現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

便利サイト

元労基署長によるマンガ災害事例サイト

先日、nikumaru氏のサイトで紹介されていた、「マンガ災害事例」。
http://makoto-y.cocolog-nifty.com/blog/

「先人の犠牲は貴重な教訓です」と言うことで、過去の災害事例を分かりやすくマンガで紹介されています。元労働基準監督署長と言うことで、的を得た災害事例集となっていますので、是非ご参照ください。
マンが災害事例.JPG


続きを読む

約60年前(1946年)の空中写真(国土地理院空中写真サービス)

国土地理院のサイトに、「空中写真閲覧サービス」にてほぼ全国の空中写真を見ることができます。
http://archive.gsi.go.jp/airphoto/

空中写真.JPG

Googleマップなどと異なるのは、撮影された年代が明確なところ。
また、東京近郊では、1946年の空中写真を見ることができます。
年代別.JPG

縮小画質から標準画質に切り替えることにより、かなり鮮明な画像を得ることができます。
また、過去の空中写真から、施工現場付近に昔何があったのかを知ることができます。
以前、水中に障害物が発見されたとき、過去の空中写真から昔設置していた桟橋の残がいだったことが分かりました。
空中写真 (2).JPG

国土地理院サイト
http://www.gsi.go.jp/index.html

2009.6.11 更新
2007.8.21 作成

標高グラフ付きのルートマップ(ALPSLAB route)

標高グラフを見ながらルートを見ることができるルート共有サイト「ALPSLAB route」。
http://route.alpslab.jp/
ALPSLAB route.JPG

言葉での説明は難しいので、
実際に下記地図内にマウスをかざして、「標高グラフ付きの大きな地図を見る」をクリックしてみてください。


左上の再生ボタンをクリックすると、道路マップが標高と共に動画で表示されます(スピードも変更可能です)。
ルートマップを作成するのにユーザー登録などはありませんでした。

安価になった独自ドメインの取得

高いと思いがちな独自ドメインですが、意外と安く手に入れることができます。

さくらのドメイン取得
http://www.sakura.ne.jp/domain/index.html

私の場合、「.com」と「.biz」の独自ドメインを持っていますが、いずれも年間1800円で取得しています。
後は、独自のサーバか、レンタルサーバ・メールサーバ(さくらの場合、300MBで年間1500円)があれば独自ドメインのメールもホームページも可能です(さくらの場合、ブログもOK)。

さくらインターネット意外でも、1000円台で取得することが可能のようですので、企業や現場に限らず、個人でも活用してみたらいかがでしょうか。
NSFレンタルサーバー (1500円~)
@webspeed (1980円~)
298.jp (980円~)
VALUE DOMAIN (980円~)

独自ドメイン名を安く登録することができるサービスまとめ(GiGAZiNE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070320_domain_price/

本日の東京は雷雨、東京の雨状況は東京アメッシュ

午前中、東京地方に大雨洪水警報が発令されましたが、その時点では空は明るく、とても警報といった感じではありませんでした。
そこで、東京アメッシュを開いてみると、すでに新宿まで雨が来ていることが分かりました。

アメッシュについては、こちら。
http://const.livedoor.biz/archives/50307412.html

こちらが、ピーク頃 12:40の降雨状況。赤色の激しい部分が多く見受けられます。
東京アメッシュ.JPG

実は、昨日運動会でしたが、こちらでも現場と同じようにアメッシュ(携帯電話版もあります)が役立ちました。
まもなく雨が降るとか、この雨はもうじきやむとか、雨の強さも判断することができるため、非常に便利です。

東京アメッシュ
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

デスクトップに天気予報やカレンダーを常時配置

GoogleガジェットやYahoo!ウィジットを活用することにより、デスクトップ上に天気予報やカレンダーを配置することができます(一昔前、アクティブディスクトップを利用していた方も多いのでは)。

天気予報は、現場にとって気になるところ。見に行くのではなく、デスクトップに常に表示されていると便利です。
ガジェット01.JPG
(上はGoogleのカレンダー、左は3日間天気予報、右は週間天気予報)

