現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

プロジェクト・土木遺産

本日開通、「東京ゲートブリッジ」を車で通過、中防側からのアプローチルート

工事用桟橋の頃から追いかけてきて、
臨海道路臨海道路2
 臨海大橋 臨海大橋
オリンパスさんの冊子「現場主義」の表紙にも使われている
「東京ゲートブリッジ」が本日ついに開通しました。
TG122925 TG122941
TG122943 TG122946
開通当日と言うことで、歩道はかなりの混雑でした。歩道のアクセスは若洲側のみですが、将来は中防側からも可能になり、海の森への連絡路にもなりそうです。

東京ゲートブリッジ関連記事
2012年01月30日:
2月12日に開通する「東京ゲートブリッジ」が一般公開
2011年02月26日:
東京ゲートブリッジ、最終架設前日の状況
2011年01月01日:「東京港臨海大橋」改め「東京ゲートブリッジ」の状況写真
2010年09月03日:2011年夏の開通が半年程度延期、損傷の見つかった東京港臨海大橋(仮称)
2010年04月06日:
東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業)
2008年10月25日:
東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
2007年04月28日:東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)

開通当日つながりとして
2010年03月28日:
首都高速 大橋ジャンクション開通!さっそく通行
その他のプロジェクト関連

と言うことで、開通したので、早速車で走ってきました。
若洲側からのアプローチは渋滞が予想されましたので、中央防波堤側からアプローチしています。続きを読む

2月12日に開通する「東京ゲートブリッジ」が一般公開

東京港臨海道路二期事業区間として工事が進められてきた中央防波堤外側埋立地から江東区の若洲公園までが、いよいよ2月12日に開通となります。
そこで、開通前に、東京ゲートブリッジが一般公開となりました。
ゲートブリッジ01ゲートブリッジ02

今回開通するのは、二期事業分の約4.6km。そのうち東京ゲートブリッジ部分は約2.6kmで、車線数は往復6車線(橋梁部分は往復4車線)となります。
若洲側の湾岸道路への出口部分になる新木場立体の工事が完成していないため、しばらくは渋滞が予想されますが、ゲートブリッジの開通により、お台場や有明付近の湾岸道路の渋滞は緩和されることでしょう。
さらに、「東京ゲートブリッジ」の完成により、東京の観光名所がひとつ増えることになります(若洲側昇降設備よりゲートブリッジの歩道に上ることができます)。

工事用桟橋(左)や橋脚(右)だけの頃がなつかしいですね。
臨海道路臨海道路2

東京ゲートブリッジ関連記事
2011年02月26日:東京ゲートブリッジ、最終架設前日の状況
http://const.livedoor.biz/archives/51949342.html
2011年01月01日:「東京港臨海大橋」改め「東京ゲートブリッジ」の状況写真
http://const.livedoor.biz/archives/51928131.html
2010年9月3日:2011年夏の開通が半年程度延期、損傷の見つかった東京港臨海大橋(仮称)
http://const.livedoor.biz/archives/51882612.html
2010年04月06日:東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業)
http://const.livedoor.biz/archives/51820456.html
2008年10月25日:東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
http://const.livedoor.biz/archives/51503682.html
2007年04月28日:東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)
http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html

現場主義が見てきた、東京スカイツリー634mの軌跡

3月の震災後まもなく634mに達した東京スカイツリーですが、
クレーンがだいぶすっきりしましたので、見に行ってきました。
スカイツリー (1)スカイツリー (3)

「上を向いて、がんばろう、日本」
スカイツリー (2)スカイツリー (4)
ここに来ると、その通り、みんなが上を向いています。

と言うことで、現場主義が見てきた東京スカイツリー634mの軌跡をまとめてみました。

2011年02月07日:569m「東京スカイツリー 569m、634mまで残りは65m」
http://const.livedoor.biz/archives/51942139.html
2010年04月04日:338m「スカイツリー、日本一高い構造物に」
http://const.livedoor.biz/archives/51819549.html
2010年01月26日:274m「東京スカイツリー建設中!274m」
http://const.livedoor.biz/archives/51785077.html
2009年08月25日:110m「東京スカイツリー建設中!110m」
http://const.livedoor.biz/archives/51699523.html
2005年07月10日:「新東京タワー」
http://const.livedoor.biz/archives/27633881.html

スカイツリーは東京の様々な景色に溶け込むようになりました。
スカイツリー (5)

