現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

旬もの/息抜き

街の問題箇所を市民がサイトにアップして行政が対応「FixMyStreet」

英国で始まった「FixMyStreet 」。
街のあらゆる問題点、落書きや舗装の破損、信号のタイミングなどなど歩きながら気付くことは多いですが、それらを市民がサイトに位置情報付きで写真をアップすると、行政が対応してくれるというサイト。
日本でも導入が本格的になりつつあります。

地域の課題を共有・解決する
https://www.fixmystreet.jp/
解決済み

iOSやAndroidアプリも公開されていますので、スマフォからでも簡単に気付いた点をアップすることができます。
FixMyStreetJapan(iOSアプリ)
https://itunes.apple.com/jp/app/FixMyStreetJapan/id544558850

対応している行政はまだ少ないですが、気付いた点をアップすれば解決されるかもしれません。
このようなシステムが普及すると、住みよい街になることでしょう。 

現場データのバックアップは大丈夫ですか?

ハードディスクのクラッシュは突然やってきます

1.5GBハードディスク×2台のミラーリングハードディスクで自宅のデータを管理していますが、
本日、そのうちの1台が突然故障しました(正確な診断はこれから)。
クラッシュ

幸い、ミラーリングを組んでいるので、データは無事ですが、このままでは恐ろしくて復旧作業ができないため、1.0TBの データを他のハードディスクにコピーしています(明日まで)。

人の振り見て・・・ではないですが、皆さまの現場のデータはクラッシュしても大丈夫な状態になっていますか?
RAIDを組んでいない場合は、バックアップをこまめにチェックいたしましょう。 

現場のハーディスクがクラッシュ!(2005.5.20)
http://const.livedoor.biz/archives/24616312.html 

建災防による安全衛生教育支援(無料、復旧・復興工事対象)

建災防こと建設業労働災害防止協会にて、東日本大震災の被災地域である岩手県・宮城県・福島県内の復旧・復興工事に対して、以下の支援が無料で行われています。

1.新規参入者教育
他業種から建設業に従事する方を対象とした教育(2時間)

2.職長等に対する安全衛生教育
職長を対象とした安全衛生教育(2時間50分)

3.管理監督者に対する安全衛生教育
店社の安全衛生担当者、現場の所長を対象とした安全衛生教育(2時間50分)

支援事業

復旧・復興工事安全衛生確保支援事業のご案内
http://www.kensaibou.or.jp/activity/shinsai/pdf/hjgashinihon_fukyu_sien_jigyo.pdf

建災防(建設業労働災害防止協会)
http://www.kensaibou.or.jp/activity/shinsai/publicity_work.html

建設工事に伴う架空ケーブル防護が有償となります

建設工事に伴い、公衆災害防止のために、架空線に防護をすることは、建設業法や土木工事安全施工技術指針等で定められ、NTTに連絡して設置・撤去をしていました。
このたび、2013年8月1日より、この設置・撤去の費用が、施工者の負担に変更になりました。


建設工事等に伴う弊社架空ケーブル等への防護措置に係わる費用負担について
http://www.ntt-east.co.jp/chiba/information/detail/20130611.html
http://www.ntt-east.co.jp/ibaraki/information/detail/1201593_2476.html

500万アクセスを突破!

ひょんなことから始めたこのブログ、500万アクセスを突破いたしました。

2004年11月にブログを開始し、3年後の2007年に50万アクセス。
http://const.livedoor.biz/archives/51172917.html

さらに3年後の2010年には200万アクセス、
http://const.livedoor.biz/archives/51796673.html

昨年の10月に400万アクセスを突破し、

2013年、ブログ開始から9年近くになりますが、500万アクセスになりました。
1000万アクセスまで続けて情報を提供していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

山政睦実

東京駅丸の内にて「土木コレクションHANDS + EYES2013」

東京駅丸の内側、丸ビルと新丸ビルの間にある行幸地下ギャラリーにて、「土木コレクションHANDS + EYES2013」が公開されます。

今年のテーマは、
「土木界が保有する普段目にすることができない図面のコレクションを一挙展示公開」
例年、様々な文献が公開されていますが、今年は図面を中心に展示されるようです。

公開期間:平成25年9月1日(日) 〜 9月30日(月)
土木コレクションHANDS

公式サイト(土木学会)
http://www.jsce.or.jp/taikai2013/doboku_collec.html

2013.7.18:日建連から発表された「労務賃金改善等推進要綱」とは

2013.07.18、日建連から「労務賃金改善等推進要綱」が決定され、公開されました。
まずは日建連に所属する会社からの活動ですが、いずれ業界全域に広がっていき、建設業に携わるみんなの処遇が向上することが望まれます。

「労務賃金改善等推進要綱」の決定について
http://www.nikkenren.com/rss/topics.html?ci=425&ct=6

要網は以下の4つで公開されています。
労務賃金改善推進等要綱
0.前書き
 建設業の現況と建設業再生のラストチャンス、賃金水準等について
1.適切な労務賃金の支払いの要請
 公共工事設計労務単価を交付し引き上げに努める
 賃金が行き渡るように協力業者に要請する
 →具体的な方法は【別紙1】 
2.労務賃金の状況調査の実施
 →具体的な方法は【別紙2】
3.社会保険等加入促進
 「日建連社会保険加入推進計」(平成24年4月)の則り加入促進する
 http://www.nikkenren.com/activity/ikusei_7_01.html 
4.適正な受注活動の徹底
 低価格競争から適正な受注活動へ
5.民間工事における取組み
 民間工事の発注者にも適正な理解と協力をお願いする
6.重層下請け構造の改善
 5年後を目途に可能な分野で原則2次まで(設備3次まで)を目指す
7.技能労働者の処遇改善の総合的な取り組み
 「建設技能者の人材確保・育成に関する提言」(平成21年5月)の充実
 http://www.nikkenren.com/activity/pdf/ikusei/01/all.pdf
8.関係方面への要請

【別紙1】下請企業への要請等に関する実施要領
1.適正な賃金水準での下請契約の締結
 添付様式「契約書・特記事項への記載様式」を用いた要請
2.適切な賃金の支払に係わる下請への要請
 添付様式「取引先企業のみなさまへ」を配布し賃金支払を要請
3.賃金の支払状況に関する調査への協力
 支払状況に係わる調査に応じるよう要請
4.社会保険等への加入の促進
 加入状況を確認し、加入を要請する
5.その他
 本要領は平成25年度以降の公共工事設計労務単価が適用される公共工事に適用
【別紙2】労働賃金の支払等に係る調査の実施要領
 1.調査対象工事
 2。調査方法
 報告様式、調査表
「労務賃金改善等推進要綱」の決定について
 ニュースリリース
賃金改善等推進要網

肩こり対策にファイテンのRAKUWAネック

3年ほど前、肩こりから頭痛がひどくなった時期に、気休め程度に始めてみたファイテンの「RAKUWAネックX50」。
しかし、気分的なものもあり、それからひどい肩こりで悩むことがなくなったため、私の周りで、小さなブームになっています。



最近はスタイルのよいものも登場していますし、現場での汗に対応したスポーツタイプもあります。
現場業務にて、肩こりがひどい方、ぜひお試しください。

(VAIO Pro)タッチパッドの使い方、ページ送りなど

「VAIO Pro 11」でちょっと困ったこと(その1)

タッチパネルの使い方が、ちょっと違ったのでメモ。

「VAIOの設定」→「入力デバイス」とクリックすると「タッチパッドの動作」がでてきます。
VO00003

ここで、「詳細」をクリックすると、ジェスチャの一覧が表示されます。
VO00004

私的に、スクロールの動きが今までと上下逆(つかむイメージ)だったので、最初戸惑いました。

飲みたいときにすぐ飲めるおいしいコーヒー「ネスカフェ バリスタ」

最近、建設現場でも導入が進んでいる「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」。
コーヒーメーカーを置いている現場もありましたが、手間がかからないということで、バリスタは小さい現場でも導入されるようになりました。

