現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

安全・環境・品質関連

労働者の放射線被ばくを防ぐための「除染等電離則案要領」とは

労働者の放射線被ばくを防ぐために事業者が講ずべき措置を定めている「除染等電離則案要領」。

正式名
「東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線障害防止規則案要領」

内容
原発事故により放出された放射性物質による環境汚染に対応する地域の中で、土壌の除染や除去した土壌・廃棄物を収集する業務を行う労働者の放射線被ばくを防ぐために事業者が講ずべき措置を定めている

概要
・被ばく低減のための措置として、労働者が受ける被ばく線量の限度を5年間で100mSvかつ1年間で50mSvを超えてはならない
・汚染拡大の防止措置として、放射性セシウムを含む粉じんが高い濃度で発生するおそれがある場合は、土壌を湿潤化すること
・労働者を除染作業に従事させる場合、放射線の影響、被ばく線量の管理、作業の方法などについて教育を行わなければならない
等、労働者の教育、健康管理などの規定が盛り込まれている。

詳細は以下をご覧ください。
除染等業務に従事する労働者の放射線障害防止のための省令の公布及びガイドライン制定

(参考)除染電離則(平成23年厚生労働省令第152号)(PDF:201KB)

この他にも、主に以下のようなことが定められています。
・平均空間線量率が2.5μSv/hを超える地域等で作業する労働者は、放射線測定器を装着しなければならない(以下の場合は平均空間線量率に労働時間を乗じる)
2.5μSv/hを超える作業場については、作業前に所轄労働基準監督署長に作業届けを提出する(元方のみ)
・労働者が作業場から退出するときは、身体及び装具について汚染状態を検査し、一定基準以上に汚染されている場合は洗身等を行う。また一定基準以上汚染されている物品を持ち出してはならない
・放射性物質を吸入するおそれのある作業場では、飲食・喫煙を禁止する
・除染等業務に就く労働者に対し、作業方法、機械等の取扱い、電離放射線への影響、関係法令等の特別教育を実施しなければならない
・雇い入れまたは配置換えの際、及びその後6ヶ月に1回定期に被ばく歴の有無等の特別健康診断を実施する

・診断結果に基づき、個人票を作成し、30年間保管しなければならない

「労災保険関係成立票」のサイズは?

〔最新情報〕
2014年02月01日
【重要】工事現場に掲示する労災保険関係成立票のサイズも縮小され、A3(B4)でも可能に
http://const.livedoor.biz/archives/52154141.html



=====以下、過去記事=====

「建設業の許可票」について、サイズが変更になる記事を掲載しましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/52042546.html
セットで掲示する「労災保険関係成立票」のサイズについて質問を頂きましたので、少しまとめたいと思います。

労災保険関係成立票


労災保険関係成立票の掲示については、以下の2つの法律で決められています。

労働者災害補償保険法施行規則
(法令の要旨等の周知)
 第49条  事業主は、労災保険に関する法令のうち、労働者に関係のある規定の要旨、労災保険に係る保険関係成立の年月日及び労働保険番号を常時事業場の見易い場所に掲示し、又は備え付ける等の方法によつて、労働者に周知させなければならない。

労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則
(建設の事業の保険関係成立の標識)
第七十七条  労災保険に係る保険関係が成立している事業のうち建設の事業に係る事業主は、労災保険関係成立票(様式第二十五号)を見易い場所に掲げなければならない。

ここで、様式第25号は以下になります(上記サイトに様式がテキストしかないため九州地整の資料です)
工事現場に掲げる標識について(九州地方整備局) 3ページ
http://www.qsr.mlit.go.jp/s_top/doboku/hikkei-kyotu03.pdf
ここで、様式第25号の注意書きに、縦長さ40cm、横長さ50cm、文字は黒で地色は白と決められています。