圏央道海老名IC側から小田厚へは専用連絡路で東名を通らずに行くことができます

昨年開通した圏央道(さがみ縦貫道路)海老名ICから海老名JCTですが、海老名ICからは専用連絡路が厚木ICまで伸びているため、東名に合流することなく小田原厚木道路に乗り込むことができます。


大きな地図で見る 

実際に写真で見てみましょう。
まずは海老名インターチェンジ。
110812_091912110812_092252
インターチェンジ途中から見た、施工中の北側(八王子JCT)方面です。 
110812_092303
本線は開通してまもないため、まだきれいですし、暫定片側1車線となっています。
110812_092311110812_092330
海老名JCT、東京方面は左、名古屋や厚木方面は右への分岐になります。
110812_092410110812_092422
ここからが圏央道専用連絡路になります。右側に東名高速道路があり、厚木ICまで併走します。
110812_092501
厚木ICのところで、東名本線への合流と厚木IC出口や小田原厚木道路方面となります。
110812_092522
右側に見えるのが東名本線への合流連絡路。東名への合流は厚木IC入口と同じ位置になります。

逆方面、厚木ICや小田原厚木道路からは、圏央道専用の連絡路になるので、東名本線への合流は今までどおりの位置となります。

整備が進む、熱海港海岸・長浜海浜公園

ad7894c9.jpg28cd4005.jpg

静岡県熱海市に位置する熱海港海岸、長浜海浜公園。
静岡県交通基盤部熱海土木事務所が平成6年度より整備を続けている海水浴場です。

今回、北側半分の北工区が完成し、駐車場や休憩所がきれいに整備されました。
数年前から整備の進捗を見守っていましたので、砂浜がきれいに整備され、うれしい限りです。
(整備しないと砂浜が侵食されてなくなってしまう危機でした)

継続して、南側にも防波堤を築造し、南工区の整備を進めていくそうです。

熱海と網代に挟ませた、この長浜海水浴場は、比較的穴場でもあり、うみの家や出前が食べられる休憩所(うみえーる長浜)もあるため、オススメのスポットです。

R17新大宮バイパス・上尾道路とR16新大宮・西大宮バイパスを接続する宮前ICの走り方

南北に走る国道17号線新大宮バイパス、そして東西に走る国道16号線新大宮バイパス、西大宮バイパス。
さらに、新しく完成した国道17号線上尾道路。これらが交差するのが、こちらの宮前インターチェンジ(宮前IC)です。


大きな地図で見る

ここは、もともと新大宮バイパス一本しか通っていませんでしたが、西大宮バイパスが完成してインターチェンジとなり、さらに上尾道路が完成して、現在のような複雑な形になっています。
こちらが、完成形のジオラマ写真ですが、完成時にはさらに上尾道路の自動車専用道路部が高架で通過する形になります。
宮前ICジオラマ


各方面からの行き先が複雑な上、まだ未完成形なので上のジオラマ通りの車線になっておりません。
そこで、走行するのに便利なのが、配布されている宮前ICの方向別走行MAP。非常にわかりやすくまとめられております。
宮前IC (1)宮前IC (2)
パターン1:東京方面から各方面へ
宮前IC (3)
パターン2:上尾道路方面から各方面へ
宮前IC (4)
パターン3:川越方面から各方面へ
宮前IC (5)
パターン4:上尾・岩槻方面から各方面へ
宮前IC (6)

明日からの夏期休暇で、利用されるようでしたら、参考にしてみてください。

地元児童による横断歩道橋の名付け(国道17号線上尾道路)

上尾道路とは、国道17号線のバイパス道路で、新大宮バイパスと熊谷バイパスを結びます。

上尾道路(大宮国道事務所)
http://www.ktr.mlit.go.jp/oomiya/02sigoto/17/ageo01.htm

また中央部には自動車専用道路が計画されており、首都高速埼玉高速線与野ジャンクションと圏央道桶川ジャンクション(桶川北本インターチェンジ)が接続され、都内へのアクセスがひとつ増えることになります。


大きな地図で見る

2010年3月27日に上尾道路の一部として、一般道路部が開通しましたが、幅広い道路にかかる歩道橋には、地元小学生から募集した名前が付けられています。
OH000004

地域に親しまれる上尾道路を目指して(PDF)
http://www.ktr.mlit.go.jp/oomiya/02sigoto/17/pdf/ageo_chiiki.pdf