カレンダーは、ご存じの通り、過去の日付を拾うときに便利です。今までは、付箋紙の機能でカレンダーを使用していましたが。

ガジェットやウィジットは色々な種類のものが配布されていますので、興味のあるものを配置するのも良いかと思います。

Google デスクトップ ガジェット
http://desktop.google.com/plugins?hl=ja
ガジェット02.JPG

Yahoo!ウィジェット
http://widgets.yahoo.co.jp/

WindowsVistaではガジェットとサイドバーが標準で搭載されています
http://www.microsoft.com/japan/windowsvista/features/foreveryone/sidebar.mspx

現場で使える現場イラスト集

イエイリ建設ITラボで紹介されていましたが、現場で使える「建設イラスト集」が公開されています。

イエイリ建設ITラボ記事
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/ubiq_doboku/119327.html

「道路工事中につきご協力を・・・」
http://blog.livedoor.jp/solisoli/
道路工事中につき.jpg

ダウンロードはこちらから
http://blog.livedoor.jp/solisoli/archives/50868099.html
建設イラスト集.JPG
しかも、Excelで作られているため、簡単に貼り付けができます。
Excelで、素材写真をなぞりながら作っているため、かなり本格的なイラストになっています。
現場の書類やポスター、安全看板などに使用できると思います。
これからも、順次公開されていくらしいので、楽しみです。

大容量ファイルの転送方法

業者や発注者などとインターネットを経由して、大容量ファイル(大きなファイル)を送付したいと思うことがあるかと思います。サービスは色々ありますが、使ってみて簡単だったサイトを紹介致します。

無料ファイル転送サービス「おくりん坊
http://okurin.bitpark.co.jp/
おくりん坊TOP.JPG

登録が必要ですが、250MBまでアップロードすることができます。
対象ファイルをアップロードし、メールで知らせる仕組み。
おくりん坊(アップロード).JPG
ダウンロード回数や有効日数を設定することができます。

ダウンロードはサイトを開いて、ダウンロードボタンをクリックするだけ。
おくりん坊.jpg

同様のサービスとしては、
宅ファイル便 http://www.filesend.to/
 50MBまで、会員登録不要
File O'Cool http://www.fileocool.com/
 100MBまで、会員登録不要
ファイルバンク http://www.filebank.co.jp/
 100GB(1日1GB)まで、登録必要

他にも多くのサービスがありますが、使用してみて簡単でしたのでご紹介しました。
250MBまでのファイル容量交換でしたら、登録からアップロード・ダウンロードが手軽でしたので、おすすめします。

AKTIOにレンタル機器のCADデータ

現場からの情報ですが、AKTIOで取り扱っている一部の機種について、無償でCADデータが公開されています。

https://www.aktio.co.jp/products/cad/
AKTIO.jpg

重機やクレーンなど大型機器のCADデータは会社で用意されていますが、散水車や発電機などの小型のレンタル機器のデータは意外と重宝するそうです。

AKTIO(散水車).jpg

携帯メールのポータビリティサービス

「独自ドメインの携帯電話向けメールポータビリティサービス」というサービスが、私が利用しているSAKURA Internetなどが運営するサイトで開始されています。

マイメッセージサイト
http://mym.sg/www/

登録すると、
○○○○○@mym.sg(有料版月額105円)
○○○○○@○○.mym.sg(無料板)
というメールアドレスがもらえます。
mym仕組み.jpg
携帯電話メールを今まで通りの操作で、マイメッセージを経由されるような仕組みになっています。
マイメッセージに受信したメールは、携帯電話のメールに転送されます。
その時、送信元アドレスの末尾に「.t.mym.sg」が付加されてきます。
このアドレスに返信することにより、マイメッセージを経由してメールが発信されるため、自分のアドレスがマイメッセージのアドレスとして相手に届きます
携帯電話に直接受信したメールについても、相手のアドレスの末尾に手動で「.t.mym.sg」を付加することにより、マイメッセージ経由で送信することができます(アドレス帳のメールを変更してしまうと便利です)。

また、パソコンやiアプリのソフトや、携帯のサイトからもwebメールとして操作が可能です。
mym.jpg mym01.jpg

私としては利点は3つ
・もちろん、携帯電話のキャリアを変更してもアドレスは同じ
・メールをサーバに残すことができる
(携帯電話では、保護していないメールは消えてしまう)
・携帯アドレスを変更することなく、別のアドレスに変更できる