国土交通省が管轄する「建設業許可票」と厚生労働省が管轄する「労災保険関係成立票」なので、統一は難しいのでしょう。
ただ、労働保険の保険料の徴収等に関する法律施行規則は、改正が繰り返されていますので、サイズの変更も期待したいと思います。
なにか情報がありましたら、コメントをお願いいたします。

除染関係ガイドライン等、放射性物質対策に関する環境省からの資料

「原子力発電所事故による放射性物質対策」関連の資料として、以下の資料が環境省のサイトからダウンロードすることができます。

原子力発電所事故による放射性物質対策
http://www.env.go.jp/jishin/rmp.html

主な資料
・放射性物質汚染対処特措法
・廃棄物ガイドライン
・除染関係ガイドライン
・環境回復検討会
・ロードマップ(仮置き場のイメージ図、除染に伴って生じる除去土壌等の試算など)
・環境放射線等モニタリングについて
・各種災害時マニュアル等

OH000032OH000031

新しい(平成21年6月1日から施行)足場関係の労働安全衛生規則のわかりやすい資料

平成21年6月1日から施行された現行の足場関係の労働安全衛生規則について、わかりやすい資料が厚生労働省のサイトに掲示されています。

OH000027

足場を設置する現場でしたら、安全教育などの資料にも活用できます。

労働安全衛生規則(足場等関係)が改正されました
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei26/

これはすごい!、身につけているだけで周囲のウィルスをブロックする「ウィルスブロッカー」

これはすごい!、身につけているだけで周囲のウィルスをブロックする「ウィルスブロッカー」。
約1m3を目安に除菌・消臭効果があり、花粉症などにも対応するそうです。
no title

しかも、効果は1ヶ月間継続するのに価格は780円と破格。
かなり怪しい商品と思うかもしれませんが、様々な裏付けデータもあるそうです。

ユニークさんで販売をしておりますので、興味のある方は問い合わせください。
有限会社 ユニーク
TEL.025-201-7441
http://www.unique-office.com

さらに、世界水泳の選手団も身につけ、遠征時には様々なウィルスをブロックしていたそうです。
no title

建設現場や通勤電車、また風邪をひけない受験生にもオススメの商品です。

【PR】工事成績マネジメントシステム「現場管理館Plus」トライアルパックがリリースされました

工事成績マネジメントシステム「現場管理館Plus」トライアルパックがリリースされました。

詳細・申込みはこちら。
工事成績マネジメントシステムトライアルパック 

◆製品の概要
現場管理館Plusは「工事成績を見える化」し、「シミュレーション」を行うことで、明確な目標設定と具体的な計画の立案を導き、そのプロセス管理を可能にするソフトウェアです。

◆トライアルパックとは
現場単独でのご利用されたいお客様や、全社での導入効果を検討するために、ご利用したいお客様向けに、利用期限や利用数を制限して安価にご提供するものです。

尚、このトライアルパックの工事成績評定シナリオでは、本システムの監修者である「前田憲一」が、工事成績アップのコンサルティングを通して蓄積したノウハウが入ったシナリオや、中堅ゼネコンで社内の検査の判断基準の統一のために定義した判断基準入りシナリオの選択も可能です。

◆お客様の声
現場管理館Plusをリリースして1年程度経過しましたが、以下のようなお客様の声が届いています。
・点数が上がった!!
「国土交通省の工事で平均が2点上がった。」「直近5工事で5点上がった」等の声が届いています。
・未実施項目の細別毎の抽出により、指示が行いやすくなかった。
紙では、チェックした箇所を探すのに手間がかかっていましたが、それが解消されました。
・発注者の採点判断基準の明確化により、認識のブレが無くなった。
ノウハウ入りシナリオを利用することにより、ブレを減らせます。
・現場の士気があがった。
発注者へのPRも積極的に行う事も、士気に影響しました。
・取りこぼしが無くなった。
この効果により、底上げを図れています。

各地方整備局から発表された工事成績評定企業ランキング

ケンプラッツの記事にもありましたが、各地方整備局から工事成績評定ランキングが公開されていますので、まとめてみました。

ケンプラッツ:工事成績のランキングを相次ぎ発表、国交省
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20110726/548777/

