現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

建設的iPad活用(iPhone/iPod)

iOS12から誕生した「計測」アプリ、現場でも使えます

iPhoneに新しいOSを入れると表れる「計測」というアプリ。

iOS12からApple公式で誕生した寸法を測れるアプリで、卓上のあるものを計測できますが、
このように現場にあるものを計測し、撮影したものをメールで送ることもできますので、意外と便利です。

計測

スマホで揺れのない動画を撮影(ジンバル・スタビライザー)

スタビライザーと聞くと、土木業界では地盤改良の混合攪拌機を思いがちですが、スタビライザーは安定という意味だそうです。

最近、現場ではなるべく記録動画を残すようにしていますが、スマホでの撮影ではどうしても揺れが発生することで、安っぽい動画になりがちでした。
そこで、今回、世間で話題になっている安価になった安定機(ジンバルまたはスタビライザーと呼ばれているようです)を購入してみました。

購入するにあたり、いろいろと検討し、最後まで残ったのは、以下の2機種でした。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DJIジャパン ハンディスタビライザー OSMO MOBILE2 OSMOM2
価格:16770円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ZHIYUN Smooth 4-Black C030016J
価格:15994円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)



比較したのは、重さ(質量)、小型、シンプル、もちろん最低限の性能と価格。
そして、購入に至ったのは、ドローンでも有名なdji社の「OSMO Mobile 2」
https://www.dji.com/jp/osmo-mobile-2
OSMO Mobile 2 OSMO Mobile 2(正面)

ボックスカルバートの中で、右手にジンバル、左手にスマホを持って歩いてみました。

違いは一目瞭然ですね。
OSMO Mobile 2にはケースがついていないため、持ち運び用のケースも買ってみました。

iPhone6sとiPhoneXsMax、ワイシャツの胸ポケット状況

前回の記事にも書きましたが、iPhoneXsMaxの大きさは関数電卓とほぼ同じなため、作業服の胸ポケットでしたら問題ないのですが、ワイシャツの胸ポケットですと違和感があります。

ということで、iPhone6sとの違いを撮影してみました。

iPhone6sですと、ちょうどレンズが見える感じで、重さも5sほどではないですが軽いため、それほど違和感がありません。
FullSizeRender
次に、iPhoneXsMaxだとこんな感じです。
レンズが縦に2つなのでこちらもレンズが見える感じです(約3.3cm)。飛び出してる長さがあるため、前かがみなどの時に不安定感がありますが、落ちることは今のところありません。
FullSizeRender
もちろん、ワイシャツの胸ポケットの大きさにもよりますが、比較的小さめのカバーでこんな感じなので、iFaceなどでしたら、ちょっと厳しそうです。
iPhone7PlusやiPhone8Plusも同じような大きさですので、ワイシャツを着るのが多い方はご注意ください。

大きいが、Plusシリーズよりは少し小さいiPhoneXsMax

昨日発売されたiPhoneXsとiPhoneXsMax。
やっと512GBが発売されました。
iCloudの200GBを使いながら何とかしのいできましたが、やっと快適な環境に。
IMG_0888
左から5s、6、X、XsMax、7Plus(撮影は6s)

画面の画素数も一目瞭然ですが、液晶の見やすさがなんと言っても違いました。
表題の通り、1番右側のPlusシリーズが1番大きくなりますが、暑さは今回のXsMaxのほうが厚い感じです。
IMG_0884
作業服のポケットであれば、関数電卓と同じような大きさなので問題ないですが、ワイシャツのポケットですと、7Plusの時もそうでしたが、違和感あります。

今回はそれほど大きな機能変更はありませんでしたが、処理能力があがったのが特徴でしょうか。
iOS12にアップデートしたおかげで6や5sも早くなったので、使い勝手はよくなりましたが。

会社などで一括購入される機種は7や8が一般的になりそうですね。


MVNO、混雑しているdocomoからソフトバンクへ電波切替え

MVNOを利用し始めて数年経過し、DMMモバイル、楽天モバイル、LINEモバイルを利用していますが、
MVNOはdocomoの回線がほとんどだったのですが、このたびLINEモバイルからソフトバンクの回線も取扱スタートと言うことで、さっそく回線を乗り換えてみました。

使用しているスマホは、SIMフリーのiPhoneXのため、SIMカードを入替えただけで、電波がdocomoからdソフトバンクに切り替わりました。
ドコモ ソフトバンク

スピードを確認してみるとこんな感じで、ソフトバンクが圧勝でした(もちろん地域等の色々な要素があるため、一概には言えませんが)。

docomo回線
スピード(ドコモ)

ソフトバンク回線
スピード(ソフトバンク)


 

iPhone6のバッテリ交換を郵送でやってみた

古いiPhoneの速度を遅くしていたとかの償い(?)で、通常であれば8,800円かかるiPhoneのバッテリ交換が、現在3,200円で出来ると言うことで、さっそく古くなったiPhone6をバッテリ交換することに。
バッテリ交換

対象:iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X
期間等:2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

しかし、ショップの予約を取ろうとすると、かなりの混雑で、週末に予約が取れない状況。
そこで、郵送によるバッテリ交換をやってみることにしました。

Appleのサイトで、ログインすれば、登録している端末が表示されるため、バッテリ交換する端末を選択。端末を引き取りに来る日時を指定して、支払登録(クレジットカードにしました)したら準備完了(iPhoneを探すをOffにする必要があります)。
引取はクロネコヤマトで、端末だけ渡せばOKでした。

日曜日の夜に引取に来て、水曜日に修理開始連絡、その日中に完了と返送連絡があり、金曜には戻ってきました。
実はひとつ問題が生じたのですが、端末が完全リセットされてました。あと、液晶保護のガラスもはがされていました。店舗でのバッテリ交換の時は、どちらもそのままだったので、その気持ちでいたため、注意書きには書いてあったとは言え、店舗と同じかなと言う気持ちもあったため、ちょっと残念でした。

iOS11の新しい写真ファイル形式、「HEIC」をJpeg変換

iOS11から採用された高圧縮の画像ファイル形式「HEIF形式(拡張子HEIC)」

「iOS11、写真ファイルがJpeg形式から高圧縮のHEIF形式へ」
http://const.livedoor.biz/archives/52390711.html

USB接続でパソコンに写真ファイルを移動した際は、自動的にJpeg形式に変換されますが、
私のようにGoogleフォトにバックアップして、そこからダウンロードすると、そのままHEIF形式になってしまいます。

そこで、使用しているのが、Jpeg形式に変換するフリーソフト。
iMazing-HEIC-Converter

iMazing-HEIC-Converter
https://imazing.com/heic/download

ドラッグアンドドロップだけで簡単に変換が可能です。

iPhone8、キャリアと格安SIM、月々の料金を比較

現在、iPhoneをSIMフリーで購入して、格安SIMの楽天モバイルで使用しています。

月々の現在の支払い状況(楽天モバイル)
10GBプラン、楽天でんわかけ放題 約4120円/月

さて、この度、iPhone8の64GBに変更するにあたり、キャリア(ソフトバンク)で買った方が安いか、SIMフリーで買った方が安いか、どちらが得なのか調べてみました(4年だと端末がリースのような感じになるので、2年で計算)。

まず、
SIMフリーiPhone8 64GBの金額は、 85,104円(税抜78,800円)
運用額は楽天モバイル(楽天でんわかけ放題+10GB) 4,120円×24ヶ月=98,880円
合計:183,984円

次に、ソフトバンク(通話し放題+20GB)の場合、
端末費実質負担額 24回払い720円(48回払い360円/月) スマ放題2160円+ギガモンスター6,480円=9,360円(48回払いの場合は9,000円)
9,360円×24ヶ月=224,640円
合計:224,640円

データ量の違いやつながりやすさ等の違いはありますが、
4万円ほどの差がつきましたので、SIMフリーの楽天モバイルにしようと思います。


iPhoneX アップルストア 11/17注文、11/30到着

品薄状態のアップルストアSIMフリー版「iPhoneX」ですが、
11/17にネットで注文した256GB・スペースグレイが、明日到着すると連絡がありました。

現在のところ、13日間(約2週間)なので、少しずつ落ち着いてきた感じでしょうか?

iPhoneX2

眠ってる顔では認証しない、ヘルメットでも大丈夫な「iPhone X」

iPhone X、SIMフリーが手元に届きました。
早速、iPhone 7 Plus、iPhone 5sと比べてみます。
サイズはPlusより小さくなったため、作業服の胸ポケットでも余裕があります。
[画像:c9e0c8bc-s.jpg]
[画像:2f5a58c3-s.jpg]

今回色々と問題視されている顔認証ですが、目をつむった顔では認証されませんでした。
これなら、寝ている顔で勝手に認証されることはなさそうですね。
ヘルメット姿は問題なく認証されますので、軍手を取って指紋認証なんてのはいりません(タッチ対応軍手かタッチペンは必要ですが)。

初期設定が直接端末同士でつながって設定してくれるのは便利でした。
パソコンからの復元時間は、データが大きいのもあり、約2時間かかりました。
今回も移行に際して、特に不具合は発生しませんでした。

iPhoneX SIMフリー版の発送が2週間早まる

発売日にAppleサイトで注文したiPhoneXのSIMフリー版
iPhoneX注文時

予約開始10分程度で注文したにも係わらず、お届け予定日は11/30〜12/6でしたが、
先ほど、明日(11/15)に届くとメールがありました。
iPhoneX発送
なぜかは分かりませんが、2週間〜3週間ほど早まったようです。

iPad、iOS11から新しくなったキーボード「QuickType」

iOS11から少し新しくなったiPad用キーボード「QuickTypeキーボード」
QuickTypeキーボード
ご覧のとおり、地球マークで切替えることなく数字や記号を入力することができます。アルファベットの上に小さく表示されている文字を切替えなく入力できます。

