現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

便利なソフト(シェア&フリー)

フリーウェアのPDF作成ソフト(JACICサイト)

JACICの建設用プログラム紹介ページに、
フリーのPDF作成ソフトについて丁寧に紹介されています。

フリーウェアのPDF作成ソフト
http://www.jacic.or.jp/feature/program/017pdf/pdf_2.htm

PDFソフト紹介
また、PDFの概要や特徴も参考になります。

ジャストシステムのブログ投稿ソフト 「xfy Blog Editor」

Justsystemからもブログ編集ソフトが無償公開されていましたので、早速試してみました。

他のブログ投稿ソフトはこちら
BlogWrite
Microsoft WindowsLiveWriter

「xfy Blog Editor」ダウンロードサイト
http://www.xfy.com/jp/blog/download/index.html

ブログの追加は、あらかじめ用意されているブログサービスであれば、IDとパスワードの入力で設定が終了します。
xfyxfy

過去記事をブログから取得することも簡単にできます。
xfy

ブログ編集画面はこんな感じ。カテゴリーやトラックバックももちろん設定することが可能です。
xfyxfy

また、コミュニティサイトでは、さまざまなプラグイン(拡張機能)が用意されています(GoogleMapのプラグインもあります)。

欠点は、写真のサムネイルアップには拡張機能が必要なこと。また1枚ずつしか設定ができないのは、BlogWriteやWindowsLiveWriterと比較して弱いところでした。

遠隔操作フリーソフト「CrossLoop」 がバージョンアップ

「HeavymooN ~今日のオモイツキ~」さんのブログで教えていただきましたが、CrossLoopがVer 2.0にバージョンアップされました。
公式サイト
https://www.crossloop.com/landing.htm

CrossLoop

ソフトの詳細はこちら ↓
簡単!遠隔操作(画面共有)フリーソフト「CrossLoop」
http://const.livedoor.biz/archives/51036369.html

パソコンを2台使用して、効率アップ (リモートコントロール)

以前、遠隔操作のソフトとして「CrossLoop」 をご紹介いたしましたが、今回はサーバとしてソフトを常駐させておけばいつでも遠隔操作(リモートコントロール)できるというフリーソフトです。
【参考】簡単!遠隔操作(画面共有)フリーソフト「CrossLoop」

リモートコントロールできるソフトも様々ありますが、近く(同一ネットワーク上)にあるパソコンでしたら、この「UltraVNC」ソフトが便利です。
サーバ設定画面ビューワ設定画面
遠隔操作される側に「UltraVNCサーバ」を常駐させパスワードを設定い、後は遠隔操作する側のパソコンで「UltraVNCビューワ」を起動させて、IPアドレスとパスワードを入力するだけ。

遠隔操作するまでは、マニュアルやヘルプ等を見ることなく簡単にできました。
ビューワ画面
ファイルの送受信機能なども備わっています。他にもまだ機能があるようですので、もう少し研究してみたいと思います。

NANASI's Home Page
http://kp774.com/soft/uvnc_jp/
UltraVNC のすすめ
http://winofsql.jp/VA003334/PROwindows070408165408.htm
アットマーク・アイティ
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/934vncinstvw/vncinstvw.html

これで、卓上に2台のパソコンを置くことなく、2台のCPUを活用して業務を行うことができます。
現場で設置している共有パソコンへ移動する必要もなくなります。

インターネット経由(遠くのパソコン)では、
リモートPCミスターオン
http://www.i2-jp.com/index.html
などが便利そうです。

動画ファイルを結合するフリーソフト

発注者へ動画ファイルを提出する事例が出てまいりましたが、複数の動画ファイルを結合して一つの動画ファイルにすることができるソフトを紹介します。

「UniteMovie」
ソフトをインストールする必要がないので、会社のパソコンでの使用も安心です(ウィルススキャンは忘れずに!)
UniteMovie.JPG
ウィンドウに結合したいファイルをドラッグアンドドロップし、結合をクリックするだけです。

ファイル形式によっていくつかのソフトが必要になりますが、詳しく説明されているWebサイトが表示されるので、読めば分かりますし、ダウンロード後に解凍したファイルを「UniteMovie」のプログラムと同じフォルダに移動すればOKです。