(最近、仕事上のメールも携帯から返信することが多くなったが、携帯アドレス分かりにくいため、変更をしたいと思っていました)

SAKURAインターネットでドメインを取得している場合、そのドメインも使用できます。
http://support.sakura.ad.jp/support/manual/rs/mymsg_man.shtml

FAXをメールで受信<D-FAX>

FAXを電子メールの添付として受け取る「D-FAX」というサービスをご存じでしょうか。
実は、私自身このサービスを5年以上前から利用しています。
(連続スキャナができない時代、このサービスを利用して、書類をスキャナしていました)

D-FAX.jpg
http://www.d-fax.ne.jp/

登録は無料で維持費も無料です。登録すると、020から始まるFAX番号を個人毎にもらえます。
020はその昔、ポケベルに割り当てられていた番号で、料金は通話料金にて発信者側の負担になります(1回30円+1分20円程度)。

電話は携帯、インターネットはPHS、しかしFAXが、、、。
ということで、
現場事務所を設置できない作業所にて、FAXを受信する手段
として、この「D-FAX」を薦めました。
(以前は、携帯電話で受信できるFAXがありましたね)


下記サイトなどでも紹介されています。

どぼんの 電子納品体感記
http://blog.livedoor.jp/maetatatatata/archives/50316380.html
Adec'K
http://adeck.blog20.fc2.com/blog-entry-243.html

PENTAXの音声合成ソフト「VOICE TEXT」

R25」を愛読していますが、
その中にペンタックスの「VOICE TEXT」という製品が紹介されていました。
http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200611091109

PENTAXのサイトでは、製品デモがあり、全角200文字まで試すことができます。
価格は分かりませんが、非常に良くできています。
地元説明会や工事概要など、PowerPointの合成音声に使用したいものです。

VoiceTextサイト
http://voice.pentax.co.jp/pentaxtts/ttsdemoplay.asp

VOICETEXT.jpg

Google検索による現場主義内検索

ライブドアブログの検索機能に不満を抱いていましたが、
Google検索で、サイト内を検索できることを下記の記事で教えてもらいました。
しかも、設置方法の手順を、非常に分かりやすく書いて頂いています。
http://ishida.livedoor.biz/archives/50544299.html

早速、見習いながらサイト内検索ができるGoogle検索を作ってみました。

Google
Web 現場主義内

どうでしょうか。
サイドバーへの登録も行います。

Google検索機能
http://www.google.co.jp/intl/ja/searchcode.html

地震情報(気象庁)

先ほど、関東で地震がありました。
地震情報について、最近Yahoo!のサイトを見がちですが、
詳細情報は、やはり気象庁のサイトが詳しいです。

下記の通り、観測所毎の震度を地図で見ることができます。
地震詳細.jpg

これを見ると、
http://www.jma.go.jp/jp/quake/3/350/07110600391.html
東京都内は、ギリギリで震度2だったことが分かります。

気象庁地震情報サイト
http://www.jma.go.jp/jp/quake/index.html

再生紙使用マーク(Rマーク)

建設現場において、
地元などへ配布するチラシなどに再生紙を利用していますか?

発注者より、再生紙を利用し、マークを入れてくださいと指示がありましたが、いざ作成すると、マークってどこっ?

と言うことで、探してみると、意外と簡単にありました。



3R活動推進フォーラム
http://3r-forum.jp/enterprise/recycle-paper/download.html

せっかくですがら、Rマークを使用して、
環境への配慮をアピールされたらいかがでしょうか。

他のマークは、環境ラベル等データベース参照。
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/f01.html

ブログをPDFに変換する無料サービス「mt2pdf」

建設総合ブログのStaffブログにブログの記事を無料で書籍PDFにしてくれるサービスの記事があったので、早速試してみました。
http://staff.kenblog.jp/2006/06/pdfmt2pdf_54fa.html

プレスリリース
http://www.est.co.jp/press/060616.htm

MyBooks.jp http://mybooks.jp/mt2pdf/
mybooks







メールアドレスの登録だけで、無料で使用することができ、
完成度もかなり高いものでした。

現場主義を書籍(PDF)にしてみましたので、ご覧ください。
200606180012.pdf
f2fe3d3b.jpg

Google Earth の講演会を聞いてきました

つい一昨日、GoogleEarthについて掲載したばかりですが、
http://const.livedoor.biz/archives/50530652.html

