現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

便利なソフト(シェア&フリー)

複数のウィンドウをタブで管理することができるタブエクスプローラ

エクスプローラーでファイルを開いているうちに、たくさんのウィンドウが開いていて、結局閉じまくっている。そんな性格の私です。
久々に、タブ形式のファイル管理ができるエクスプローラーを探してみました。

気に入ったのは、「Clover 3」
http://ejie.me/ 
窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/clover/

GoogleのChromeのタブ管理のような感じで、ファイルエクスプローラーのウィンドウを管理することができます。
 Clover

上部にショートカットをブックマークのように表示もできますし、タブをドラッグ&ドロップすると独立したウィンドウになります。
色々と使ってみると、非常に便利なのが分かります。私にはドンピシャなソフトでした。

様々なファイル形式を再生することができるマルチプレーヤー「VLC media player」

音楽・音声・映像・動画、様々なファイル形式が存在していますが、それらを再生することができるフリーのマルチメディアプレーヤーです。
パソコンにインストールしておくと便利でしょう。

ダウンロードサイト
http://www.videolan.org/vlc/ 

DVDや携帯で撮影した動画などにも対応しているので、ここ数年間、非常に重宝しています。
エンコーダーを入れることなく下記のフォーマットに対応しています。 

動画フォーマット 
VO00012

音フォーマット
VO00013
 

撮影中の画像から、動く物体を検出して保存やメールができる「Msako」

カメラで撮影中の画像内で、動く物体を自動的に検出する監視ソフト「Msako」。
動く物体を検出すると、メールで通知したり、画像を保存することができます。

現場での監視カメラに利用したり、通行禁止の場所に設置すれば、違反車両の通知と画像の保存が可能で、技術提案にも安価に利用することが可能です。

MsakoMsako

動体検知ソフト Msako 2.8.1
http://homebrew.jp/show?page=1262

検出できるレベルを設定することも可能で、出先からでも監視状況を確認することができます。
もちろんカメラは内蔵カメラでも、外付けカメラでも選択ができます。

打合せ簿や施工体系図などの様式書類を簡単に作成することができるフリーソフト「帳票作成ツール」

国土交通省工事で用いられている『「土木工事共通仕様書」を適用する請負工事に用いる帳票様式』(国土技術政策総合研究所(国総研)から公開されている)の
打合せ簿や施工体系図などの提出帳票を簡単に作成することができるソフト「帳票作成ツール」現場サポート社からフリーで提供が開始されました。
施工体系図作成画面打合せ簿作成画面

アプリケーションの説明はこちら
ソフトのダウンロードはこちら
帳票ツールバナー

氏名やメールアドレスなど必要事項を入力し、「インストール」をクリックするとインストール画面が表示されます。
インストール画面インストール画面

まずは工事ごとに現場情報を作成し、工事の情報を登録します。
現場情報の作成情報入力

帳票がプロセス別の準備されていますので、選択することで上記必要事項が入力された様式が用意されます。例えば、施工体制台帳を選択すると、工事打合せ簿や施工体制台帳等、必要な様式が一式用意されます。
施工体制台帳
様式様式
あとは用意された様式に、追加で必要事項を入力すると完成します。
PDFやExcelで保存
作成された様式はPDFで保存され、Excelでの保存も可能となっています。

帳票ツールバナー縦長

黒板を写し入れることができるiPhoneアプリ「工事写真」

下の写真のように、写真の中に黒板を写し入れることができるiPhoneアプリ「工事写真」。
工事写真
黒板の文字はもちろん編集が可能ですし、黒板の拡大や縮小、写し入れる場所の移動などを行うことができます。
また、黒板も様々な種類が用意されているため、発注者にあわせて選択できます。

工事写真 - Booth
工事写真 - Booth

詳細な説明はこちらのサイトに掲載されています。
http://www.booth-web.com/app/kojishashin/

色々なネットストレージサービスを一括で見ることができるフリーソフト「Gladinet Cloud Desktop」

現在提供されている様々なインターネットストレージサービスをエクスプローラのような画面で一括で見ることができるフリーソフト「Gladinet Cloud Desktop」。