Vectorサイト
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se233899.html
作者サイト
http://red.sakura.ne.jp/~anonymouse/

簡単!遠隔操作(画面共有)フリーソフト「CrossLoop」

困ったときのパソコン遠隔操作 別の場所にいる相手のパソコンを、インターネットを利用して遠隔操作することができる建設ブロガーの間でも話題のフリーソフトを紹介します。

画面共有ユーティリティ「CrossLoop」
http://www.crossloop.com/
08-01.JPG
デスクトップを共有することができる遠隔操作ソフトは色々とありますが、このソフトはフリーなうえ、難しい設定なしで遠隔操作を行うことができます。 

遠隔する側(ゲスト)と遠隔される側(ホスト)の両方に、「CrossLoop」をインストールします。
ソフトを起動し、ゲストに対してホストへのアクセスコードを知らせ、接続を確立するものです。

[ホスト側:遠隔される側]
ソフトを起動し、ホストをクリックします。アクセスコードに12桁の数字が書いてあるので、これをゲスト(遠隔する側)に伝え、接続をクリックします。

 [ゲスト側:遠隔する側]
ソフトを起動し、ゲストをクリックします。ホスト側から聞いたアクセスコード12桁を入力し、接続をクリックします。アクセスコードが認証されると、ホスト側に「共有してもよろしいですか?」と警告がでますので、「はい」をクリックすると遠隔操作が可能になります。
08-02.JPG08-03.JPG

下記は、デスクトップからノートを遠隔操作しているところです。非常に簡単で便利です。
08-05.JPG

便利なランチャーソフト「Special Launch 4」がさらに便利に

2年以上愛用しているランチャーソフト、「Special Launch 4」。私の使用するパソコンすべてに入れているくらい活用していますが、さらに便利なプラグイン機能が増えていました。
http://const.livedoor.biz/archives/25551629.html
http://splnch.sourceforge.jp/
05-01.JPG
オススメのプラグインは、「Windowsの終了」。Windowsのシャットダウンや休止状態をワンクリックで行うことができるボタンを追加することができます。特にVistaをお使いの方にはオススメです。

各種ダウンロードページからプラグインをダウンロードすることができます。
WS000007.JPG

続きを読む

動作が軽いウィルス対策ソフト「Internet Security 2008」

一昨年までは、ずっと「Norton Internet Security」を利用していましたが、その動作の重さに我慢できず、昨年から「WindowsLiveOneCare」を利用していました。
しかし、このソフトも意外と動作が気になり不満を抱いていたところ、先日動作が軽いという「Norton Internet Security 2008」が発売されましたので、早速導入してみました。

Norton Internet Security 2008

Norton02.JPGNorton01.JPG
ダウンロード版ですと、6300円。しかも、これで3台までインストール可能です。
インストールして2日ほど経過しますが、動きは快適で、動いているのか心配になるほどです。
また、IDとパスワードの管理機能もついているので、インターネットを利用する際には、非常に便利です。

パッケージ版もあります。
 

BlogWriteのプラグイン機能(アフィリエイト)

Adec'Kさんのブログで、愛用しているブログエディタ「BlogWrite」にアフィリエイト機能がついたことを知りました。
さっそく、「BlogWrite」のサイトで確認。
http://www.witha.jp/BlogWrite/plugins.html

ソフト自体がバージョンアップされている上、プラグインも増えていました(しばらくチェックしていませんでした)。
アマゾンのアフィリエイト支援のためのプラグイン、「AmazoTab」を導入してみました。

編集画面に、「amazlet」というタブが増えており、ここでアフィリエイトを作成することができます。
amazlet.JPG
リンクの貼り付けは、残念ながらコピーして貼り付けですが。

試しに、アフィリエイトを作成してみました。

I-O DATA機器 USB 2.0/1.1対応 1.8インチバスパワー駆動スマートモバイルハードディスク 60GB HDMX-SU60

複数のAutoCAD図面を一括でPDF化

古いAutoCADの図面ファイルって、どう保存されていますか?
dwgファイルのまま保存しているのがほとんどかと思いますが、いざ再利用しようとすると、レイアウト空間が複数あったり、レイヤの設定が分からなくなっていたりで、本来の図面を得られない場合が多々あります。
また、AutoCADには、印刷設定方法に様々な方法があるため、作成者の癖を読み取る必要があります。
当社でも、正規の図面を保存するために、最終版として納品した図面をスキャンPDFしたものを保存し、CADファイルを再利用する際は、スキャンしたものと違いがないか確認するようにしています。