私も昨年からよく通行し、歩道橋の名前には気づいていましたが、このような取り組みをしているとは知りませんでした。

八ッ場ダムを見学して、川原湯温泉にお得に泊まろう!(1人3000円割引)

昨年12月に国道145号線の丸岩大橋(湖面3号橋)が開通し、今年4/25には不動大橋(湖面2号橋)が開通した群馬県の八ッ場ダム。

八ッ場ダム関連工事見学会や事業説明会の参加を目的にした4名以上の団体(家族を含む)には、ダム湖に沈んでしまう現在の川原湯温泉に宿泊する際、1人につき3000円が割引されます。

お得に泊まろう!
川原湯温泉は新しく生まれ変わります。
http://const.livedoor.biz/archives/51923705.html

付替え国道145号線(八ツ場バイパス)の開通により、非常に走りやすくなったのですが、やんば館のずっと上の方を通過してしまうため、来館者が減っているとのことです。
川原湯温泉に宿泊して、現場見学会に参加されてみてはいかがでしょうか?

割引に関する詳細はこちら
http://www.pref.gunma.jp/06/h5200001.html

八ッ場ダム現場見学会に関する詳細はこちら
http://www.ktr.mlit.go.jp/yanba/kengaku/kengaku.htm
現場見学会は、一年を通じて、毎週月曜日と木曜日(祝祭日を除く)に開催されています。

東京ゲートブリッジ、最終架設前日の状況

東京ゲートブリッジ最終架設前日
中央防波堤と若洲を結ぶ東京ゲートブリッジでは、明日、残っている中央部の最終架設が予定されていますが、本日最終架設の桁がクレーン船に吊られていると言うことで、急遽見に行ってみました。
東京ゲートブリッジ最終架設前日東京ゲートブリッジ最終架設前日
東京ゲートブリッジ最終架設前日東京ゲートブリッジ最終架設前日

橋脚へのアプローチ用のタワーも完成間近。内部ではエレベータの工事を行っている様子でした。
東京ゲートブリッジ最終架設前日
こちらは、新しい駐車場になる場所でしょうか。かなりの面積を造成していました。ここからエレベータに乗って、東京ゲートブリッジに上り、歩道から夜景を眺める日があっという間に来ることでしょう。
造成状況造成状況
湾岸道路までのアプローチ工事なども最盛期を迎えていました。
しかし、建設技術はすばらしいですね。

東京ゲートブリッジ 下部トラス桁架設工事記録 (川田工業)
http://www.youtube.com/watch?v=gabcMUX2e1o
(1時間を6秒間に早送りした架設の状況を見ることができます)

関連記事
2011年01月01日:「東京港臨海大橋」改め「東京ゲートブリッジ」の状況写真
http://const.livedoor.biz/archives/51928131.html
2010年9月3日:2011年夏の開通が半年程度延期、損傷の見つかった東京港臨海大橋(仮称)
http://const.livedoor.biz/archives/51882612.html
2010年04月06日:東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業)
http://const.livedoor.biz/archives/51820456.html
2008年10月25日:東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
http://const.livedoor.biz/archives/51503682.html
2007年04月28日:東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)
http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html

東京スカイツリー 569m、634mまで残りは65m

ご存じ大林組が施工する、東京スカイツリーが569mに達しました。完成の634mまで、いよいよ残りは65m(春頃到達予定とのことです)。
スカイツリー(2枚パノラマ)スカイツリー

ゲイン塔のリフトアップも、順調に進んでいるようで、いよいよ完成間近といった感じでした。
ゲイン塔
大林JV(大林・株木・東武建設共同企業体)が施工している東街区のビル(31階建)も施工が進んでいます。
大林JV東街区東街区とスカイツリー

第1展望台の外壁はほぼ完成し、安全ネットもはずされていました。
http://www.obayashi.co.jp/news/skytreedetail14_20110106

スカイツリーを見に行ったのは、今回で5回目。
完成間近と言うことで、関連記事を集めてみました。
新東京タワー候補地の記事からは、なんと5年半も経過しています。

関連記事
2010年04月04日「スカイツリー、日本一高い構造物に」
http://const.livedoor.biz/archives/51819549.html
2010年01月26日「東京スカイツリー建設中!274m」
http://const.livedoor.biz/archives/51785077.html
2009年08月25日「東京スカイツリー建設中!110m」
http://const.livedoor.biz/archives/51699523.html
2005年07月10日「新東京タワー」
http://const.livedoor.biz/archives/27633881.html