Gladinet Cloud Desktop
http://www.gladinet.com/p/moreaboutDesktop.htm

ネットストレージ設定

ネットストレージへの自動のミラーリング設定も可能なので、重要データのバックアップに利用することができます。
もちろん、ネットストレージから直接ダウンロードしたり、アップロードすることも可能です。

アップロード

使えそうなサービスなので、メモ代わりに残しておきます。

オンラインアプリケーション、マイクロソフトの「Office Web Apps」

MicrosoftOffice2010が発売されましたが、Webブラウザ上でオフィスを編集することができる無料のオンラインアプリケーションとして、「OfficeWebApps」も開始されました。
WebApps

Office Web Apps
http://www.microsoft.com/japan/office/2010/webapps/default.mspx

使えるソフトは、ワード、エクセル、パワーポイント、ワンノートの4種類。
WindowsLiveへの登録が必要で、保存したデータは、SkyDriveに保存されます。

下記画面は、ExcelとPowerPointですが、細かい機能はないにせよ、あらかたの機能は網羅されているので、問題なく使えそうです。
ExcelPowerPoint
操作も2010っぽいリボンになっております。
また、Googleドキュメントのように、共同作業も可能となっております。
出先などから作成しなければならないときなど、重宝しそうです。
セキュリティの問題などが克服されれば、完全なクラウドコンピューター化されるのは近いかもしれませんね。

また、iPadでOfficeWebAppsを試した記事がありましたが、
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20414925,00.htm
Excelのみ作成と編集が可能だったようです。

「Google Chrome」をCドライブ以外にインストール「SRWare Iron」

Cドライブの空き容量に苦労しながら、アプリケーションをCドライブ以外にインストールすることがあるかと思いますが(最近はドライブの大容量化で少なくはなりましたが)、Googleのアプリは諸事情でCドライブ以外にはインストール出来ない場合が多いようです。

ブラウザソフト「GoogleChrome」も同じように現在のところCドライブ以外にはインストールできませんが、GoogleChromeにそっくりなソフト、「SRWare Iron」ならどのドライブにもインストールができます。

SRWare Iron
SRWare Ironバージョン
http://www.srware.net/en/software_srware_iron_download.php

インストール時は英語かドイツ語しか選択できませんが、英語を選択してインストールしたところ、上記のキャプチャのように、メニューなどは日本語化されています。
Googleアカウントを使って、ブックマークの同期化も可能です。
ブックマーク


関連情報
Googleデスクトップ検索のデータをCドライブ以外に保存させたい。
Googleデスクトップヘルプ「他のドライブへのインストール」

動画を回転、再生速度編集、2つ並べて1つの動画に編集

自分へのメモも含めて、動画の編集ソフトや掲載ページなどをまとめました。

解析動画と実験の動画を並べて一つの動画を作成するという任務ですが、
元の動画の向きがあっていないため、動画を回転する必要もありました。
さらには、スピードがあわないため、再生スピードを編集して保存する必要も。

これらの編集に利用したソフトなどのまとめです。

1.動画を回転する方法-Windowsムービーメーカー
身近なソフトで可能でした。
http://www.popxpop.com/archives/2007/03/90.html

2.再生速度を編集して保存する方法-SEffect
動画を簡単に編集することができます。カットや再生速度など、マニュアルを読まずにできるのが便利。AVIへの変換も可能です。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/021019/n0210191.html

3.複数の動画を並べて再生する動画に編集-ParallelAVI
シェアウェア(2205円)ですが、試用(細い×印が入ります)でも利用可能です。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se395457.html

他にも、利用することができるソフトがありましたら、コメント頂ければ幸いです。

持ち運べる最新の「Portable Google Chrome」

本家、「Google Chrome」は自動的にバージョンアップされていきますが、USBメモリやHDDで持ち運ぶことができる、モバイル版とも言える「Portable Google Chrome(ポータブルグーグルクローム)」は手動でバージョンアップしなければなりません(ドイツ版などにはアップデーターがついていますが)。日本語版の最新バージョンは、ベータ版で4.0.223.16、リリース版で3.0.195.33。
日本語版
バージョン
Portable Google Chrome Beta 4.0.223.16
Portable Google Chrome 3.0.195.33