前段が長くなりましたが、今回紹介するソフトは、複数のdwgファイルを一括でPDFファイルに変換することができるソフトです。

「AutoDePDF Professional ver2」
http://www.microarts.jp/product/autodepdf/index.html

AutoDePDF.JPG

AutoCAD印刷には様々な癖がありますが、その辺も、このソフト上で、AutoCADとほぼ同様な印刷設定が可能なため、思い通りのPDFを作成することができます。
また、PDFファイルに変換前のオリジナルCADファイルを自動的に添付する設定も可能です。

さらに、AcrobatでPDF化するよりもファイルサイズが軽くなるという利点もあります。

パソコンのソフトをすべてフリーで (中古パソコンの活用)

社内事ですが、4年間利用した中古パソコンの格安販売があり、先日手元に届きました。
OSはWindows2000、付属ソフトはCDライティングソフトのみ。
もちろん、ExcelやWordは入っておりません。
そこで、無料で利用できる各フリーソフトをまとめてみました。

1.まずは、WindowsUpdate
最初に、ウィンドウズアップデートを実施しましょう。
OSがもちろん無料で最新版になります。
WindowsUpdateアイコンか、InternetExploreのツールから。

2.ウィルス対策ソフトのインストール
インターネットに接続するでしょうから、ウィルス対策ソフトは必ずインストールしましょう。
ウィルス対策ソフトもフリーで色々でていますが、例として下記のようなソフトがあります。
・Free antivirus - avast! 4 Home Edition(下の方にあるJapanese version )
 http://www.avast.com/eng/download-avast-home.html
他ソフト「GAGAZINE:アンチウイルスソフトウェアランキング、最強はどれ?」参照
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060905_antivirus/

3.マイクロソフト互換フリーソフト
ExcelやWord、PowerPointなども互換ソフトがフリーで提供されています。
・OpenOffice.ORG
http://const.livedoor.biz/archives/50824370.html

4.PDFソフト
・PDFを閲覧するだけでしたら、本家のAdobeReaderをオススメします。
AdobeReader(現在V8.1)
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html
・PDFを作成するのでしたら、「瞬簡PDFゼロ」
http://const.livedoor.biz/archives/50739282.html

5.一太郎のファイルを崩さずに閲覧、印刷
・一太郎ビューワ
http://www.ichitaro.com/try/taro/viewer.html

6.写真管理ソフト
・GooglePicasa
http://const.livedoor.biz/archives/50144069.html
・VIX
http://homepage1.nifty.com/k_okada/

7.AutoCADビューワ
・DWG TrueView
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/index?siteID=1169823&id=9149770
・Bentley View XM Edition
http://www.bentley.co.jp/products/eng_design/BentleyView.html

8.ファイル解凍ソフト
・+Lhaca(ラカ)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se166893.html
・Lhasa32
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se026842.html

他にも役立つフリーソフトがたくさんあります。
Vector
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se166893.html
窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp/
現場主義(ソフト)
http://const.livedoor.biz/archives/cat_1324564.html

FirefoxでRSSリーダー

今まで、RSSリーダーには、「Headline-Reader」を持ち歩いているUSBメモリにインストールして使用していました。
http://www.infomaker.jp/headline/
結構動きが速く、使いやすかったのですが、ひょんなことから登録していたRSSがすべて消えてしまいました。

で、飽きっぽい私は、新しいRSSリーダをインストールしようと試みております。

目をつけたのは「Firefox」、2年前に再チャレンジして以来の3度目のチャレンジ。
http://const.livedoor.biz/archives/26749543.html

まずは、複数のパソコンで使用したいので、Firefoxのポータブル版をインストール。
日本語版は、1.5のため、英語版の「Firefox Portable 2.0.0.4」をインストールし、日本語化。
http://const.livedoor.biz/archives/50932665.html

ここからが、「Firefox」のRSSリーダー化。
(これがなくても、Firefoxでは、ブックマークでRSSを見ることはできます)

