

2.さらに、ジオタグ付きの写真を重ね合わせる方法(KMLを作成してGoogleEarthに取込み)
iPhone等の緯度経度付き写真であれば、上記の取り込んだ図面上に写真をマッピングすることができます。
[手順] KMLを作成する方法は色々あります
・Googleフォトで取り込みたい写真でアルバムを作成
・Googleマップのマイプレイス→マイマップにて地図を新規作成
・インポート→フォトアルバムで上記のアルバムを指定し写真を選択
・基本地図を航空写真に指定
・Googleマップ上に写真がマッピングされます(ここで共有にてURLを送信すれば図面は貼り付きませんが、航空写真上に撮影した写真がマッピングされたものを送信できます、共有設定をリンクを知っている全員に)
・マイマップ名の横にある設定内より、KMLファイルをエクスポート
・エクスポートされたKMLファイルをGoogleEarthにインポートすると(ファイルの種類に注意)、地図上、図面上に写真がマッピングされます
地図と図面と写真

写真をクリックすると大きく表示されます。
さらにお気に入り内を整理し、フォルダを指定してKMLファイルをダウンロードすれば、他人ともKMLファイルで共有することが可能です。
(iPadやiPhoneのGoogleEarthでも開くのですが、図面のJpegが残念ながら×になってしまいます、方法知っている方いませんでしょうか?)

Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット