現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

 ├Office

常に最新版のOfficeが個人で5台まで使用できる「Office365」

MicrosoftOfficeが約3年ごとに最新版が発売になり、毎回悩みながらも購入しています。
また、個人所有のパソコンであれば、2台までインストールして使用できるのですが、最近3台パソコンを使用しており、3台目の対応に少し困っていました。

ということで、以前から気になっていた「Office365」の導入に踏み切ってみました。
これは、年額なら12360円、月額なら1250円で、常に最新版のマイクロソフトオフィスを使用することができ、さらに個人所有のハードウェアなら5台までインストールすることができます(サイトでは企業での導入ばかりかかれていますが個人でも問題ありません)。
Office365
今度、iOS版も登場(海外では公開済み)されると思われるので、パソコン3台+スマホ・タブレットの5台体制になる見込みです。

使用し始めて3か月を過ぎました。
ブラウザ上で使える、OfficeWebAppsと混同しがちですが、Office365ではアプリケーションがパソコンにインストールされますので、ネットが使えない環境での影響はなく、使用感は満足しています。

現在、30日間の試用ができるので、試してみてはいかがでしょうか。
(現在インストールしているオフィスには影響ありません)

Microsoft
http://www.microsoft.com/ja-jp/office/365/default.aspx

【Office2010】クイックアクセスツールバーを同じ仕様に統一

複数のパソコンを使用していると、ExcelやWordなど、マイクロソフトオフィス2010のクイックアクセスツールバーが違う仕様になっているなんてことに。
私もそんな1人でしたが、仕事用パソコンもOfficeが2010にバージョンアップしたため、複数パソコンで使用しているOffice2010のクイックアクセスツールバーを同じ仕様に統一してみました。

クイックアクセスツールバーは、その仕様を標準機能でインポート・エクスポートできますので、簡単に統一することができます。
ファイルタブ内にあるオプションからインポート・エクスポートすることができます。
OH000076
クイックアクセスツールバー内の右下にあるユーザー設定にて、インポートとエクスポートができます。
こちらで、よく使っているOfficeからクイックアクセスツールバーをエクスポートします。

こちらが、初期のクイックアクセスツールバー
OH000075
インポートして、すべてを置き換えることにより、
OH000077
自分の使いやすいクイックアクセスツールバーに変わりました。
OH000078

私個人の意外と使えるオススメアイコンは、
[共通編]
・フォント、フォントサイズ、フォントサイズの拡大と縮小
・PDFまたはXPS形式で発行(PDFを作成)
・印刷プレビューと印刷
・クイック印刷
・中央揃え
・図形
[Excel編]
・セルの結合、結合の解除
・セルを結合して中央揃え
・横書きテキストボックスの描画
・オブジェクトの選択
[Word編]
・蛍光ペン
・書式のクリア
などです。

Office2003風のツールバー・メニューを表示するアプリ(Office2010対応)

マイクロソフトオフィス2010がだいぶ普及してきましたが、相変わらずツールバーの様変わりに苦慮している方が多いようです。

Office2003のようなメニューやツールバーを表示することができるソフトが出ていますので、こちらを利用すると良いでしょう。
(Office 2007に対応したソフトは数多くありますが、以下のソフトは2010にも対応しています)

クラシックスタイルメニュー for Office 2010
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/business/se483273.html

01_ユーザーインターフェイス

【PowerPoint】スライドに時計(現在の時刻)を表示

パワーポイントのスライドに時計を表示させる方法を教えていただいたので、記録しておきます。
スライドに時計拡大→時計
このように、スライドに時計のShockwaveFlashを貼付けることにより、表示することができます。
時計のソフトを発表用のパソコンにインストールして時計を表示する方法もありますが、パソコンが変わってしまうと見ることができませんし、常時表示されてしまうので、こちらの方がおすすめです。
(とは言え、Flashのファイルをスライドと同じフォルダに入れておく必要はあります)

~手順~
1.まずは、ShockwaveFlashの時計を探します。
色々なサイトを見ましたが、以下のサイトに掲載されているファイルをダウンロードしてみました。
シンツカ堂
http://www.shintuka.net/flashd01.php
赤い飯
http://akaimesi.blog32.fc2.com/blog-entry-512.html

2.下準備として、Excelに開発リボンがあるか確認します。
ない場合は、以下の手順で表示させます。
・「Excelのオプション」→「基本設定」→「Excelの使用に関する基本オプション」にある、「[開発]タブをリボンに表示する」にチェックを入れます。
開発タブの表示
・「OK」をクリックすると開発タブが表示されます。
開発タブ

3.コントロールを作成し、Flashファイルを指定。
・開発リボン内にあるコントロールの右下のアイコンをクリック。
開発タブ
・「コントロールの選択」にて「SchockwaveFlashObject」を選択し、コントロールを描画。
コントロールの種類
・右クリック内の「プロパティ」をクリック。
プロパティ
・「Movie」欄に、Flashファイルのファイル名(拡張子込み)を記入(コピペが良いです、拡張子は「swf」になります)。
プロパティ
これで、設定は終了です。一度スライドショーを行って確認してみてください。
貼付けたいページに貼付けることもできますし、スライドマスタに貼付ければ、該当するスライドすべてに貼付けることができます

Microsoft Office 2010

WS000038
2010年6月にに発売が予定されているマイクロソフトオフィス2010。
ベータ版が無償で公開されていますので、早速インストールしてみました。
(ベータ版は10月まで利用することができます)
WS000031WS000037

MicrosoftOffice2010ベータ版ダウンロードサイト
http://www.microsoft.com/japan/office/2010/beta/default.mspx

WS000035WS000036
PowerPoint2010が最初に表示されましたが、スライドの切り替えに、キューブやギャラリーなど様々な効果が追加されています。
他にもセルの中に小さなグラフを書くことができるExcel2010のスパークラインも魅力的ですね。

なお、Office2010は、「Click to Run」と呼ぶ技術を用いて、バックグランドでダウンロードおよびインストールしているため、驚くほどあっという間に使うことができます。

新機能はMicrosoftのサイトで見ることができます。
http://officebeta.microsoft.com/ja-JP/support/FX100996114.aspx
スクリーンショットで見るOffice2010
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/30/news079.html

MicrosoftOffice2007利用の方へ、SP2へのバージョンアップをオススメします

4/29より、MicrosoftOffice2007サービスパック2(SP2)の提供が開始されました。
私も2台のパソコンで2007シリーズのExcel2007やWord2007、Outlook2007などを利用していますが、速度が遅い(特に画像を貼り付けた場合)など、いくつかの不満がありました。
今回、このSP2導入により、不具合や速度も改善されていますので、導入をオススメします。
 

更新プログラムのダウンロードはこちらから
2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 (SP2)

300MB以上のファイル容量がありますので、ダウンロードするタイミングには注意が必要です。
この更新プログラムひとつで、インストールされている2007シリーズのソフトを自動的に判断し、インストールしてくれます。

「2007 Microsoft(R) Office system Service Pack 2」日本語版を、4月29日(水)より提供開始
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3683

【Office】MicrosoftOffice2007の保存形式をいつも2003以前の形式に

Office2003と2007形式が混在している現場では、少し面倒なことが発生しています。
2003以前の形式のものは2007で開けますが、2007形式のファイルを2003で開くとコンバートされて開くことはできますが、2007形式で上書きすることはできません。
私も、2つのバージョンを利用していますが、保存時に気にしながら97-2003形式で保存していました。

しかし、Office2007の保存形式を常に97-2003形式になるように初期設定することができるようです。
詳細は、いつも参考にさせていただいている[「PC&CALS よろずや工房」のPCサポートカルテ]をご覧ください。

Office 2007文書を2003以前のバージョンを利用しているユーザーが利用できない
http://pc-cals.nishida-tf.com/?eid=736802

写真ファイルを使いやすいPictureManagerで開くように設定

工事写真などjpegファイルをダブルクリックすると、通常では「MicrosoftPhotoEditor」が開きますが、是非使いやすい「MicrosoftOfficePictureManager」が開くように設定することをオススメします。

マイクロソフトフォトエディター(基本的には編集ソフト)
リンク付け(1).JPG

通常使用するプログラムの変更方法
該当するファイル上で右クリックし、プログラムから開く→プログラムの選択(Vistaでは規定のプログラムの選択)
リンク付け(2).JPGリンク付け(5).JPG
マイクロソフトオフィスピクチャーマネージャーを選択し、下部にある「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックを入れ、OK。
リンク付け(3).JPGリンク付け(4).JPG
これで、写真をダブルクリックした際は、MicrosoftOfficePictureManagerが常に開くようになります。

Office製品などで名前を付けて保存が遅い

MicrosoftOffice製品などで、「名前を付けて保存」を実行すると、パソコンが2分ほど固まってしまうとの相談が来ました。

原因は、切断されているネットワーク上の共有ハードディスクをネットワークドライブに割り当てたままのため

別の現場で、共有HDをネットワークドライブに割り当てたものを、現場が変わってもそのままの設定だったため、「名前をつけて保存」のときにネットワークドライブを探しに行っていたようです。