新東名(第二東名)静岡県内の区間が2012年夏に開通、制限速度120km/hで調整中

神奈川県から愛知県まで工事している新東名高速道路(第二東名)が、来年2012年夏に一部開通すると日本経済新聞のサイトに掲載されていました。

記事によると、全長約254キロメートルのうち静岡県内の約145キロメートル(連絡道を含めると約162km)を先行して2012年夏に利用できるようにするそうです(約半年の前倒し)。

日本経済新聞サイト
http://s.nikkei.com/fRQq7b

当初設計速度140km/hとされていましたが、現状は制限速度120km/hで調整を行っているようです。
(もしかしたら将来140km/hになるかもしれません)
参考資料(PDF)

新東名高速道路の進捗状況(NEXCO中日本)
http://www.c-nexco.co.jp/shintomei/section.html
新東名高速道路

「東京港臨海大橋」改め「東京ゲートブリッジ」の状況写真

2010年11月15日に中央防波堤と若洲を結ぶ「東京港臨海大橋(仮称)」の正式名称が「東京ゲートブリッジ」に決定いたしました。
選定理由は、「本名称は、航路を跨ぐ本橋の立地特性をとらえており、東京を行き交う船舶のシンボリックな表玄関であることをイメージ できる。 また、馴染みのある言葉で構成されており、末永く、多くの人々に親しまれ、愛されることが期待できる。」とのことです。

記者発表資料より
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/tokyo/news/pdf/kisha20101115.pdf

9月からさらに仮設も進み、現在の状況は以下の通り、中央径間を残すのみとなっていました。
東京ゲートブリッジ東京ゲートブリッジ
東京ゲートブリッジ東京ゲートブリッジ
東京ゲートブリッジ東京ゲートブリッジ

若洲側のアプローチ道路はほぼ完成。
アプローチ道路アプローチ道路

若洲公園側の岸壁では、人工磯の復旧工事、
人工磯復旧工事人工磯復旧工事
公園内では、若洲海土公園復旧工事が施工されていました。
また、湾岸線との交差部では、国道357号線の立体化工事が急ピッチで進められていました。

若洲海浜公園の海釣り公園からは、東京タワーとスカイツリーの両方を見ることができます。
東京タワースカイツリー

関連記事
2010年9月3日:2011年夏の開通が半年程度延期、損傷の見つかった東京港臨海大橋(仮称)
http://const.livedoor.biz/archives/51882612.html
2010年04月06日 東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業) http://const.livedoor.biz/archives/51820456.html
2008年10月25日 東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
http://const.livedoor.biz/archives/51503682.html
2007年04月28日 東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路) http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html

道路整備工事が進んでいる「八ツ場ダム」関連プロジェクトレポート(2010年11月)

2010年1月に引き続き、八ツ場ダム関連プロジェクトレポート。
http://const.livedoor.biz/archives/51778256.html

まずはいつも通り八ツ場館へ。今回で八ツ場館へは実に7回目。(右:八ツ場ダム工事事務所サイトより)
八ツ場館八ツ場ダム

そしてメディアで毎日のように八ッ場ダムの代わりに登場して有名になり、観光地にもなっている湖面2号橋。すでに完成していますが、橋梁の両端の造成工事中のため残念ながらまだ通ることはできません。
湖面2号橋湖面2号強
八ツ場館駐車場から見上げた新しい国道145号線(八ツ場バイパス)。下部に見えるのは現JR線路ですが、ここは水没の高さに含まれます。
付け替え国道

こちらは、新しい川原湯温泉予定地付近の造成工事現場。写真右側に見えている2次製品のトンネル内には新しいJR吾妻線が通ります。トンネルを除くと現在は途中まで線路が敷いてある状態。
新河原湯温泉駅造成地付け替えJR
湖面2号橋も、このエリアに繋がり、対岸と接続されます。
湖面2号橋
ちなみにこちらの看板は、現在の川原湯温泉街にある水没の高さを示したもの。この高さまで水没するため、ここより少し高台に新しい新川原湯温泉の源泉をすでに発掘済みです。
旧川原湯温泉水没線