東北地方整備局
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/b00097/k00910/koujiseiseki/rank/h22rank.html
エクセルファイルにて、土木関係と港湾空港関係を公開
(関連ページ)
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/b00097/k00910/koujiseiseki/rank/rank.html

関東地方整備局
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000041431.pdf
PDFにて公開
(関連ページ)
http://www.ktr.mlit.go.jp/gijyutu/gijyutu00000022.html

北陸地方整備局
http://www.hrr.mlit.go.jp/gijyutu/seiseki/h22rank.pdf
PDFファイルにて土木関係と港湾空港関係を公開

中部地方整備局
http://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2010/0803.pdf
PDFファイルにて土木関係と港湾空港関係を公開

近畿地方整備局
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/koujiseiseki/
htmlページにて公開

中国地方整備局
http://www.cgr.mlit.go.jp/kisha/2011jul/110713top.pdf
PDF最終ページに土木関係と港湾空港関係を公開

四国地方整備局
http://www.skr.mlit.go.jp/pres/h23backnum/kikaku/110728/110728-1.pdf
PDFにて各工事を公開

九州地方整備局
http://www.qsr.mlit.go.jp/n-kisyahappyou/h23/110801/index1.pdf
PDFファイルにて土木関係と港湾空港関係を公開

最新版の情報等がありましたら、コメントをお願いいたします。

工事関係書類の標準様式が118帳票から34帳票に変わりました

国土交通省発注工事に利用されている工事関係書類の標準様式が、
平成23年度土木工事標準仕様書の改定に伴い、今までの118帳票から34帳票に変更になりました。

「土木工事共通仕様書」を適用する請負工事に用いる帳票様式


34帳票

平成23年5月までに契約した工事の場合は、協議によって適用する様式を決めるようですので、ご注意ください。

「委託業務等成績評定要領」はこちら

現場工事とは少し離れますが、成績評定要領の委託業務版はこちらにあります。
工事と同様に、採点表や配分表が掲載されているので、参考になります。

国土交通省「技術調査関係」入札・契約関係
http://www.mlit.go.jp/tec/nyuusatu/keiyaku.html

[H20.10.1] 地方整備局委託業務等成績評定要領の改正について[PDF:1319KB]
http://www.mlit.go.jp/tec/nyuusatu/keiyaku/200401/tuutatsu3.pdf

一覧表

【熱中症対策】熱中症予報を安全掲示板に掲示して危険性を周知

建設現場の熱中症予防として、安全掲示板などに掲示して熱中症の注意を促す、下記のような「本日の熱中症予報」看板を作成いたしましたので公開いたします。
熱中症予報熱中症予報熱中症予報熱中症予報熱中症予報
ラミネートして掲示板に貼ったり、詰所や休憩室の窓ガラスに裏から貼ると良いでしょう。創意工夫としても利用できるのではないでしょうか。
下記URLよりPDFファイルをダウンロードできます。
http://const.livedoor.biz/file/netu-yohou.pdf
(イラストはもちろんnikumaru氏に書いていただきました)

対策欄は多くのサイトに掲載されている「日本体育協会(1994) 熱中症予防のための運動指針」を利用しました。
http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/prev/sport.html

熱中症指数予報は、Yahoo!や日本気象協会など、多くのサイトで掲載されています。
財団法人日本気象協会・熱中症予防情報
http://www.n-tenki.jp/HeatDisorder/
熱中症予防情報(JWA) 熱中症予報(週間予報)
Yahoo!天気情報・熱中症指数
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/expo/heatsyndrome/
Yahoo!天気情報


熱中症の危険性を表す指数として、暑さ指数「WBGT指数」が使われていますが、元々は軍隊で熱中症を予防するために利用されていたそうです。

Wikipedia:WBGT指数
http://ja.wikipedia.org/wiki/WBGT%E6%8C%87%E6%95%B0

WBGTは、「Wet Bulb Globe Temperature」の略語で、以下の計算式で算出されます。
 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度