対策は簡単!、ネットワークドライブを右クリックで切断するだけです。もし不要なネットワークドライブがあるようでしたら、切断したほうが良いでしょう。
ネットワークドライブ切断

MicrosoftPictureManagerで、お手軽ファイル名一括変更

リネームソフトは数々ありますが、写真整理に便利なMicrosoftPictureManagerでも簡単にファイル名を一括変換することができます。
ファイル名の変更

関連記事
工事写真ファイルの整理に便利なソフト(MicrosoftPictureManager)
写真のファイル名を一括変更(Namery)

手順は簡単で、ファイル名を付け替えたい写真を複数選択し、右クリックで「名前の変更」。
リネーム(1).JPG
すると、右側に作業ウィンドウが表示されますので、リネームのファイル名設定します。
リネーム(2).JPG
機能は最小限ですが、写真のリネーム程度でしたら十分です。
・新しいファイル名に置き換え
・現在のファイル名の前or後に追加
・連番を前or後に追加(桁数や開始番号の設定も可能)

【Office】MicrosoftOfficePictureManagerの起動が遅いときの対処方法

写真の整理や閲覧、名前の変更や簡単な編集などに便利な「Microsoft Office Picture Manager」ですが、突然起動が遅くなったので何とかしてほしいと連絡がありました。
Picture_Manager

少し調べてみると、マイクロソフトサポートオンラインにありました。
「Office Picture Manager は、開くの低速になります」
http://support.microsoft.com/kb/555592/ja

WindowsXPの場合
C:Documents and Settings<ユーザー名>LocalSettingsApplication DataMicrosoftOIS
WindowsVistaの場合
C:Users<ユーザー名>AppDataLocalMicrosoftOIS
(フォルダが表示されない場合は、フォルダオプションで表示タブで全て表示に設定)
OIScatalog
上記フォルダ内にある「OIScatalog.cag」をテキストエディタやメモ帳で開きます。
OIScatalog

「mru path」で始まる行を全て削除します(このパスがネットワーク上などにあると読み込むのに時間がかかり、起動が遅くなります)。
以上で、起動速度が回復します。

次回から、この「Picture Manager」の便利機能をご紹介します。

究極のファイルサイズ縮小方法

総合評価落札方式などの入札資料をExcelやWordで作成しますが、電子入札で添付する際に、添付できる容量に制限があるため、そのファイル容量で悩んだことはないでしょうか。

エクセルやワードなど、マイクロソフトオフィス製品では、「図の圧縮」でファイルサイズを縮小することができます。
http://const.livedoor.biz/archives/24611910.html

しかし、昨日もあったのですが、図が結合されていたり、貼り付けられている図がビットマップだったりすると、ファイル容量はそれほど小さくなりません。巡り巡ってきたデータは、様々な人によって様々な方法で図が貼り付けられているため、解読には時間を要します。

そこで、究極の方法ですが、図や写真の部分をキャプチャして、貼り付けなおしましょう

方法は至って簡単で、プリントスクリーンなどを利用しても良い(トリミングや図の圧縮が必要)ですし、下のようなソフトを利用してキャプチャデータのJpegファイルを作成し、図を入れ替えても良いです。
http://const.livedoor.biz/archives/50776155.html
winshot02.jpg

この方法により、短時間で50MBだったMicrosoftWordのデータが、160KBまでに縮小することができました。

【Office】Excelなどのアイコン設定(カスタマイズ)

手元のパソコンを再インストールしたため、各設定を自分仕様に戻しています。
その中の一つとして、マイクロソフトオフィス(MicrosoftOffice)シリーズのアイコン設定があります。

ExcelやWordでは、ツールバーに置くアイコンを簡単に追加・削除・並替えができます。

=方法=
1.ツールバーで右クリックし、ユーザー設定
コマンド(1).JPG

2.コマンドタブから追加したいコマンド(アイコン)を選んで、ドラッグアンドドロップ
コマンド(2).JPG

削除は、削除したいコマンド(アイコン)をドラッグしてツールバーエリア以外で離す

おすすめは、「セルの結合」、「セル結合の解除」、「横方向に結合」や「上下中央揃え」などです。
コマンド(3).JPG

色々ありますので、よく使うコマンドを登録しておくと良いでしょう。

PowerPointがなくてもPDFでスライド

PowerPointがない現場でも、Acrobat(PDF)でスライドを表示することができます。
スライドをWordやExcelなどで作成し、PDFに変換(横方向の原稿が適してます)。