本家「Google Chrome」と異なり、インストールする必要がありませんので、ネットブックなどのようにハードディスク容量が小さいパソコンにも有効です(接続している外付けHDDやUSBメモリにプログラムを保存)。

関連記事
インストール不要、HDDやUSBメモリで持ち運べるソフトと管理するランチャー
話題の「Google Chrome」をUSBメモリやHDで持ち歩き

2010.1.19更新(ベータ版V4,リリース版V3へバージョンアップ)
2009.6.13更新(28→31へバージョンアップ)
2009.5.25作成

【日本語入力】 フリーの日本語入力ソフト「Google日本語入力」

ついにGoogleからフリーの日本語入力ソフトが登場しました(2009.12.3)。
辞書本体は、インターネット上に掲載されている用語を元に自動的に辞書を生成するため、専門用語や人名なども変換が可能です。

ダウンロードはこちらから。
日本語IME
Google日本語入力
http://www.google.com/intl/ja/ime/index.html

ダウンロード後に再起動すると、IMEに表示されます。
日本語IME

Web上で使われている用語を利用するだけあって、「覆工板」や「塩ビ管」なども細かい変換設定必要なく変換が可能です。
覆工板塩ビ管
動作も少しずつ安定しているようです。

以下、Wikipediaより引用
Googleで「もしかして機能」を担当、形態素解析エンジンMeCabの開発者でもある技術者の工藤拓が、その経験から日本語入力ソフトウェアとしての可能性を感じ、またオープンソースの日本語入力ソフトウェアPRIMEの開発経験を持つ技術者の小松弘幸もアイディアを温めていた。 その後、この二人が中心となって「20%ルール」(勤務時間の20%を自由に使って良いというGoogleの社内ルール)のプロジェクトとして開発を開始し、この分野に詳しい貢献者を徐々に増やしながら2009年12月3日の公開に至った。

GoogleカレンダーとMicrosoftOutlookのカレンダーを同期する「GoogleCalendarSync」

以前、予定表のカレンダーにはMicrosoftOutlookのカレンダーを使用していましたが、昨年あたりから便利なGoogleカレンダーを使用しています。
ウェブ上に予定表を保存しているので、携帯電話からでも確認することができますし、PDAとの同期も可能です。

今回紹介するのは、さらにMicrosoftアウトルックのカレンダーと同期するフリーソフトです。
英語版ですが、Googleから正式に提供されています。

GoogleカレンダーとOutlookを同期させる「Google Calendar Sync」
http://www.google.com/support/calendar/bin/answer.py?answer=89955

モードはどちらを優先するか、もしくは両方を反映するかの3モードあります
・2way:GoogleカレンダーとOutlookの両方の予定を反映するモード
・1way Google Calendar to Microsoft Outlook calendar:Googleカレンダーの変更をOutlookに反映するモード
・1way Microsoft Outlook calendar to Google Calendar:Outlookの変更をGoogleカレンダーに反映するモード

詳細は下記のサイトが参考になります
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/04/14/gcs/index.html

インストール不要、HDDやUSBメモリで持ち運べるソフトと管理するランチャー

最近USBメモリや外付けハードディスクにソフトを入れて持ち運ぶ方が多くなりました。また、内蔵のハードディスク(SSD)が少ないネットブックなどでも外付けにアプリケーションを入れることができる(インストール不要)ので、非常に有効です。
私も、数台のパソコンを会社や自宅で使用しているので、データとソフトを持ち歩いています。

そして、持ち歩いているソフトを管理することができるランチャー「PortableApps Platform」。起動するとタスクバーの通知エリアにアイコンが表示され、クリックすることによりWindowsのスタートのようにソフトの一覧を表示してくれるので非常に便利です。
PortableAppsPlatform
インストール後に作成される「PortableApps」にソフトが入ったフォルダをコピーし、「オプション」→「アプリケーションアイコンの更新」を行うと、実行ファイルがPortableAppsに登録されます。

ダウンロードはこちらからできますが、最初から持つ運ぶことができる複数のフリーソフトを一緒にダウンロードすることも可能です。
Download PortableApps.com Suite and Platform
Download PortableApps.com Suite and Platform