また、WBGT指数を計測する測定器もありますので、余裕のある現場ではおすすめです。
 

公共工事品質確保技術者資格制度

下記の通り、公共工事品質確保技術者資格制度の詳細が明らかになりました。

品確技術者(1)
公共工事の品質確保に関して高度な技術的専門知識と豊富な実務経験を有する者

品確技術者(2)
公共工事の品質確保に関して技術的専門知識と実務経験を有する者

発注関係事務(設計積算補助・技術審査補助・監督補助・検査補助)が主な業務ですが、(2)では総合評価落札方式の審査等を行うことができません。

業務内容
1.総合評価落札方式の審査等
総合評価落札方式の審査、総合評価落札方式の導入・制度検討の指導助言
2.設計積算補助
仕様書及び設計書作成の補助、積算の補助
3.技術審査補助
入札及び契約方法の選択の補助、事業者の選定に関する評定事務の補助
4.監督補助
工事監督の補助
5.検査補助
工事検査の補助、工事中及び完成時の施工状況の確認及び評価その他の事務の補助

詳細はこちら→社団法人全日本建設技術協会
http://www.zenken.com/hinkaku/hinkaku.html

受験資格はこちらで詳しく書かれています→建設マネージメントフォーラム(CMF)
http://cmf.cocolog-nifty.com/management/2009/07/post-99b1.html

【熱中症対策】ヘルメットのにおい対策(汗取りシート)

夏のヘルメットはにおいますよねぇ。汗をかくので仕方がないですが、なるべく天日に干すのが効果的でしょう。

特に汗をかくのが、おでこ(額)の部分。汗を吸取るシートやパッドが販売されていますので、活用されると良いでしょう。
 

その他、熱中症関連の記事はこちら。
http://const.livedoor.biz/archives/cat_50020035.html

2009年4月より労災保険率が改定されています

平成18年4月に改定された労災保険率ですが、今年(平成21年)4月からもさらに改定されています。
既設建築物設備工事業以外の率がすべて下がっています。

労災保険率(左が新、右が旧、1000分率)
建設事業 31 水力発電施設、ずい道等新設事業 103 118
32 道路新設事業 15 21
33 舗装工事業 11 14
34 鉄道又は軌道新設事業 18 23
35 建築事業(既設建築物設備工事業を除く。) 13 15
38 既設建築物設備工事業 14 14
36 機械装置の組立て又は据付けの事業 14
37 その他の建設事業 19 21

労災保険手続時に間違えることはないでしょうが、実行予算書の作成などには注意が必要です。

仮設足場に「幅木」や「さん」の設置が義務づけに(2009.6.1より法改正)

建設現場で使用されている足場に「幅木」や「さん」の設置が義務付けられました。墜落防止対策と飛来落下対策が必要となりました。

「労働安全衛生規則(足場等関係)が改正されました」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei26/dl/01.pdf

○労働者の墜落防止措置
単管足場:手すりの高さ85cm以上(現在は75cm以上)とし、高さ35〜50cmに「中さん」(またはこれと同等以上の機能を有する設備)を設置
枠組足場以外
枠組足場:筋違いに加え、高さ15〜40cmの「下さん」か高さ15cm以上の「幅木」を設置
枠組足場

○物体の落下防止措置
高さ10cm以上の幅木、メッシュシートまたは防網(同等の措置を含む)の設置

6/1以前に設置した足場にも法改正は適用されますので、是正が必要です。法改正に伴い、監督署の臨検(パトロール)が行われているようです。

-参考資料-
足場からの墜落防止措置に関する調査研究会「報告書」平成20年10月
http://www.jniosh.go.jp/results/2008/1016/pdf/report1016.pdf
(PDF20.6MB、P12付近、その他様々な実験やアンケートを行っています)

