現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

プロジェクト・土木遺産

首都高速道路中央環状新宿線・山手トンネル開通!

首都高速道で工事が進められている中央環状線。12月22日16時にその内の、5号池袋線と4号新宿線をつなぐ中央環状新宿線・山手トンネル(環状6号線山手通り直下)が開通しました。

東京SMOOTH (C2InfomationCenter)
http://www.c2info.jp/
山手トンネル全体のイメージ図

早速、熊野町JCTから西新宿JCTまで、走りに行ってきました。続きを読む

日暮里・舎人ライナーの試験運転

平成20年3月30日に開業が決定した「日暮里・舎人ライナー」。
http://const.livedoor.biz/archives/50684458.html

先日、たまたま荒川の橋梁をを見上げると、車両が走っている光景を見ることができました。
すでに試験運転が始まっているようです。

舎人ライナー.JPG舎人ライナー2.JPG
写真手前が足立小台駅、奥が扇大橋駅になります。

メトロ副都心線、トンネルウォーク

副都心線.JPG

平成20年6月に開通するメトロ副都心線(地下鉄13号線)ですが、地下鉄開通80周年イベントの一環として、開通前のトンネルを歩くイベントが開催されます。

場所は、新宿三丁目駅から東新宿駅までの往復で、80組160名を招待。
申込みはハガキで11月7日(水)必着なので、まもなく締切りですが、都内で開通前の地下鉄を歩けるようなイベントはしばらくなさそうなのでいかがでしょうか?
http://www.tokyometro.jp/news/2007/2007-48.html
http://www.tokyometro.jp/news/2007/2007-48_1.html

現場の皆様は、対応ご苦労様です。一般の方が入るとなると、ホームからの階段やトンネル内の足場整備が大変かと思いますが、イベント成功のためがんばってください。

住所がない中央防波堤

お台場の南側に位置する埋め立て地、「中央防波堤」には住所がありません。
というのも、どこの区のものになるか、決まらないそうです。
このエリアの住所は、東京都江東区青海2丁目地先で片付けられていますが、広大で、建物も多く建ち並んでいます。また、臨海道路の延長建設も進んでいます。

拡大地図を表示

かつてはお台場も各区からの取り合いになり、中央区と大田区が引き下がり、港区・品川区・江東区が獲得したと聞いています。この際ですから、臨海区や台場区などの新しい区ができてもおかしくないかもしれません(23区再編の動きもありますし)。
この中央防波堤も、十数年後にはお台場のような都市となることでしょう。
ちなみに、中央防波堤内側の東側には「海の森」と呼ばれる公園が計画されています。
umimori[1].gif東京都港湾局より
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/uminomori/index.html

さらに南側には新海面処分場の建設が進んでいます。
http://www.tptc.or.jp/kensetsu/bohatei.htm
続きを読む

【八ッ場ダム】平成22年(2010年)完成に向けて整備中

草津温泉の入口、長野原では2010年完成に向けて、八ッ場(やんば)ダムの整備が進められています。
八ッ場H22完成 八ッ場リポート

情報プラザの八ッ場館には模型が掲示され、ダムに沈む街に住まわれている方々の代替地がどのように山間につくられるかが良く分かります。
八ッ場模型1 八ッ場模型2
下流側の吾妻渓谷はダムの下流になるため完成後も残るようです。

初めてこの地へ来たのは4年前の2003年のこと。
川原湯温泉に宿泊しましたが、川原湯温泉街も川原湯温泉駅もダムに沈むため、新しい駅と街ができるようです。

岡山駅東西連絡エスカレータ、サンフェスタ岡山オープン

昨日は岡山に滞在しておりましたが、たまたま岡山駅の東西連絡通路東口側エスカレータと階段の共用開始日でした。

岡山日日新聞サイト
http://www.okanichi.co.jp/20070622125810.html

これで、岡山駅の正面玄関の模様替えが完成したそうです。
070803_岡山駅01.JPG

通り抜けやすくなった、東西連絡通路。
070803_岡山駅02.JPG

同時に、サンフェスタ岡山(飲食店5店)もオープン。
岡山駅の改修工事は、2009年度まで続くそうです。だいぶ様変わりしましたね。

栃木県庁舎建替え工事

栃木県庁舎建替え工事の現場を見学してきました。
栃木県庁01.JPG 栃木県庁02.JPG

驚きは、こちらの建物。
栃木県庁旧庁舎.JPG
庁舎敷地の端に建てられているこの建物ですが、実は旧庁舎の正面玄関だったそうです。
詳細な工法は不明ですが、正面玄関の両側を切り取って、ここまで移動してきたそうです。
下記の写真集を見ると、移動してきているのが分かります。

空撮写真集
http://www.pref.tochigi.jp/chosya/jyoukyou/album.html

新庁舎の完成イメージ図はこちら(栃木県サイトから)
tyoukan3[1].jpg

議会議事堂はすでの共用を開始していますが、議会室の楕円柱の建物が、周りの柱に支えられて、宙に浮いている構造になっています。
議会場01.JPG 議会場02.JPG
左側の天井に見えるのが、楕円柱の底になります。
構造はこちら

県庁舎の工事状況サイト
http://www.pref.tochigi.jp/chosya/jyoukyou/jyoukyou.htm

東京港臨海道路・東京港臨海大橋(第2東京湾岸道路)

城南島から中央防波堤を経由して若洲に達する、第二東京湾岸道路の一部である東京港臨海道路。城南島から中央防波堤はすでに開通していますが、中防から若洲の工事も進んでいます。

第二湾岸道路
http://www.ktr.mlit.go.jp/wangan/michi/jigyou/wangan2/

臨海道路.JPG 070422_りんかい大橋(5).JPG
東京都サイト
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2005/08/20f8b600.htm

橋脚が立ち並び、上部工が始まるのを待っているところみたいです。
070422_りんかい大橋(1).JPG 070422_りんかい大橋(2).JPG

070422_りんかい大橋(3).JPG 070422_りんかい大橋(4).JPG
3年後には開通、東京の新しいシンボルです。
この辺は、他にも開発予定が複数残っています。

中央防波堤には、「海の森」ができるようです。
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/uminomori/gaiyou.html
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/jigyo/shingikai/uminomori.html

「メトロ副都心線」に名称決定

昨日24日に、東京メトロ13号線の名称が「メトロ副都心線」に決定したという情報をいただきました。
名称の理由は、副都心である池袋・新宿・渋谷を通るからのようです。

東京メトロサイト
http://www.tokyometro.jp/sinsenkensetsu/13/index.html

建設中.jpg

駅名も以下のように正式決定しました。
「雑司が谷」、「西早稲田」、「東新宿(仮:新宿7丁目)」、「新宿三丁目」
「北参道(仮:新千駄ヶ谷)」 、「明治神宮前」、「渋谷」
平成20年6月頃開通予定。
現在、有楽町新線として通過している「千川」、「要町」についても供用開始。

渋谷駅の地下駅工事を現在施工していますが、東急東横線への乗入は平成24年の予定で、みなとみらい線まで乗入れる予定のようです。

成田新高速鉄道・着工

成田新高速鉄道と国道464号北千葉道路が昨年着工されました。

記者発表資料(国交省サイト)・PDF
http://www.ktr.mlit.go.jp/chiba/pdf/06020601.pdf

千葉北道路.JPG

現在、京成電鉄(北総鉄道)が千葉ニュータウン線の「印旛日本医大駅」まで乗り入れていますが、ここから成田空港まで鉄道と、その脇に国道464号線を新設する事業です。

これにより、都心から成田空港までの新線(京成・北総・千葉NT・成田高速鉄道・成田空港高速鉄道)がついに完成します。
成田新高速鉄道路線図.JPG

しかも、新線区間は160km/hで運転、北総及びニュータウン線も130km/h運転を行うため、現在51分かかっている京成スカイライナーの所要時間が、なんと36分まで短縮されます。かなり便利です。

豊洲の再開発

再開発真っ最中の豊洲に行ってきました。
再開発の詳細は、「豊洲再開発とアーバンドッグ」を参照。

こちらが、石川島播磨重工業(IHI)の工場跡地に登場したららぽーと豊洲。
大型の造船工場があったのですが、2番目に紹介する晴海大橋などの設置に伴い、造船ができなくなったため閉鎖となったようです。
造船ドックはそのまま残しています。コンクリートに歴史を感じます。
ドッグ.JPG アーバンドッグ

左がドッグから海側を眺めた景色。奥にレインボーブリッジがあり、手前には新しく開通した晴海大橋(晴豊1号橋)が見えます。右側のように、晴海大橋は中央部に首都高速、測道に一般道ができますが、現在は一般道のみとなっています。
晴豊橋.JPG 晴海大橋.JPG

晴海大橋

また、その奥に、環状2号線となる晴豊2号橋を施工していました。
晴豊2号橋.JPG
写真手前側の空き地は、築地市場の移転地。ゆりかもめ駅ではすでに市場前ができています。

そして、豊洲まで延伸したゆりかもめ。新橋から乗車すると混んでますが、豊洲側は空いていました。右側は終端部、左へカーブしているのは、さらに延伸する計画のため。
ゆりかもめ豊洲駅.JPG ゆりかもめ延長.JPG

こちらが東京メトロ有楽町線の豊洲駅。ホームの真ん中は、豊洲駅から分岐して住吉へ延伸するため。半蔵門線を経由して、さらに野田市まで延伸予定。
千葉県の鉄道整備計画サイト
豊洲駅.JPG 8gou[1].gif

最後は、晴海側の景色。
再開発が進んでいるのが分かると思いますが、よく見ると右手前に晴海小野田レミコンの工場が見えると思います。肉眼で見ると、合成かと思うほど、かなり不思議な景色でした。
IHI02.JPG 晴海小野田レミコン

環状5の1号線・明治通り(雑司ヶ谷地区)

環状5の1号線バイパスの整備事業が進んでいます。
明治通りを拡幅したりバイパスにするもので、渋谷・新宿・池袋の連携を強化するものだそうです。
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/content/000026881.pdf
地下鉄13号線と同時に整備されている箇所もあるようです。

先日、サンシャイン60の展望台に行ってきましたが、雑司ヶ谷地区の整備が眼下に見ることができ、大部分の家屋が立ち退いていました。特に都電荒川線の雑司ヶ谷駅周辺は昔の面影がないくらいです。

5ノ1
 サンシャイン60展望台より
この写真の中央右下にある小学校(日の出小学校)跡地に豊島区役所が移転するかもしれないそうです。

立退きの状況を見るために、古い地図と新しい地図をGoogleMapで比較してみました。
環状5ノ1号線

こちらが豊島区の都市計画道路現況図です。
豊島区都市計画道路現況図
環状5ノ1号線(明治通り)が豊島区を貫いているのが分かると思います。
この環状5-1号線(明治通り)と、首都高速中央環状線(新宿線・渋谷線)が開通すれば、池袋から渋谷までの移動時間がだいぶ短縮されることでしょう。

首都高速中央環状新宿線 走行イメージCGムービー

eec38925.jpg最近、土木のビッグプロジェクトのサイトが増えていますが、この首都高速道路中央環状新宿線の現場写真などを掲載している、東京トンネリックスも、その1つ。
サイト自体は、昨年から存在しているものなのですが、このサイトの中にある、中央環状新宿線を走行しているイメージムービーが、非常に良くできています。
また、現場写真なども、親しみがわくように掲載されています。

先日も述べましたが、今後の土木事業は、このようにイベント化し、情報を様々な形で公開し、国民の信頼を得ることが必須になってくることでしょう。



東京トンネリックス走行CGムービー
http://www.tokyo-tunnelix.jp/movie.html

東京トンネリックス(首都高速中央環状新宿線地底工事現場目撃計画)
http://www.tokyo-tunnelix.jp/

第二東京タワーの建設地は墨田区に決定したようです

864fe01a.bmp





すみだタワーHPより

以前に第2東京タワーについて、候補地を紹介させて頂きましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/27633881.html
本日、建設地が墨田区に決定したようです。
高さは610m、2008年に着工し、2011年の7月には完成させるようです。地上450mと同350mに展望台ができるため、新しい観光地となりそうです。

すみだタワーHP http://www.sumida-tower.jp/

NikkeiBP HP
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/free/NEWS/20060330/128417/

滝沢ダム試験湛水

湛水 takizawa









滝沢ダム(埼玉県秩父市大滝)の試験湛水状況です。
10月から試験湛水に入ったのですが、
数日前に地滑りの傾向が見られたため、一時中止しているそうです。

周辺は紅葉し始めで、三峰山付近はにぎわっていました。

つくばエクスプレス試乗

入線 DVC00015.JPG







ホーム 電光掲示板







ロゴマーク ロゴマーク2








つくばエクスプレスの秋葉原駅からつくば駅まで往復試乗してきました。
今日は朝から通常ダイヤで試運転しているらしく、
その中の快速電車に乗りました。
停車駅は秋葉原、新御徒町、浅草、南千住、北千住(ここまで10分)
南流山、流山おおたかの森、守谷、つくば(所要時間45分)
営業速度は130kmと速いが、揺れが少なく、静かでした。
(当初から路線の設計速度を高めに設定していました。)

下記の通り、沿線において「ITエクスプレス」として
駅構内の無線LAN環境の整備と列車内でのトライアルを実施するそうです。
DVC00016.JPG








ちなみに今は秋葉原始発ですが、東京駅までの延伸予定とか?
↓(左から)試乗記念のしおり、浅草駅の壁画(サンバカーニバル)、守谷駅
DVC00013.JPG 浅草駅壁画







守谷駅

新東京タワー

東京に2つめの東京タワーを建設することは、皆様ご存じでしょうか?
すみだタワー
東京タワー候補

2011年までに600m級の新東京タワーを建設するものです。

新東京タワーの目的を詳細に書くと長くなりますが、 一言で、地震対策とデジタル放送とビルの高層化対応ということになります。
加えて、携帯電話機やPDAなどによる移動受信サービスが可能になるそうです。
誘致として数カ所、名乗りを上げていましたが、 ちょっと前(3月末)のニュースで、 「さいたま新都心」と「墨田・台東エリア」が残る形となりました。
HPや記事を読むと、それぞれの候補地にそれぞれのゼネコンが名乗りを上げていたみたいです。
すみだタワー さいたまタワー 新東京タワー(池袋)
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


現在の閲覧者数:

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
Rakuten

Pitta
楽天
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