現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

ちょっとしたテクニック

【Excel】ピボットテーブルの活用

久々にピボットテーブルを活用しましたが、知っていると非常に便利な機能です。

今回、私が適用した事例は、「各現場の注文書のデータから協力業者毎の注文金額をまとめる、またどの現場で注文したか分かるように」というものでした。

イメージはこんな感じ

協力業者名 現場名 ○○○円
  現場名 ○○○円
  現場名 ○○○円
  小計 ○○○円
協力業者名 現場名  
  ・・・・  

ピボットテーブルなら、設定はこれだけ。
ピボットテーブル設定

これを、ソートや合計などの機能で行っていたら、1日仕事になってしまいます。
ピボットテーブルの、現場での活用事例がありましたら、是非コメントで教えてください。

A1のCAD図面をA3プリンターで分割印刷

かなり安価になり普及してきたA1プロッターですが、まだまだ高価で大型のため常備していない現場が多いのではないでしょうか。
 
A1のCAD図面が必要なときは、コピー業者や支店など大型プリンタが常備されている処へ持ち込みますが、いざA1で印刷してみたら、文字が思ったより小さい、見えないなど、納得いかないことがありませんでしょうか?

先日も、A1のAutoCAD図面をA3のプリンタで4枚に分けて印刷するよう依頼を受けましたが、方法をいくつか紹介します。

方法1.印刷範囲にて、窓や表示画面を用いて、4分割しながら印刷
窓.JPG

方法2.AdobeAcrobatの分割印刷機能を利用
AdobeAcrobatの印刷機能には分割印刷機能が付いています。
CAD図面を、A1サイズでPDF化する必要はありますが、簡単に分割印刷することができます。
分割印刷01.JPG分割印刷02.JPG
左のように、A3で4枚印刷の予定が6枚になってしまうときは、余白をトリミングで削除したり、印刷縮尺を98%など(縮尺は若干ずれます)に設定すると、右のようにA3・4枚に納まるようになります。

方法3.プリンターの分割機能を利用
下記のように、ポスター印刷機能など分割印刷機能が付いているプリンターもあります。
ポスター印刷.JPG

その他にもお手軽な方法があるようでしたら、コメントで教えていただきたいと思います。

AutoCADで画層プロパティ管理が開かない現象

※コメント頂きましたとおり、セカンドモニタなどに表示されている状態で、隠れているパターンが一番多いようですので、まずはこちらをご確認ください。

それでも、表示できない場合は以下をご参照ください。

先日、AutoCADLT2006で画層プロパティ管理が表示されないという症状について質問させていただきましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/51064554.htm
Adec'Kさんからコメントで解決策情報を教えていただきました。

「AutoCADのユーザーが、自分自身でCADをカスタマイズするためのページ」である「mura's home」に同じような質問があり、その解決方法も色々と掲載されていました。
http://www.mura.sh/

解決策
別のユーザーを作成し、そちらでAutoCADを起動する。

これ以外にも様々な方法を試みましたが、本質的な解決には至りませんでした。
(レジストリも全て削除を行ったりしたのですが)
この他の解決策をご存じの方がいらっしゃいましたら、コメントをお願いいたします。

解決しなかった実施対応策(場合によっては下記によって解決することもあります)
1.サービスパックの適用
Autodeskサイトにサービスパックが掲載されているので、最新版を保つためにも適用をオススメします。
http://www.autodesk.co.jp/download
上記サイトより、「AutoCAD LT 2006 ServicePack 1」
2.アンインストール後のクリーンアップ
再インストールする方法ですが、ただ再インストールするだけでは、今までの設定ファイルが一部残ってしまいます。そこで、オートデスク社からダウンロードできるクリーンアップツールをオススメします。
http://www.autodesk.co.jp/download
上記サイトの「ツール」に各ソフトの「Cleanup Tool」が公開されています。
3.フォルダを変更して再インストール
再インストール時、カスタム設定にて、インストール場所を変更
例「AutoCAD LT 2006」→「AutoCAD LT」など
4.該当するレジストリの全削除(自己責任でお願いします)

【EXCEL】コピーしたものを縦横入れ替えて貼付

行列入替01.JPG行列入替02.JPG
上記のように、横に集計したものを、まとめなどで縦に貼り付けたい場合はないでしょうか?