方法は、下記サイトから「sage-1.3.10-fx.xpi」ファイルをダウンロードし、Firefoxにインストール(ドラッグアンドドロップ)。

Sageサイト
http://sage.mozdev.org/install/

下記のように、サムネイル的にRSSを見ることができます。
sage.JPG

もちろん、購読のチェックも可能です。しばらくは使ってみようと思います。

USBメモリで持ち運べる「Firefox Portable 2.0.0.4」

USBメモリや外付けHDで、ソフトごと持ち運ぶことができる「Firefox Portable」、日本語版は1.5までなのですが、最新バージョンの「2.0.0.4」をインストールし、日本語化してみました。

1.まず、FirefoxPortableの最新版をダウンロード。
http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable
Firefox_Portable01.JPG

2.下記サイトから、「switch-locales-2.0.xpi」をダウンロード。
http://benjamin.smedbergs.us/switch-locales/
Firefox_Portable02.JPG

3.下記サイトから、「ja.xpi」をダウンロード。
http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/2.0/win32/xpi/
Firefox_Portable03.JPG

4.上記2つの「xpi」ファイルをインストール(Firefoxにドラッグアンドドロップし、インストールをクリック)。
ソフトを再起動後に、Tools内のLangueagesをJapaneseに設定し、さらに再起動。
以上で、日本語版の「Firefox Portable 2.0.0.4」が完成です。
Firefox_Portable04.JPG

エクスプローラをタブ化 「QTTabBar」

インターネットエクスプローラがタブ化され、タブの使いやすさが浸透してきましたが、
(それでもIE7は使いづらいので、DounutRAPTを使っていますが)
同じように、エクスプローラもタブ化するフリーソフトがあります。

QTTabBar.JPG

仕事をしているうちに、開いているエクスプローラがたまり、何気なく閉じた直後に、また開きに行く、なんてことありませんか?
このソフトをインストールすれば、エクスプローラのツールバーとしてタブが導入できます。タブですので、開いているフォルダが一目で分かりますし、エクスプローラを複数開く必要もありません。
新しいタブでフォルダ開くときは、ホイールをクリックか、フォルダをSHIFT+クリック。
ドラッグアンドドロップでファイルの複写・移動も可能ですし、タブをグループで開くことも可能です。
意外と便利なソフトです。

Vector
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se395892.html

公式サイト「とりあえずのページ」
http://members.at.infoseek.co.jp/Quizo/freeware/

Webで動く無料のOffice互換ソフト「ThinkFree Office(てがるオフィス)」

前回、MicrosoftOffice互換のフリーソフト「OpenOffice.org v2.1 日本語版」を紹介しましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/50824370.html
今度は、インターネットWeb上で、無料のオフィス互換ソフトが使用できるサービスがあることを、ソースネクストのダイレクトメールで知りました。

ThinkFree Office(てがるオフィス) http://www.thinkfree.co.jp/
thinkfree.JPG

使用できるオフィスのファイルは、Word・Excel・PowerPointの3種類。
インターネットさえできれば、いつでもどこからでも編集や印刷することができ、さらに1GB(1ファイルは最大10MB)のユーザースペースが用意されています。

左がワード、右がエクセル。
thinkfree(Word).JPG thinkfree(Excel).JPG
ツールバーなど、操作性はマイクロソフトオフィスとほとんど変わりませんし、ファイルの新規作成はもちろん、既存ファイルのアップロードもできます。

パワーポイントも使い勝手は満足です。
thinkfree(PowerPoint).JPG
ウェブ画面を超えて、全画面でスライドショーを行うこともできます。

無料Office互換ソフト「OpenOffice.org v2.1 日本語版」

「Microsoft Office」互換のフリーのソフト。ソフトを購入できない場合や、短期間のリースパソコンへのインストールに有効です。さらに、実務に耐えられるレベルとなっています。
私の場合、Vista上のVirtualBox内のWindows2000で使用しています。
アイコン.JPG

ワープロ:「Writer」
表計算:「Calc」
データベース:「Base」
プレゼンテーション:「Impress」
描画:「Draw」
数式エディタ:「Math」

こちらは、Excelと互換がある「OpenOffice.org Clac」。
Calc.JPG
画面構成や、操作性はExcelと似ていますので、簡単に操作することができます。
(VirtualBox上のWindows2000で起動していますが、16色設定のため、実際はもっときれいです)