付け替え県道や付け替え国道145号線(八ツ場バイパス)も前回と比較してかなりの距離が開通していました。
新しい国道は今までの吾妻渓谷沿いの細い道とは比較にならないくらい快適な道で、これで観光シーズンの渋滞も回避することができるでしょう。
八ツ場バイパス事業八ツ場バイパス事業
付け替え国道付け替え国道
長いトンネル(松谷第1トンネル・松谷第2トンネル)も開通していますが、現道の国道まで(雁ヶ沢ランプは工事中のため)は接続されず、松谷高架橋のところで現道への連絡道で接続されています。
付け替え国道雁ヶ沢ランプ
付け替え国道暫定終点付け替え国道暫定終点

前回の記事にも書きましたが、こちらがJRの付け替え吾妻線で、既設線路との取付け部に完成している橋梁(第二吾妻川B)。この橋梁を越えると、約24‰の勾配で新川原湯温泉駅へ向けて上昇していきます。
付け替えJR

次回のレポートは2012年2月の予定です。

首都高速神奈川6号川崎線と1号横羽線を接続する大師JCTを走ってみました

羽田空港の国際線ターミナルがオープンする1日前の10月20日に、首都高速道路神奈川6号川崎線と1号横羽線を結ぶ大師ジャンクションが開通しました。
これにより、横羽線からもアクアラインや湾岸線に行けるようになりましたが、残念ながら接続されたのは横浜側からのアクセスのみ。
東京側からのアクセスでは、一度大師インターで降りなければなりません。
大師JCT詳細大師ジャンクション
首都高速道路サイトより

と言うことで、横羽線の大師インターを降りて、交差点を右折し、大師ジャンクションの入口から神奈川6号川崎線へ向けて走って来ました。
当日は右折車線工事中のため、409号線をUターンして、左折で首都高速へ。分岐左は横羽線横浜方面、右が川崎線方面。
大師JCT大師JCT
分岐後、すぐに地下へと入っていき、ループで深度を稼ぎます。
大師JCT大師JCT
一度直線になってから、本線へ流入する最後のカーブへ。
P大師JCT大師JCT
このあたりから、MMST工法で構築したトンネルでしょうか?
大師JCT大師JCT
そして、殿町へ向けて、地上へ顔を出します。
大師JCT
真新しい道路なのがよく分かります。
大師JCT大師JCT

現在、川崎線は来年3月末まで半額の300円なので、アクアラインまで首都高速道路700円と大師までの特定区間料金300円、それに川崎線の300円の通行料金が必要でした(湾岸線からアクアラインにアクセスすれば700円のみ)。
横浜方面からは、同じ横浜料金の600円で行き来ができるので、横浜方面の方には便利になります。

首都高速道路神奈川6号川崎線サイト
http://kanagaway.com/k6-kawasaki/index.html

都内で2番目に高いビル、「立体道路制度」により建物の中を道路(環状2号線)が走る

現在森ビルが特定建築者として建設(施工者:大林組)している環状2号・III街区プロジェクト(ビル名は未定)。

森ビル森ビル詳細
立体道路制度」によって、建設物の中を道路(環状2号線)が走りますので、一体として整備中。
この場所は、汐留方向から地下を通ってきた環状2号線が地上に出る部分となります。

施工状況建築計画
掲示してある建築計画によると、地上53階・地下5階、247m(最高255m)で、都庁の243mを抜き、都内一のミッドタウン248mに迫る都内2番目の高さとなる。
現在は埋蔵文化財調査や地中の支障物撤去中らしく、着工予定は平成22年11月30日、完了予定は平成26年9月30日とのこと。

環状2号線とは、マッカーサー道路とも呼ばれ、虎ノ門付近(JTビル付近)の外堀通りと有明を結ぶ道路で、有明側にはすでに橋梁が一部完成していますが、築地市場を通るため、全面開通には築地市場の移転が必要となります。
環状2号線航空写真

東京都都市整備局サイトより
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/saikaihatu_j/newpage7-jigyogaiyo2009.pdf
森ビルサイト
http://www.mori.co.jp/projects/kanjo-2go/
晴海~汐留側事業
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/12/20hck400.htm

日本一長い直線道路29.2Km(北海道美唄市〜滝川市)

3b549195.jpg700fc63b.jpg

1823f805.jpg746eee88.jpg

北海道美唄市から滝川市に続く日本一長い直線道路。
札幌から旭川へ向かう国道12号線で、なんと長さは29.2Km。
この道路は囚人によって開削工事が行われたそうです。