AdobeReader8などのビューワソフトで全画面表示(フルスクリーンモード)を使用するとスライドのように表示されます。
フルスクリーンモード.jpg

左クリックで次ページ、右クリックで前ページに移動し、マウスポインタも時間が経過すると消えるようになっていますので、充分PowerPointのかわりになります(アニメーション機能は残念ながら使用できません)。
スライド表示.jpg

MicrosoftOffice2007ファイルを読込むためのコンバータ(無償)

Microsoftから新しいバージョンのOfficeが登場しましたが、このバージョン2007から新しいファイル形式が採用されています。
各拡張子の最後に「x」がついており、ファイルがZIP形式になりました。
(試しに、拡張子をZIPに変更すると中身を見ることができます)
これにより、ファイルサイズが縮小されると共に、ファイルがXML記述になり、また貼付けた写真なども内部フォルダにファイルとして保存されるため、様々な可能性が増えました。

この、バージョン2007方式のファイルを旧バージョンのMicrosoftOffice製品で扱うためのコンバータが、Microsoftから無償でダウンロードすることができます。

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=941b3470-3ae9-4aee-8f43-c6bb74cd1466&DisplayLang=ja
2007コンバータ.JPG

概要(ダウンロードサイトから抜粋)
Microsoft Office 2000、Office XP、または Office 2003 に加えて互換機能パックをインストールすることにより、Word、Excel、および PowerPoint 2007 で新たに採用されたファイル形式のファイルを表示、編集、および保存できるようになります。

Outlookのデータファイル壊れた場合の修復方法

Outlookのデータファイルがおかしくなった場合(保存しているメールが開けなくなったりした場合)、以下の手順にて修復を行うことができます。

修復プログラム「SCANPST」

C:\Program Files\Common Files\System\Mapi\1041\SCANPST.EXE
SCANPST0.jpg

「scanpst」を実行したのち、pstファイルを指定し、実行。
SCANPST1.jpg

エラーが出た場合、表示が出るので、修復(このとき、バックアップファイルの作成を推薦します)。
SCANPST2.jpg 

下記メッセージが出たら、完了です。Outlookを再起動してみてください。
SCANPST3.jpg

「Officeに貼付けた画像の圧縮方法」を更新しました

「EXCELなどに画像を貼付けたファイルのサイズ縮小方法」を
分かりやすく更新致しました。

こちらをご覧ください。
http://const.livedoor.biz/archives/24611910.html

【Outlook】Outlook2003で添付が勝手に削除!

Outlook2003を使用しているかたで、 添付ファイルが勝手に削除されてしまったことはありませんか? 一番簡単な方法は、アクセスが制限される拡張子のファイルでも、 圧縮することによって拡張子が変更されて削除されなくなるのですが、 送信者に申出て、再送信してもらう必要があります。 Outlook2002(及びOutlookExpress)まではオプション設定で変更できたのですが、 Ver2003からは、レジストリの操作が必要になりました。 以下に、フリーソフトで変更する方法と、レジストリで変更する方法を紹介します。 .侫蝓璽愁侫(Vectorより) http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se347933.html outlook2003 ▲譽献好肇(MicrosoftのHPより)  ※レジストリの操作は十分ご注意ください。 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3bja%3b881259 outlook2003-2

【Office】Excelなどに画像を貼付けたファイルのサイズ縮小方法5

※工事概要書や写真帳をエクセル(ワード)で作成されている方、必見です。

EXCELやWORDなど、Microsoft Office製品に画像を貼付けると、画像ファイル(Jpegなど)の圧縮が解けてしまう(その製品の形式に変換される)ため、ファイルサイズが大きくになってしまいます。
この場合、Office製品上(Ver.2002以上)にて、「図の圧縮」コマンドを使用して、簡単にファイルサイズを縮小することができます。

【方法】
「図のツールバー」を表示し、「図の圧縮」アイコンをクリック。
「ドキュメント内のすべての図」を選択し、 「図の圧縮」と「図のトリミング部分の削除」にチェックが入っていることを確認し、「OK」をクリック。
圧縮手順
解像度の変更は「印刷(200dpi)」で構わないですが、 印刷をせずに画面上のみであれば「Web/画面(96dpi)」でも十分です。
この操作を行うと、ファイルサイズを大幅に縮小することが出来ます。 WordやExcel、以外のPowerPointなどにも共通です。
例として、エクセル3つで59.2MB→7.92MBになりました。
圧縮前圧縮後







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ






工事現場用カメラ


こんなケースも


工事現場用ネックストラップ
 


=現場プリンタ=
A3版対応両面印刷複合機
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