先日、作業を見ていたら、一つずつリンクで持ってきたり、印刷してから紙を見ながら入力していたので、「行列を入れ替える」を活用した、行と列を入れ替えたコピー・貼付を助言いたしました。

方法は簡単で、普通にコピーします。
その後、貼り付ける場所で、右クリック「形式を選択して貼り付ける」で、右下にある「行列を入れ替える」にクリックして「OK」。これで、縦横が入れ替わって貼り付けることができます。
行列入替03.JPG

また、計算式の解やリンクを切り離したいときは、貼付方法で「」を選択すると、値そのものを貼り付けることができます。

【AutoCAD】バージョンを変換できるフリービューワソフト

5月に「AutoCADLT2008・2007ファイルをバージョンダウン変換できるフリーソフト」として「DWG TrueConvert」を紹介しましたが、現在ではAutoCADのフリービューワソフトである「DWG TrueView 2008」でもバージョンアップ・バージョンダウンができるようになっています。
http://const.livedoor.biz/archives/50841649.html

Autodesk 「DWG TrueView 2008」 公式サイト
http://www.autodesk.co.jp/dwgtrueview
TrueView00.JPG
ソフトのインストール上記サイトから「DWG TrueView 2008」をダウンロードできますが、123MBありますのでご注意ください。

=変換手順=
1.「DWG TrueView」を開き、ツールバーの「ファイル」内にある「DWG変換」をクリック
TrueView01.JPG
2.ドラッグアンドドロップか、ファイルの追加で変換したいファイルを追加
TrueView02.JPG
3.変換設定をクリックし、変換設定の修正で、変換するファイル形式を選択(変換形式の設定を保存することもできます)
TrueView04.JPG
4.最後に「変換」をクリックすれば、指定された場所に、変換されたファイルが保存されます

DWGバージョン変換ソフト「DWG TrueConvert」は現在も公開されています。ファイル容量が34MBと比較的小さいので、通信回線に問題があるようでしたら、こちらをオススメします。
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=7035853

PDFからCADファイル(DXFファイル)への変換

以前にPDFからCAD(DXF)ファイルへの変換方法をご紹介しましたが、先日、実際に行うことになりました。
http://const.livedoor.biz/archives/50715913.html

=使用したソフト=
DXF変換ソフト Aide PDF to DXF Converter
http://www.aidecad.com/pdf-to-dxf-converter.htm

このソフトは有料のソフトですが、トライアルとして20回まではフリーで利用することができます。

=作成手順=
下記のようなPDFファイルの図面をDXFに変換しました。
04-03.JPG

変換対象のPDFファイルを指定「add a PDF File」をクリックして、DXFファイルに変換するPDFファイルを追加します。複数の選択も可能です。出力先フォルダを「output DXF Folder」で指定します。
DXFファイルへコンバート ツールバーにある「Action」から「StartConvert」をクリックし、変換を開始します。
04-04.JPG

変換が完了すると、下記の通りDXFファイルがアウトプットで指定したフォルダに作成されます。
04-05.JPG

CADソフトで開いたDXFファイルですが、CADから直接DXFに変換されたPDFファイルでしたら、ほぼきれいにCADファイルとして変換が可能です。
04-06.JPG

ただし、下記の通り、文字やハッチングなども線として判断されてしまいますので、修正する場合はCADソフトでの編集が必要です。
04-07.JPG

また、CADから直接PDFに変換されたもの以外のPDFファイルも、このソフトを使用すればDXFに変換することが可能です。修正が必要ですが、図面をスキャンしたPDFファイルなどでも変換が可能です。

究極のファイルサイズ縮小方法

総合評価落札方式などの入札資料をExcelやWordで作成しますが、電子入札で添付する際に、添付できる容量に制限があるため、そのファイル容量で悩んだことはないでしょうか。

エクセルやワードなど、マイクロソフトオフィス製品では、「図の圧縮」でファイルサイズを縮小することができます。
http://const.livedoor.biz/archives/24611910.html

しかし、昨日もあったのですが、図が結合されていたり、貼り付けられている図がビットマップだったりすると、ファイル容量はそれほど小さくなりません。巡り巡ってきたデータは、様々な人によって様々な方法で図が貼り付けられているため、解読には時間を要します。

そこで、究極の方法ですが、図や写真の部分をキャプチャして、貼り付けなおしましょう

方法は至って簡単で、プリントスクリーンなどを利用しても良い(トリミングや図の圧縮が必要)ですし、下のようなソフトを利用してキャプチャデータのJpegファイルを作成し、図を入れ替えても良いです。
http://const.livedoor.biz/archives/50776155.html
winshot02.jpg