ちなみに私が現在持ち歩いているソフト達はこちら。
持ち運んでいるソフト達

CADソフト
JW Cad Portable
LiteCAD

オフィスソフト
OpenOffice.ORG

ブログ投稿ソフト
BlogWrite

画像関連ソフト
Clip to JFIF
F6Exif
CrenaHtml2jpg
ExifReader
GIMP Portable

ウェブブラウザ
FireFoxPortable
Portable Chrome
DonutRAPT
Opera@USB(未使用)
Lunascape4 Pocket

ユーティリティ
Namery
DomainView
EZMirror
IDManager
J-Shutdown
Scanner

高速化・安定化・セキュリティが強化された新しい「InternetExplorer8」

先週からマイクロソフトの新しいインターネットエクスプローラ8、いわゆるIE8が正式に公開されました。
これまでの、IE7では様々な問題点などがあり、他のブラウザソフトにシェアを譲っていましたが、やっと挽回できるチャンスがやってきたのではないでしょうか?
私も早速導入してみました。

ダウンロードページ「Internet Explorer 8 : かつてない新機能」
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/function/default.mspx
Internet Explorer 8 : かつてない新機能
見た目は大きく変わっていませんが、細かいところで使いやすくなっていますし、なんと言っても動きが軽くなっています。
IE8IE8
上記のダウンロードページで、機能紹介をアニメで見ることができます。

こちらは、新しくなった「Safari4]、相変わらずビジュアルがすごいです。
Safari
ダウンロードページ
http://www.apple.com/jp/safari/
機能紹介はこちら
http://www.apple.com/jp/safari/features.html

ExcelやWordなどの印刷イメージをそのまま画像データ(Jpeg)に変換するソフト(そのままJPEG)

ExcelやWord、CADなどの印刷イメージをそのまま画像に保存したい場合に便利なソフト「印刷データ画像化ソフト そのままJPEG」。
 
画面からのキャプチャでは、解像度に限界があるため、Googleスケッチアップなどを、きれいなJpegに変換したい場合に便利です。
AcrobatやDocuWorksを経由しての変換方法はこちら

ソフトをインストールすると、下記のように「そのままJPEG Printer」というプリンターが追加されますので、
プリンタに追加
印刷時のプリンタの「そのままJPEG Printer」を選択し、印刷するだけです。
プリンタ選択
印刷(変換)が完了すると、下記のように保存画面がでてきますので、保存先や解像度などの設定を行うことができます。
保存画面保存画面複数ページ
複数ページでも問題なく変換できますし、PNGやBMPへも保存できます。

以下、サイトよりその他豊富な機能
http://www.magnolia.co.jp/products/utility/sonj/1/
・JPEG/PNG/BMPから選択可能
・解像度を72/150/300カスタムから選択可能
・カラー/グレースケール印刷
・ページ数の印刷
・JPEG画質選択(100段階)
・プログレッシブJPEG出力
・保存後自動メール添付
画質設定サイズ設定

土木でも使える無料3次元CADソフト「Google SketchUp」

建築業界ではかなり有名になっているGoogleから無料で提供されている3DCADソフト「Googleスケッチアップ」ですが、今更ながら私も使ってみました。

ダウンロードは下記公式サイトから。
http://sketchup.google.com/intl/ja/

SketchUpSketchUp
何から初めて良いか分からない場合は、まず現在の2次元CADソフトで書いた平面図などをインポートしてみてください。スケッチアップのいわゆる床の部分に貼り付けられます(貼付後に尺度を変更した方が良いでしょう)。
後は、必要な部分を上から線でなぞり面を形成(自動)し、プッシュ・プル機能で所定の高さまで持ち上げれば3次元になります。

構造物の収まりや梁部などの複雑な鉄筋の取り合いなどを3次元で確認することができます。
取っつきやすいソフトですので、是非活用してみてください。

基本的な操作方法や活用事例などは追々「ちょっとしたテクニック」で紹介させていただきます。
活用編はこちらから
http://const.livedoor.biz/archives/cat_50028432.html

DocuWorksのファイルをCADに変換(PDFを経由して)

