現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

2012年より、コンクリート標準示方書には、以下のとおり記載があります。
「コンクリートの圧送に先立ち、使用するコンクリートの水セメント比以下の先送りモルタルを圧送することを原則とする。また、圧送後の先送りモルタルは、型枠内に打ち込まないことを原則とする。」とあります。ご存じでしたか?
実際に1:3モルタルが多いと思いますが、これ、以外と難しいのです。

なぜなのか?と言う説明は以下のとおりです。
「最初に排出されるコンクリートは先送りモルタルが混合された状態となっている可能性があることから、先送りモルタルの水セメント比はコンクリートの水セメント比以下とすることを原則とした。」

本文は載せられないので、下記Q&Aページをキャプチャします。
http://www.jsce.or.jp/committee/concrete/QandA/2012Q&A.pdf
先送りモルタル・水セメント比

しかし、上記の質問に対して、回答は以下のとおりです。
先送りモルタル回答
と言うことで、先送りモルタルが完全に混じっていない状態であることを確認すれば、水セメント比を縛らなくても良いと読み取れそうです(難しいですが)。

また、以下の様な商品を使用することも可能です。


 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット