現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

カテゴリ: 安全・環境・品質関連

ダンプトラックのリアバンパー「突入防止装置」は法律で寸法や取付位置が決まっています。これは、乗用車が後ろから追突したときに、大型トラックの下に入り込むことを抑制しています。舗装工事などで、リアバンパーがフィニッシャーに当たるからとリアバンパー取外し、その ... もっと読む

ハンマードリル、ブレーカーなどを用いた振動作業には振動障害の予防のために制限時間があります。「チエーンソー以外の振動工具の取扱い業務に係る振動障害予防対策指針について(平成21年7月10日付け基発0710第2号)」振動障害の予防のためにhttps://www.mhlw.go.jp/file/06 ... もっと読む

2012年より、コンクリート標準示方書には、以下のとおり記載があります。「コンクリートの圧送に先立ち、使用するコンクリートの水セメント比以下の先送りモルタルを圧送することを原則とする。また、圧送後の先送りモルタルは、型枠内に打ち込まないことを原則とする。」とありま ... もっと読む

表題のとおり、大型土のうを仮締切りや盛土で積むのに「はい作業主任者」は必要ですか?と言う質問をもらいました。まず、「はい作業主任者」とは、https://ja.wikipedia.org/wiki/はい作業主任者高さ2m以上の積上げてものを置く場合、置いてあるものを取る場合に必要です。荷崩 ... もっと読む

工事件名板というものが各建設現場には掲示してあります。これは、・どのような工事か・発注者と受注者、その連絡先・作業時間 等が一般の方向けに書かれています。そして、地域のキャラクターが描かれたり、景色や情報が書かれたQRコードが書かれたり、様々な工夫がなされていま ... もっと読む

NEXCO3社、土工施工管理要領改定され、品質管理や出来形測定にICTの積極的な活用や他工事モデル施工結果の流用などが変更されました。NEXCO東日本https://www.e-nexco.co.jp/bids/info/technical_standards/pdfs/190701.pdfNEXCO中日本https://www.c-nexco.co.jp/corporate/c ... もっと読む

「建災防統一安全標識が改訂されました!」との通知がありました。以下、案内文章より「建災防では、建設現場における労働災害防止に資するため、統一した安全標識を作成、普及しています。今回、統一安全標識が改訂され、参考として外国語標示例も示されました。建災防統一安 ... もっと読む

熱中症対策にも様々なグッズが増え、工夫ができるようになっていますが、やはり基本は水分や塩分の摂取になります。実は、水分や塩分の準備は事業者責任として法律にも記載されています。労働安全衛生規則 第三編 第六章 休養(第六百十三条−第六百十八条)(発汗作業に関する ... もっと読む

5年前に購入した帆布脚絆(はんぷきゃはん)を久々に着用しました。(過去記事)帆布脚絆(はんぷきゃはん)、デニム風でマジックテープ固定を購入http://const.livedoor.biz/archives/52204616.html このように、運動靴タイプの安全靴の足首に着用すると長靴のように見えます。安 ... もっと読む

じん肺健康診断結果を一元的に保管するシステムが建災防で始まります。対象工事、対象事業主の方はご注意ください。「じん肺」鉱物性の粉じんを長期間吸い込むことで発症する肺の病気、発症まで長い年月がかかり、かつ進行が不可逆的であるために健康管理が難しい病気の一つで ... もっと読む

昨年から立てつづけに断熱材による建築現場で火災が発生しておりますが、災防協から火災防止の手引きが公開されました。「建設現場におけるプラスチック系断熱材による火災防止の手引き」https://www.kensaibou.or.jp/safe_tech/leaflet/files/saigaiboushi_kasainoushi.pdf  ... もっと読む

日建連安全委員会より具体的な作業事例のときにハーネスが必要なのかが書かれています。(特別教育の必要性も書いてあります)日建連安全委員会建設工事における安全帯に係る活用事例https://www.nikkenren.com/rss/pdf/1246/anzen_anzentaishishin_p.pdf  ... もっと読む

【要点】・法令は2019.2.1に施行されますが、2022.1.1まで約3年猶予期間は、いまのまま・ただし、ハーネスを使用する人は特別教育が2/1までに必要関連記事 どんなときにハーネスが必要なのか?【まえおき、安全帯の必要なところ】・整備された足場上は安全帯(墜落制止用器具)不要 ... もっと読む

工事の最後には、工事特性、創意工夫、社会性等(いわゆる創意工夫等)を発注者に提出いたします。今まで工事中にやってきた、いろいろな工夫や地元との絡みとかをあげるので、しっかりとアピールが必要な書類ですが、書類を提出する前に、ぜひ評価する側の立場になって考えて ... もっと読む

仮設材等を入れるメッシュパレット。出荷時の積込時は、フォークリフトでトラックなどに積み込んでいるのですが、これを現場で降ろすとき、ユニックなどで吊っていないでしょうか。メッシュパレットには、吊っても大丈夫なものと、吊る構造になっていないものがあります。吊れるメ ... もっと読む

「施工計画書どおりでの施工を実施する」、当たり前のように聞こえますが、最近これが疎かになっていないでしょうか?「計画書を見てない」もしくは「計画書と一致していないことが判断できていない」、こんなことも発生しています。計画書と違うと分かって施工する場合(ある意 ... もっと読む

きちんと通達が周知されているのでしょうか?平成30年3月31日をもってCREDAS入力システムが廃止となります。国土交通省のリサイクルホームページhttp://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/fukusanbutsu/credas/廃止の理由平成14年よりCREDASを国土交通省HPにて公開 ... もっと読む

例えば、業務中の交通事故でも、同乗者が多数ケガした場合、軽傷でも「重大災害」になります。重大災害の定義(厚生労働省資料より)重大災害とは、不休も含む一度に3人以上の労働者が業務上死傷又はり病した災害である重大災害の割合は、交通事故が多数を占めています。休業4日未 ... もっと読む

先日発生したNEXCO西日本における墜落事故http://const.livedoor.biz/archives/52389998.html今回、その事故に対する詳細な内容と再発防止策が掲載されておりましたので、ぜひ参考までご覧下さい。箕面IC鋼上部工工事における工事中事故を踏まえた再発防止策についてhttp://cor ... もっと読む

NEXCO西日本が進めている新名神高速道路の建設現場で墜落事故が発生し、19歳の方が亡くなりました。メディアでは、また!と騒がれているので、すでにご存じかと思いますが、その詳細が、NEXCO西日本のサイトにアップされていましたので、同類の事故を起こさないためにも情報共有し ... もっと読む

↑このページのトップヘ