この方法により、短時間で50MBだったMicrosoftWordのデータが、160KBまでに縮小することができました。

【EXCEL】連続データとセルのコピー

セルを連続データコピーするのではなく、単なるコピーを素早く行う方法です。

WS000000.JPG
セルを指定して、右下(十字)クリックしたまま下へドラッグすると、
WS000001.jpg
下記のように連続データがコピーされます。
WS000002.jpg
ここで、同様の作業をクリックで行うと、ドラッグ後にウィンドウが出てきて、セルのコピーを指定することができます。
WS000003.jpg

連続データとセルのコピー、以下の様な違いです。
WS000004.jpg

【AutoCAD】LT2008・2007ファイルをバージョンダウン変換できるフリーソフト

当社では、AutoCADLT2006を使用していますが、ある発注者からAutoCADLT2008形式で図面ファイルが来るため、開けずに困っていましたが、Autodesk社からフリーで変換ソフトが公開されていました。

DWGバージョン変換ソフト「DWG TrueConvert」
TrueConvert(1).JPG
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=7035853

下記バージョンのファイル形式をまとめて変換することができる多機能変換ソフトです(バージョンアップもバージョンダウンも可能です)。
AutoCAD 2000 DWG 形式
  AutoCAD 2000、AutoCAD 2000i、AutoCAD 2002
AutoCAD 2004 DWG 形式
  AutoCAD 2004、AutoCAD 2005、AutoCAD 2006
AutoCAD 2007 DWG 形式
  AutoCAD 2007、AutoCAD2008

AutoCAD 2007 形式からのバージョンダウン(変換先バージョンを選択することができます)
TrueConvert(2).JPG

AutoCAD 2000 形式からのバージョンアップ変換
TrueConvert(3).JPG

【Office】Excelなどのアイコン設定(カスタマイズ)

手元のパソコンを再インストールしたため、各設定を自分仕様に戻しています。
その中の一つとして、マイクロソフトオフィス(MicrosoftOffice)シリーズのアイコン設定があります。

ExcelやWordでは、ツールバーに置くアイコンを簡単に追加・削除・並替えができます。

=方法=
1.ツールバーで右クリックし、ユーザー設定
コマンド(1).JPG

2.コマンドタブから追加したいコマンド(アイコン)を選んで、ドラッグアンドドロップ
コマンド(2).JPG

削除は、削除したいコマンド(アイコン)をドラッグしてツールバーエリア以外で離す

おすすめは、「セルの結合」、「セル結合の解除」、「横方向に結合」や「上下中央揃え」などです。
コマンド(3).JPG

色々ありますので、よく使うコマンドを登録しておくと良いでしょう。

便利なWindowsの小技集(「現場編集長の達人的BLOG+から」)

いつも参考にさせていただいている建設ブログのひとつ

「現場編集長の達人的BLOG+」
http://blog.livedoor.jp/genba21/
現場編集長の達人的BLOG+.JPG

こちらのブログに、「便利なWindowsの小技集」という記事が掲載されております。
http://blog.livedoor.jp/genba21/archives/50756444.html
意外と知られていない小技も掲載されていますので、是非参考にしてみてください。

AutoCADLTで印刷すると枠に英語が印刷される

AutoCADLTでファイルを印刷した時に、画面では確認できない「PRODUCED BY AN AUTODESK EDUCATIONAL PRODUCT」という文字が印刷されてしまうという質問がありました。
印刷プレビュー.JPG

これは、編集段階でAutoCADの学生版を使用したことが原因です。

AutoCAD学生版は、教育を目的としたソフトで、非常に安価に手に入ります。また、使用期限も2年と限定されています。

AutoCAD学生版を利用したファイルを通常のソフトで開く際、下記のようなメッセージが表示されます。

=メッセージ内容=
EducationVersionの印刷スタンプが検出されました。
この操作を継続すると、図面を印刷したときに次の文字が印刷されます

"PRODUCED BY AN AUTODESK EDUCATIONAL PRODUCT"

EducationVersion.JPG

ドライブ文字の変更方法・固定方法

先日、現場から来た質問で、
「地図ソフトの地図データを外付けハードディスクに保存しているのだが、ハードディスクをつなぐタイミングでドライブ文字が変わってしまうため、エラーになってしまう。ドライブ文字を固定する方法がないか」
というものがありました。

ハードディスクなどの外部記憶装置は、認識した順序でドライブ文字が割り当てられるため、タイミングによって毎回変わってしまいますが、いつでも同じドライブ文字になるように設定することが下記の手順で可能です。

マイコンピュータで右クリック「管理」
マイコンピュータ.jpg

コンピュータの管理画面にて「ディスクの管理」
コンピュータの管理.JPG

当該のドライブにて右クリック「ドライブの文字とパスの変更」
ドライブの文字.jpg

変更ボタンをクリック、任意のアルファベットをドライブに割り当てることができます。
ドライブ文字の変更.jpg

PowerPointがなくてもPDFでスライド

PowerPointがない現場でも、Acrobat(PDF)でスライドを表示することができます。
スライドをWordやExcelなどで作成し、PDFに変換(横方向の原稿が適してます)。