富士ゼロックスのドキュワークス(DocuWorks)に変換された図面ファイルを再度CADファイル(DXF・DWG)に変換して、AutoCADで開いてみました。
DocuWorksから直接変換する方法を見つけることができなかったため(ご存じの方はコメントにてお願いします)、一度PDFに変換してから、DXFに変換してみました。

前回、PDFからDXF変換に使用したソフトは、20回までフリーで利用することができる「Aide PDF to DXF Converter」でしたが、
http://const.livedoor.biz/archives/51035313.html

今回は、フリーで提供されている「CAD-KAS PDF2DXF 1.0」のデモ版を利用してみました。デモ版の制限は、複数ページのPDFでも最初のページしか変換できない程度で、その他は問題なく使用できました。

「CAD-KAS PDF 2 DXF」
http://www.cadkas.com/jhome.php
中段にある「PDF2DXF 1.0 (1.3MB) 5300円 (USD 49)」にある 「デモ版のダウンロード 」をクリック。

操作は簡単で、PDFファイルを開き
CAD-KAS
DXFに変換をクリックするだけ
CAD-KASCAD-KAS

試したファイルでもハッチングまで見事に変換することができました(寸法線やハッチングの細分化や文字の無変換などはありますが)。

ID・パスワード管理ソフト「ID Manager」

様々なサイトのIDとパスワードを管理することができるフリーソフトです。プログラムのフォルダごとUSBメモリに保存すれば、そのまま持ち運ぶことができます。

ID Manager
http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

ソフト起動時にはパスワードの入力が求められるため安心です。また、登録されているパスワードなどの情報は暗号化して保存されていますので、セキュリティ面も安心。
ログオン

こちらがソフトのメイン画面。
全体画面
左側にサイト名などの項目がツリーで表示され、右側に選択したサイトのID・パスワード・URLなどが表示されます。フォルダを作成したり、順序を入れ替えたりできるので、整理に便利です。

URLの左側にある地球マークのアイコンをクリックすると、インターネットエクスプローラが起動し、登録したサイトページが表示されますので、ログインID箇所をクリック(カーソルを移動)し、Titleの左側にある一括貼り付けアイコン(ID・Pと表示されたフォルダマーク)をクリックすると、ログインIDとパスワードが入力されます。
タスクバーの通知エリアにも表示されるので、左クリックでソフトの起動、右クリックでサイトのページを開いたり、ID・パスワードを一括貼り付けすることができます。
さらに、一括貼り付けボタンクリック時の動作など、細かな設定変更も可能です。

タスクバー右クリック

USBメモリなどで持ち運ぶことができる無料のオフィスソフト

フリーで、マイクロソフトオフィスと互換性が高いと評判の「OpenOffice.ORG(オープンオフィスドットオルグ)」ですが、バージョンアップにより、MicrosoftOffive2007シリーズのファイル形式にも対応しました。
http://ja.openoffice.org/

そして、このソフトをUSBメモリや外付けハードディスクに入れて持ち運ぶことができます。

OpenOffice.org Portable
http://portableapps.com/apps/office/openoffice_portable/localization
OpenOfficeORG
Accessに対応したBase(ベース)やPowerPointに対応したImpress(インプレス)なども含まれていますので、パソコンを借りるときなどに便利です。
 

Office2007のリボンメニューを以前のアイコンメニューに変更

Office2007をインストールされた方から、新しいリボンメニューが使いにくいとの相談を受けました。

Office2003以前のようなアイコンメニューをリボンに表示させるフリーソフト(アドイン)が公開されています。
以前のメニュー

「Office 2007 オールドスタイル メニュー アドイン」
ダウンロードページ
http://members.at.infoseek.co.jp/dr_admk/o2007oldui/

また、リボンメニューを隠すことも残すこともできます。
メニュー設定
リボンメニューと以前のツールバーを両方表示しておけば、便利なリボンにも慣れるのではないでしょうか。

窓の杜紹介記事
http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/04/21/offece2007osa.html







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ






工事現場用カメラ


こんなケースも


工事現場用ネックストラップ
 


=現場プリンタ=
A3版対応両面印刷複合機
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