写真 2013-06-14 7 01 21

コーヒーはもちろん、本格的なカフェオレなども簡単につくれるのでおすすめです。
飲みたいときにすぐボタン一つでつくることができるので人気なんでしょう。

詰め替えのコーヒー豆はこちら。

ITでひろがる建設の未来in京都「第2回京都建設技術フェア」

top20

6/11に京都で開催される「京都建設技術フェア」。
建設業に関係した各社の出展や、国交省の技術調整管理官等の講演会がありますので、
少し遠いですが、さっそく申込みをいたしました。

コンセプトは、「温故知新〖古き良きものを愛しむ心と新しい風を取り込む心〗」。
まさしく現在の建設業、そして建設現場に必要なことですね。

当日の様子もブログでアップしたいと思います。

京都建設技術フェア
http://www.sander.co.jp/fea200.html 

技術系採用担当のフェイスブックページが国土交通省から

信濃川河川事務所(北陸地方整備局)が Facebookで情報提供をしている事例を紹介しましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/52069006.html
北陸地整の本局で技術系採用のFacebookページが4月から公開されています。

国土交通省(北陸地整)技術系採用担当
https://www.facebook.com/hrr.Recruit.Engineer
北陸地整技術系担当採用


最近の就職活動では、スマホの利用率が高くなっていますが、情報量が多くなっているため、情報を見分ける必要があります。
このように、各サイトに散らばっている情報がFacebookページに集約されることにより、各種情報の概要や流れを短時間で理解することができます。

北京市など中国から飛来している大気汚染、PM2.5対策にはN95のほか、DS2マスクでも有効です

北京市など中国から飛来している大気汚染が九州から西日本を中心に影響がでていますが、粒子状物質であるPM2.5の対策には、多く報道されているN95(米国規格)のほか、以前紹介したDS2マスク(日本規格)でも低減に有効です。

【防塵マスク】溶接作業や粉じん作業に着用する防じんマスクには区分があります
http://const.livedoor.biz/archives/52096004.html
マスク種類

使い捨てマスクのDS2はこちら。
DSマスク1
国家検定品である印と「DS2」のマーク、使用限度時間などの記載があります。
DSマスク2DSマスク3



N95とDS2の違いについては、3M社のサイトがわかりやすいです
http://www.mmm.co.jp/ohesd/story/mask2.html

消せるペン、フリクションボール3(0.5mm)とフリクションボールスリム(0.38mm)の芯を交換

消せるボールペンとして人気のパイロットフリクションペン。
http://www.pilot.co.jp/frixion/info/
先日、定価2000円のウッドシリーズ(フリクションボール3)を購入しましたが、こちらのペンは0.5mmの太さとなっています。

個人的には、こちらの極細タイプの0.38mm(フリクションボールスリム038)が好きで愛用していたので、0.5mmでは太すぎて不満を持っていました。

しかし、ウッドシリーズの重量感と握りやすさは満足しています。
そこで、もしかしたらと芯を入替えてみたところ、まったく同じ形状だったため、交換することができました
フリクションペン
このような情報は、ネットに後悔されていないと思いましたので、参考まで掲載いたしました。
細い芯のフリクションペンを3色で使いたい場合は、芯を交換すれば利用できます。

ダムマニア的「ダムカード」、建設中の胆沢ダムでも配布してました

最近、テレビでもよく取り上げられるようになった「ダムカード」。
山奥にあるダムですが、ダム事務所などに行くと、このような「ダムカード」をもらうことができます。

ダムカード配布場所一覧
http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html

私の手元にあるダムカード。
もらいものが多く、実際行ったわけではないので、 参考的な紹介として。

栃木県日光市にある「五十里ダム」(「いかり」と読みます)。
 五十里ダム(栃木県)

建設が完了して、湛水作業が始まった「胆沢ダム」(「いさわ」と読みます)。
胆沢ダム(奥州市)

愛媛県にある新宮川にある「新宮ダム」(「しんぐう」と読みます)。
新宮ダム(愛媛県)

徳島県の吉野川水系にある「池田ダム」
池田ダム(徳島県)