やっぱりGoogleってすごいですね!!
「Google Earth」の講演会を聞いてきましたが、すごいです。

Autodesk(オートデスク)社が主催した「建設ソリューションEXPO 2006」。
開催場所は、六本木ヒルズ40階にある、アカデミーヒルズ40。
景色の良いところでした。

講師はグーグルのアンジェラ・リーさん。
Googleの生い立ちから分かり易く説明して頂き、
現在、Googleで提供しているプロダクトを紹介。

そして、本題のグーグルアースに。
インターフェイスは残念ながら英語ですが、
検索は日本語で出来るようになったようです。
講習会では、「六本木ヒルズ」で検索していましたし、
自宅の最寄りの駅でも検索することが可能でした。

また、レイヤー機能の詳細やスケッチアップとの連携なども。
試しに、GoogleSketchUpをダウンロードし、
サンフランシスコのシティホールをダウンロードしてみました。
SketchUp






「Sketch Up from Google」ダウンロードサイト
http://sketchup.google.com/product_suf.html

レイヤーについては、様々なユーザーが作ったものを表示することが出来るうえ、
KMLを使用すれば、独自に作成したものをアース上にレタリング出来るそうです。
(はまりそうなのでやりませんが)


最後に、グーグルにはなぜベータ版が多いのかを教えてくれました。
それは、ベータ版の状態で早期に公開することにより、
ユーザーの声を反映しながら製品版に近づけて行くからだそうです。
また、グーグルの開発者は、あくまでもグーグルの1ユーザーであり、
自分がほしい物を開発・提供していくとのことでした。
Gmailも一人の開発者が自分のほしい物を作成したのがルーツだそうです。
さすが、Googleですね。

「Google Earth 4」ベータ版、試してみました

「Google Earth 4」ベータ版がダウンロード出来るようになったと言う記事があったので、早速試してみました。
データ量は以前のなんと4倍。

Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060613-00000008-imp-sci

ダウンロードサイトはこちら。
http://earth.google.com/download-earth.html

GoogleEarth4-01








さすがに混み合っているのか、ダウンロードにかなりの時間を要しました。

起動画面は圧巻の宇宙に浮かぶ地球シーンから。
goearth03







右は東京駅丸ノ内口、新丸ノ内ビルが建替中なのが分かります。
左は船の科学館からレインボーブリッジ方向を眺めた感じ。
どちらも車まで見ることが出来ます。
goearth04goearth06








こちらは、ニューヨーク世界貿易センタービル跡地「グラウンド・ゼロ」で、
「フリーダム・タワー」を建設している姿を見ることができる。
すごいのは、型枠支保工や捨梁まで見ることができる。
goearth05







新規工事現場や、見積工事現場などを調べるのに重宝します。

CADなどの印刷サービス(三菱商事)

地方や山奥の現場で、CADなどの印刷に困ったことありませんか?
私も以前、そのような状況になったことがあり、支店などにお願いし、宅配便で送ってもらいました。しかし、いくら社内とはいえ枚数がかさむと、頼みづらいですし、CAD出力ができる印刷屋をさがすのも苦労しました。

そこで、三菱商事の「プリントサイト」というサービスですが、
インターネットさえ繋がれば、CAD図面や大量の印刷物(工事概要書や施工計画書など)を簡単に依頼することができるそうです。成果物は宅配便で送られてきます。

金額はそれぞれ異なるため一概には言えませんが、それほど高くはないようです。

詳細はこちら
http://www.kensetsu-site.com/print.html

プリントサイト01プリントサイト02

ブログ更新情報をメールで受取り

RSS更新メールこのブログ「現場主義」が更新されたことをメールで受取ることができるサービスをサイドバーにつけてみました。
MixFeedの「ブログメール」というサービスで、メールアドレスを登録して頂くと、ブログ更新時に登録アドレスにメールが届きます。
http://mixfeed.jp/feedmail/
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


現在の閲覧者数:

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Rakuten

Pitta
楽天
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