独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
http://www.jniosh.go.jp/

2009.6.15 更新
2008.11.26 作成

【熱中症対策】もしもの時に素早く対応!熱中症応急処置袋

今年おすすめの熱中症対策グッズがユニークさんから届きました。
熱中症応急処置袋
「熱中症応急処置袋」、名前の通り熱中症になりかけたときに素早く対応することができるグッツが入っています。
内容物はこちら(昨年おすすめのれいこさんも入っています)。
内容
また、わかりやすい説明書もついていますので、現場内や休憩所などに吊り下げておくと良いのではないでしょうか。
パンフレット裏パンフレット表

注文はこちら:有限会社 ユニーク
http://www.unique-office.com/

ハインリッヒの法則とは、1:29:300

「ハインリッヒの法則」をご存じでしょうか?
若い方達の中には、聞いたことない方もいらっしゃるのでは。

1:29:300

ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒという人が5000件ほどの労働災害を統計的に示したもので、1929年に出版されたものです。

1件:重大災害
29件:軽傷災害
300件:ヒヤリハット

Wikipedia:ハインリッヒの法則より
「重傷」以上の災害が1件あったら、その背後には、29件の「軽傷」を伴う災害が起こり、300件もの「ヒヤリ・ハット」した(危うく大惨事になる)傷害のない災害が起きていたことになる。

ヒヤリハットをなくすことができれば、重大災害もなくすことができます。

不当要求防止責任者講習制度とは

「不当要求防止責任者講習制度」をご存じでしょうか?
制度
警視庁-不当要求防止責任者選任及び講習
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/futou/kousyu.htm
※各県警のページはこちらから検索

不当要求防止責任者を選任する事業所の範囲はありませんので、建設業でしたら事業所(作業所)や営業所毎に1人選任することが適当と書かれています。

責任者選任届出書(PDFの様式)を事業所の所在地を管轄する地元警察署(暴力団対策担当)に提出すると、講習の日時や会場等については、開催日のおおむね1ヶ月前に通知が来ます。受講料は無料だそうです。

具体的な講習内容は以下の通り(上記サイトより)
(1) 暴力団の活動実態
(2) 不当要求の手口
(3) 不当要求に対する対応方法(対応の心構え、対応方法など)
(4) 不当要求を受けた場合の警察などへの連絡方法
(5) 暴力団対策法の活用要領
受講修了者には、修了書が交付されるそうです。

【成績評定】請負工事成績評定要領(国土交通省)

請負工事成績評定要領の見直しが関東地方整備局が中心となって行われてきましたが、新しい要領が公開されています。
工事成績採点表項目別評定点
主な改正内容は、以下の通りです。
国土交通省報道発表資料より

1)評価段階の細分化
これまでの5段階評価(又は3段階)では、一段階評価が異なることによる評定点の差異が大きく、特定の段階の評価に偏る傾向がありました。このため、評価段階を細分化し、きめ細やかな評価を行えるように変更しました。(技術検査官:出来形、品質 5段階→7段階、総括技術評価官:地域への貢献 3段階→5段階)
2)評点配分の見直し
一部の考査項目については、評価が特定の段階に偏っていました。このため、バラツキが少ない考査項目の配点を減じ、バラツキの大きい考査項目の配点を増やしました
3)「高度技術」の見直し(「工事特性」に変更)
都市部での工事や、期間が長い工事、維持工事は安全の確保や各種調整等について困難であることが想定されるので、その履行が的確に行われた場合に、より積極的に評価することが望まれています。このため、[1]特異な技術といった観点から施工困難等の工事特性への対応を評価する観点に評価対象項目の記述を見直し、[2]「高度技術」から「工事特性」に名称を変更、[3]より広い視野からの評価とするため評定者を主任技術評価官から総括技術評価官へ変更しました。
4)技術提案履行の確認評価
現行の成績評定要領策定時(平成13年)に比べて、総合評価落札方式が大幅に普及していること、技術提案の履行状況を以降の工事発注へ活用することが望まれていることから、検査時に技術提案の履行状況確認を行う項目を追加しました。