AdobeReader8などのビューワソフトで全画面表示(フルスクリーンモード)を使用するとスライドのように表示されます。
フルスクリーンモード.jpg

左クリックで次ページ、右クリックで前ページに移動し、マウスポインタも時間が経過すると消えるようになっていますので、充分PowerPointのかわりになります(アニメーション機能は残念ながら使用できません)。
スライド表示.jpg

MicrosoftOffice2007ファイルを読込むためのコンバータ(無償)

Microsoftから新しいバージョンのOfficeが登場しましたが、このバージョン2007から新しいファイル形式が採用されています。
各拡張子の最後に「x」がついており、ファイルがZIP形式になりました。
(試しに、拡張子をZIPに変更すると中身を見ることができます)
これにより、ファイルサイズが縮小されると共に、ファイルがXML記述になり、また貼付けた写真なども内部フォルダにファイルとして保存されるため、様々な可能性が増えました。

この、バージョン2007方式のファイルを旧バージョンのMicrosoftOffice製品で扱うためのコンバータが、Microsoftから無償でダウンロードすることができます。

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=941b3470-3ae9-4aee-8f43-c6bb74cd1466&DisplayLang=ja
2007コンバータ.JPG

概要(ダウンロードサイトから抜粋)
Microsoft Office 2000、Office XP、または Office 2003 に加えて互換機能パックをインストールすることにより、Word、Excel、および PowerPoint 2007 で新たに採用されたファイル形式のファイルを表示、編集、および保存できるようになります。

メディアプレーヤーの動画をキャプチャする

「Windows Media Player」で再生している動画(静止画)をキャプチャすると真っ黒になってしまいますが、オプション設定を直すことにより、正常なキャプチャを撮ることができるようになります。

メディアプレーヤーの「オプション設定」から、「パフォーマンス」タブをクリック。
WS000000.JPG

「オーバーレイを使う」(複数ある場合はすべて)に入っているクリックを解除。
WS000001.JPG

これで、パソコンで再生している動画をjpeg方式などの静止画に変換することができます。DVDのラベル印刷や、インデックスなどに使用することができます。

【CAD】PDFからCADへの変換

PDFからCADへの変換はソフトを利用して簡単に行うことができます。
代表的なのは、AdobeIllustratorでPDFファイルを開きDXF形式で保存する方法ですが、下記のようなフリーソフトでも行うことができます。

AdobeIllustrator


DXF変換ソフト
Aide PDF to DXF Converter
http://const.livedoor.biz/archives/51035313.html
CAD-KAS PDF2DXF 1.0
http://const.livedoor.biz/archives/51569702.html

【Word】縦書きの中で横書き

Microsoft Wordの縦書きで、下記のように年号のみを横書きにしたいという質問がありました。
縦中横00.jpg

方法は簡単です。
横書きにしたい部分を選択し、ツールバーの「書式」→「拡張書式」→「縦中横」をクリック。
縦中横01.jpg


後はOKをクリックするだけです。
縦中横02.jpg

Outlookのデータファイル壊れた場合の修復方法

Outlookのデータファイルがおかしくなった場合(保存しているメールが開けなくなったりした場合)、以下の手順にて修復を行うことができます。

修復プログラム「SCANPST」

C:\Program Files\Common Files\System\Mapi\1041\SCANPST.EXE
SCANPST0.jpg

「scanpst」を実行したのち、pstファイルを指定し、実行。
SCANPST1.jpg

エラーが出た場合、表示が出るので、修復(このとき、バックアップファイルの作成を推薦します)。
SCANPST2.jpg 

下記メッセージが出たら、完了です。Outlookを再起動してみてください。
SCANPST3.jpg

【AutoCADLT】フェンス機能の活用

注意:バージョンアップにより、フェンスを使用しなくてもマウスの複数選択で可能になりました。

------旧バージョンの場合のみです------
AutoCADLTにて、便利機能をひとつ紹介します。
F:フェンス機能とは
オブジェクトを選択する時に使用する機能で、線分が通過(交差)するオブジェクト全てが選択される機能

この機能を使用すると、トリム等の時に、ひとつずつ選択するのではなく、一括で選択することができます。

フェンス機能使用例
フェンス01.jpg

フェンス02.jpg
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30








建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
人気記事ランキング
  • ライブドアブログ