 ダムカードに関する書籍も発売されています。

SoftBankLTEとNTTdocomoXiのスピードを試してみました(参考値)

iPhone5にて、SoftBankLTE(本体通信)とNTTdocomoXi(モバイルルーターからWi-Fi経由)のスピードを試してみました。
(注意:同じ条件ではないですし、場所によっても差があるので、 測定値はあくまでも参考値です)

 スピードテストに使用したアプリはこちら
「Speedtest.net Mobile Speed Test」
http://itunes.apple.com/jp/app/speedtest.net-mobile-speed/id300704847?mt=8

LTE Xi
左がSoftBankLTE(本体通信)、右がWi-Fi経由にてモバイルルーターのXi通信。
結果は一目瞭然でした。

ただ、SoftBankLTEは、まだ利用人数が少ないので、これからテザリングなどで増えてくれば速度は落ちてくることでしょう。
なお、1月15日から開始されるテザリングですが、ソフトバンクショップの人の話ではテザリング使用時の通信制限は7GBですが、本体での通信には制限がないとのことでした。

土木学会、いま話題の「CIM」に関する講演会を開催(2012.10.10)

土木学会が主催となって、「CIM」に関する講演会が開催されます。
いま、土木業界で話題となっている「CIM」について、各方面のそれぞれの立場から講演するとあって、内容が楽しみです。

講演会の詳細はこちら(土木学会)
http://committees.jsce.or.jp/cceips07/node/14

○高村 裕平 「CIMをとりまく諸情勢と今後の展望
 国土交通省 大臣官房技術調査課 建設システム管理企画室長
○元永 秀 「CIMが目指す理想を実現するために
 日本建設情報総合センター研究開発部 建設ICT推進グループ長
○藤澤 泰雄 「設計からのアプローチ
 建設コンサルタンツ協会CALS/EC委員会データ連携専門委員長
○杉浦 伸哉 「施工CIMへの取組みと課題について
 日本建設業連合会公共工事委員会 ICT部会 情報共有専門部会長
○矢吹 信喜 「CIM:学,経験,国際の観点からの提言
 大阪大学大学院工学研究科環境・エネルギー工学専攻 教授
 土木学会土木情報学委員長

SXF共通ライブラリVer.3.2xの配布がOCFから

SXFの共通ライブラリVer.3.20が、
2012年9月1日にJACICからOCFに譲渡され、これからはOCFが保守及び管理・配布を行うことになりました。

「SXF共通ライブラリVer.3.2x」とは、SXF共通ライブラリVer.3.20とその改修版の総称を示しています。
なお、ライブラリは無償提供となります。

SXF共通ライブラリVer.3.2xの配布について(OCF)
http://www.ocf.or.jp/top/download/sxflibrary.shtml

SXF

発注者サイトも続々登場!Facebookページ

最近、受注者側の現場において、Facebookページが増えておりますが、発注者側でもページの開設が増えています。

札幌河川事務所
https://www.facebook.com/satsukawa622
札幌河川

事務所の取り組みのみではなく、防災情報などもアップされていますので、このような取り組みを、ぜひとも増やしていってもらいたいと思います。

過去記事:信濃川河川事務所(北陸地方整備局)が Facebookページで情報提供
http://const.livedoor.biz/archives/52069006.html

屋外での視認性が高いクアルコム社のミラソルディスプレイ端末、都築電気から

省電力で屋外での視認性が高いことで知られているクアルコム社の「ミラソル・ディスプレー」。
6/27に、都築電気が、この「ミラソル(mirasol)・ディスプレー」を用いた製品をプロモートすることで合意したと発表がありました。

建設業の屋外作業では、明るい太陽光の下での作業が多く、ディスプレイの明るさを明るくしないと見にくいですが、
このミラソルディスプレイは、太陽光を利用することで、明るい太陽光の下でも視認性が高く、省電力駆動を可能としています。

防水や耐衝撃性を備えた端末の登場が待ち遠しいところです。

日経プレスリリース情報
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=313031&lindID=4

都築電気ニュースリリース情報
http://www.tsuzuki.co.jp/news/news_2012/120626_2.html

mirasolディスプレイとは(ケータイWatch)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20120214_511844.html
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


現在の閲覧者数:

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Rakuten

Pitta
楽天
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