仮想PC「VirtualBox」については、こちら。
http://const.livedoor.biz/archives/50780985.html

窓の杜サイト
http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/offcsuite/openoffice.html
OpenOffice.org 日本ユーザー会
http://ja.openoffice.org/

 Use OpenOffice.org 

アポロ様よりコメントでv2.2が公開されている情報を頂きました。
アポロ様の「アポラボ」にインストール方法など分かりやすく書かれています。
http://www.geocities.jp/imocha/lab/apolab_2007-05-20_02-21-00.html

漢字変換はやっぱりATOK(エイトック)

WindowsVista購入の際にMicrosoftOffice2007を購入したため、漢字変換には、しばらくMicrosoft IME 2007(MS-IME2007)を使用していましたが、やはり変換能力の低さが我慢できないため、ATOKを購入しました。

  

しかも、ジャストシステムのサイトからダウンロード版を購入すれば、すぐに利用することができます。
http://www.atok.com/2007/price/index.html

ちょっと長めの文章や議事録などを書く際には、かなり重宝します。
私の場合、早期からMS-IMEを利用していたため、ATOKをMS-IME仕様で利用していますが。

無償スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」

スパイウェアなど迷惑ソフト対策のソフトがMicrosoftから無償で公開されています(公開は昨年11月)。

=以下マイクロソフトサイトから引用=
Windows Defender は、スパイウェアなどの迷惑ソフトウェアが原因で発生するポップアップ表示、パフォーマンス低下、セキュリティ上の脅威からコンピュータを保護することで生産性の低下を防止する無償プログラムです。このプログラムには、リアルタイム保護機能、検出されたスパイウェアに対するアクションを推奨する監視システム、ユーザーの作業の中断を最小限に抑えて生産性を維持できるシンプルな新しいインターフェイスが備わっています。

Windows Defender.JPG
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/default.mspx

セットアップ方法についても、下記のサイトにわかりやすく掲載されています。
Windows Defender をインストールしてセットアップする方法
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/spyware/software/support/howto/download.mspx

クセロのPDFソフト「瞬簡PDF」が無料公開

PDF作成ソフトのクセロ「瞬簡PDF」から無償版が登場しています。完全無料版は「瞬簡PDFゼロ」。

クセロPDF.JPG http://xelo.jp/xelopdf/

有償版との機能の差は下記サイトで確認できます。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se417415.html

【有償版の製品「瞬簡PDF」との違い】
●本ソフトウェアを使用する際、一定の間隔で標準 Web ブラウザを用いた広告ページが表示されます。
●上記の通り広告ページを表示するため、インターネットへの接続が必要となります。本ソフトウェアは、インターネットに接続されていないコンピュータではご利用いただくことができません。

有償版は2980円です。

BlogWriteをUSBメモリにて持ち歩く設定方法

ブログの書込みに「BlogWrite」と言うソフトを利用していることは、以前書かせて頂きましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/50664326.html
BlogWrite.jpg

このソフトを選定した大きな理由は、USBメモリにプログラムやデータ、設定などすべて持ち歩くことができるからです。
これにより、モバイルや自宅のパソコンで、同じ環境でそれぞれ作業を行うことができます。
他にもいくつかのソフトを試しましたが、この「BlogWrite」以外にこのことができるソフトを探し出すことはできませんでした。(情報お待ちしています)

<設定方法>

データファイルの場所は、実行ファイル(BlogWrite.exe)があるフォルダ内かDocument and Settings フォルダ内をを選択できます。

デフォルトですと、 C:\Documents and Settings\ログインID\Application Data\witha\BlogWrite 内に、データファイルができます。
これらのファイルを、BlogWriteの実行ファイルがあるフォルダに移すだけです。

BlogWriteは起動時に、BlogWrite本体がある場所に「BlogWrite.site」を見つけるとそのデータを読み込み、無ければ、Documents and Settingsの方を探しに行きます。どちらにも見つからなければ、Documents and Settingsに新たに生成する仕組みになっているとのことです。

今までアップした記事もすべて残るため、非常に便利です(過去記事をブログから取得することも可能です)。

プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


現在の閲覧者数:

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Rakuten

Pitta
楽天
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