大きな地図で見る

2011年夏の開通が半年程度延期、損傷の見つかった東京港臨海大橋(仮称)

2011年の夏に開通を目指して工事が進められている東京港臨海大橋ですが、今年4月よりも中央径間の架設が進んでいました。
2010年4月の写真
http://const.livedoor.biz/archives/51820456.html
橋脚しかなかった2007年4月
http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html

臨海大橋臨海大橋

ただ、残念ながら5月に架設した中央径間のトラス桁に曳航中に損傷があり、補修のため開通が半年程度延期となるそうです。
国交省記者発表
http://www.ktr.mlit.go.jp/kisha/tokyo-p_00000008.html
臨海大橋臨海大橋
羽田空港の空路にあたるうえ、航行する船舶との絡みもあり、高さ制限と桁下制限の厳しい中、このような形に設計された臨海大橋ですが、視察時にも羽田空港に着陸する飛行機が連続して通過していました。

平面図臨海大橋
右側は若洲海浜公園内、ほぼ真下から見た臨海大橋。かなり高い位置を走っています。

こちらは、新木場側からのアプローチ部分。こちらもだいぶ完成しています。
臨海大橋臨海大橋
なお、国土交通省では、この東京港臨海大橋(仮称)大橋の名称を募集していました(募集期間は終了)。発表は11月上旬。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2010/06/20k6s800.htm
個人的には、臨海大橋で構わないような気もしますが、レインボーブリッジなみのインパクトある名前が良いですね。

関連記事
2010年04月06日 東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業)
http://const.livedoor.biz/archives/51820456.html
2008年10月25日 東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
http://const.livedoor.biz/archives/51503682.html
2007年04月28日 東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)
http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html

渋谷駅の再開発:埼京線ホームが山手線の隣に移動します

平成24年度に副都心線と相互乗り入れする東急東横線。これにより東急東横線の現在のホームは不要になります。これに伴い、渋谷駅では大規模な再開発が計画されています。
整備概要
整備概要
・東急東横線の地下化(副都心線との相互乗入)
・現東急東横線ホーム跡地を利用して、山手線の隣に埼京線ホームを移動
・銀座線ホームを移動し、ホームを拡大
・JRホーム上をまたぐ形で駅ビルの再開発
・バスロータリーや車線の拡充  など

平面図(左:現況、右:整備案)
平面図(整備前)平面図(整備後)
鳥瞰図(左:現況、右:整備案)
鳥瞰図(整備前)鳥瞰図(整備後)

詳細はこちら、「渋谷駅街区基盤整備方針」(PDF)
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/topics/h20/topi020.pdf

広島高速2号線と3号線が4/26に開通

4/26に開通した広島高速2号線と3号線に乗ってきました。今まで単独で開通していた高速がそれぞれ結ばれたので、かなり便利になるようです。
広島高速開通区間

広島高速2号線及び3号線(宇品~吉島)の開通について
http://www.h-exp.or.jp/condition/pdfword/100226.pdf

温品JCTから5号線への接続部と、3号線本線の様子。
5号線接続部.JPG2号線本線.JPG
高速3号線や広島呉道路接続部の仁保JCT。
仁保JCT1.JPG仁保JCT2.JPG
高速3号線2期区間
3号線1.JPG3号線2.JPG
高速3号線3期区間への接続部(工事中)
3号線終点.JPG3号線終点2.JPG

東京港臨海大橋 (東京港臨海道路II期事業)

6000tの下部トラス桁を3台の超大型クレーン台船で一括仮設した東京港臨海大橋。中央防波堤と若洲を結ぶ約3kmの橋ですが、着々と工事が進んでいます。
臨海大橋臨海大橋

一括仮設の様子はこちら
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090928_318047.html
臨海大橋の完成イメージはこちら
ライトアップ
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/tokyo/work/image.html

橋梁には歩道が整備されるようなので、東京湾を一望できる新しい観光スポットになることでしょう。

さらに、若洲側の橋脚拡張工事や新木場付近の湾岸道路立体交差工事も着々と進んでいるようです。

東京港臨海道路関連記事はこちら
2008年10月5日:東京港臨海道路と第二東京湾岸道路
http://const.livedoor.biz/archives/51503682.html
2007年4月28日:東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)
http://const.livedoor.biz/archives/50802527.html


より大きな地図で 臨海大橋 を表示

プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


現在の閲覧者数:

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Rakuten

Pitta
楽天
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