要領は下記からダウンロードすることができます。
国土交通省-技術調査関係-積算基準等-工事成績・施工基準関係


[H21.3.24]
請負工事成績評定要領の運用の一部改正について(PDF)
1.通知文
2.別添(評定実施要領関係)
3.別添(通知実施要領関係)

項目別評定点の配分は以下のように変更となりました。
1.施工体制
施工体制一般 3.2→3.3点
施工体制-配置技術者 3.8→4.1点
2.施工状況
施工管理 11.7→13.0点
工程管理 9.3→8.1点
安全対策 10.7→8.8点
対外関係 3.4→3.7点
3.出来形及び出来ばえ
出来形 13.9→14.9点
品質 15.9→17.4点
出来ばえ 8.5→8.5点
4.工事特性(旧:高度技術) 7.8→7.3点
5.創意工夫 5.4→5.7点
6.社会性等 6.4→5.2点
7.法令遵守等 「工事事故等による減点」と「総合評価による減点」

【産廃】マニフェストには、排出時に数量の記入が必要です

現場などから産業廃棄物を搬出(委託収集運般)する場合、必ずマニフェストを記入して渡しますが、その際に産廃の種類と数量の記載が必ず必要です(A票の時点で記載が必要)。

正確な数量が分からないから未記入にして、処理場や処分場での計測値(台貫)を後から記入する場合もありますが、この場合は違反になりますので注意が必要です。

下記サイトに詳しく掲載されています。
建設マニフェスト販売センター「建設系マニフェスト」に係るQ&A
http://mani.gr.jp/cont1e.php
9-3.廃棄物の種類欄の数量は、排出時には正確な数量が分からないので、記入せずに交付し、後で処理業者が計量して記入することでも良いですか? 排出事業者が廃棄物の種類と数量を記入して交付することが法律で定められています。数量を記入しないまま交付すると「管理票未記載による交付」とみなされ、法律違反となります。目測の概算でよいので、必ず数量を記入してください。数量を把握しておくことは、トラックの過積載を防止する等運搬の適正を確認する目的もあります。
処理業者が計量した正確な数量は、別の帳簿で管理することをお勧めしますが、マニフェストに記入する場合は「追加記載事項」欄を使用してください。


「建設系廃棄物マニフェスト」に係るQ&A 2008年版』のPDF版をダウンロードすることもできます。

その他、Q&Aからポイントを抜き出しておきます。
・交付担当者は排出事業者の社員(限定して事前印字なども好ましくない)
・所属は交付者を個人として特定できる場合、不必要
・JVの場合、共同企業体の代表者
・排出事業者は通常作業所を統括管理する本社、支店、営業所等
・事業場に建設現場を記入
・混合廃棄物の場合、混合欄に○、さらに含まれている廃棄物の種類にも○
・数量はトンでもm3でも可能
他にも各項目の説明があります。

コンクリートに書かれた落書きなどを消す方法(Part2)

以前にも落書きを落とす方法をご紹介しましたが、
「コンクリートに書かれた落書きなどを消す方法(Part1)」
http://const.livedoor.biz/archives/51257771.html

今回は、スプレーして、しばらく待ってから拭き取れば除去することができるという優れものを紹介します。
シントーファミリー株式会社の「強力はがし剤リムーバーZスプレー」
 泡状

塗膜や塗料、油汚れにスプレーし、数分待てば、上記の写真のように塗膜が泡になって浮き上がってきます。
あとは、拭き取るだけで、かなりきれいになります。
接着剤やラッカースプレー、塗料、塗膜、など、様々なものを強力にはがすことができるようです。
1缶での使用量は、1.7~2.0m2程度。

メーカーサイト
http://www.shintofamily.co.jp/post-50/list/others/68

プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30








建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
人気記事ランキング
  • ライブドアブログ