現場主義  (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

カテゴリ:ちょっとしたテクニック >  ├SketchUp

SketchUpのデータをGoogleEarthの上に配置、お台場に600mのタワーを描く

以前にもSketchUpのモデルをGoogleEarthに配置する方法をアップしましたが、かなりの時間が経過し、方法も変わっていましたので、改めてアップしてみました。SketchUp(画像はVer8です)にて、下記の「その他の画像を追加」をクリック。モデルを配置する場所をGoogleマップ上か …
続きを読む
【SketchUp活用】Googleスケッチアップの建設機械や重機が掲載されているサイト

スケッチアップ用の建設機械や重機、保安資材、人物などの部品を無料で公開しているサイトを紹介します。SU-KENKIhttp://sites.google.com/site/rentalldigson/重機は非常に良くできていますし、人物は腕や腰などでグループされているため、回すことにより様々な形になります …
続きを読む
【SketchUp】ビティ仮設枠組足場の素材

SketchUpの素材はインターネット上で色々と配布されていますが、毎度お世話になっているこてつさんのブログでGoogleスケッチアップ用ビティ足場(枠組足場)の3次元素材が掲載されています。 ファイルをダウンロードさせていただくと、ビティの種類毎、そして幅毎に素材があり …
続きを読む
【SketchUp】3次元で施工シミュレーション

先日、SketchUpで配筋図を紹介させていただいた「建設ブロガーに憧れて・・」のこてつさんですが、さらにSketchUpを使って、橋台の施工過程を3次元で書かれております。 「建設ブロガーに憧れて・・」スケッチアップで施工シミュレーション このように3次元でシュミレーシ …
続きを読む
【SketchUp】鉄筋の取り合いを3次元で確認

GoogleSketchUpの活用事例として、複雑な鉄筋の取り合いを確認することができます。 橋脚や橋台などでは、鉄筋図がいくつかの図面に分かれて表記されているため、いざ現場で組むときに組めないことに気づくことがあります。 事前に配筋の取り合いを確認するには、複数の図面 …
続きを読む
【SketchUp入門】土木技術者のためのGoogleスケッチアップ入門(3.プッシュ/プルを使って橋脚を描く)

土木現場でも有効に利用することができるフリーの三次元CADソフト「Googleスケッチアップ」の簡単な使い方を不定期更新で連載しています。第3回目、プッシュ/プルを使って橋脚を描く前回インポートした構造図を利用して、下記のような橋脚を書いて行きたいと思います。1.「線 …
続きを読む
【SketchUp入門】土木技術者のためのGoogleスケッチアップ入門(2.AutoCAD図面のインポート)

土木現場でも有効に利用することができるフリーの三次元CADソフト「Googleスケッチアップ」の簡単な使い方を不定期更新でご紹介しています。 第2回目、AutoCADの平面図ファイルをインポート 土木工事の場合は通常、平面図があるため、この平面図をSketchUpの平面(床の部分) …
続きを読む
【SketchUp入門】土木技術者のためのGoogleスケッチアップ入門(1.インストール)

土木現場でも有効に利用することができるフリーの三次元CADソフト「Googleスケッチアップ」ですが、今回から不定期更新で、簡単な使い方をご紹介します。 第1回目、Googleスケッチアップのインストール 無料の3DCADソフト「GoogleSketchUp」は現在Ver6(09.3.4現在)で、 有 …
続きを読む
【SketchUp】「フォローミー」機能でトンネルを描画

Googleスケッチアップのフォローミー機能をご紹介します。 この機能を利用すると、通常直線上に断面を伸ばすことができる「プッシュ/プル」をあるライン上で動かすことができます。 例として、トンネルの線形を簡単に書いてみました。 1.適当にトンネル断面を書きます。 …
続きを読む