入力方法は、キーを下向きにフリックです。
QuickTypeキーボード入力




iOS11、写真ファイルがJpeg形式から高圧縮のHEIF形式へ

昨日から更新が可能になった「iOS11」から写真や動画のファイル形式が変わっています。
(これにより、写真や動画のファイルサイズが今までの約半分の容量になります)

写真フォーマット「HEIF」(ヒーフ?)
・写真の拡張子は「.jpg」から「.heic」
動画用フォーマット「HEVC」
・動画の拡張子は変わりませんがエンコードが変わりました

heicファイルjpegファイル
左heicファイル、右jpegファイル、ファイルサイズ2566kb→1116kbになっています。

Googleフォトでは、いち早くHEIF形式に対応しましたので、バックアップや今まで通り開くことはできますが、写真ファイルをダウンロードすると、拡張子は「.heic」になっており、今まで通りではパソコンでは開けません。
しかし、USBケーブルでiPhoneを接続して、ファイルをコピーすれば、今まで通りのJpeg形式で取り込むことができます。

4K動画の全天球360度カメラ、「Insta360 One」と「THETA V」

2つのレンズで見える物すべて、全天球360度を撮影することが可能な全天球カメラ
魅力的な機種が2つ登場します。
ハコスコ「Insta360 One」
リコー「THETA V」

今まで利用していたリコーの「THETA S」は、FullHD(2K)でした。
http://const.livedoor.biz/archives/52319967.html

動画が4Kになると言うことで、どちらを購入するか迷いましたが、
手ぶれ補正機能が強力そうな「Insta360 ONE」を注文。

気になった主な特徴としては、の最大の特徴は、
・FreeCapture機能で、特定の物体や人を動画に取り出すことができる
・6軸の手ブレ補正機能が搭載でドローンや走行中の撮影も安定
・マトリックスのようなバレットタイム撮影
詳しくは実機が届きましたら。

実機は、8/30に注文し、昨日の9/10に中国の深セン市から発送されました。
Insta360注文Insta360発送

Lightningアダプタの収納可能な薄型モバイルバッテリー

以前、紹介したスヌーピーのバッテリー
iPhone用ライトニング変換アダプタがすっぽり、薄型モバイルバッテリ
http://const.livedoor.biz/archives/52371099.html
モバイルバッテリー

スヌーピー柄のないノーマルなバッテリーの情報を頂いていましたので紹介させて頂きます。
私もさっそくAmazonにて注文しました。
ライトニング変換アダプタもついているのでお得です。
OKITI モバイルバッテリー ケーブル内蔵 軽量 超薄型 ライトニング/microUSBコネクタ付き

スマホで工事写真、電子小黒板を導入するには

「建設的スマホ活用」というカテゴリーを作成してかなりの年月が経過しましたが、
2017年2月より、公共工事でも、スマホ等で電子的に写真に黒板を写し込み、電子納品することができるようになりました。少しずつ浸透してきているのではないでしょうか。

先日、どのようにすれば導入できるのかと言う問合せがありましたが、
電子小黒板の導入は簡単で、アプリとソフトを導入すれば、完了です。
信憑性うんぬんがありますが、これは、対応しているアプリ・ソフトを導入すれば特に意識する必要はありません。

日建連のサイトにも導入ガイドが掲載されています。
電子小黒板

施工者のための電子小黒板導入ガイド
http://www.nikkenren.com/rss/pdf/1029/kokuban.pdf 

これも省力化、i-Constructionの一環になることでしょう。

iPhone用ライトニング変換アダプタがすっぽり、薄型モバイルバッテリ

何気なく購入した薄型モバイルバッテリ
ライトニングモバイルバッテリ01 ライトニングモバイルバッテリ02
microUSBケーブルが内蔵されているので、ケーブルを別に持ち歩く必要がありません。
さらによく見ると、何かが入りそうなスペースがあります。もしや?

iPhone・iPad用のライトニングに変換する純正の「Lightning - Micro USBアダプタ」を試しに入れてみると、
ライトニングモバイルバッテリ03 ライトニングモバイルバッテリ04
すっぽりと収まります。
ライトニングモバイルバッテリ05
特にサイトに書かれているわけではないのですが、これはもっとアピールしても良いのでは?と感じた便利なバッテリでした。
無地のものがないかと探したのですが。。。


満を持して、Windows10Mobileデビュー

Windows10Mobileには興味がありましたが、なかなかよい端末に出会えず見送っておりましたが、
そんなとき、VAIOPhoneBizが、込み込み29800円とメールが。さっそく注文してみました。
image image

狙いは仕事用、Officeとの連携を期待しています。
とりあえず、メールの設定や、必要なソフトをインストール。
まず、引っかかったのは、ドキュワークスのビューワが出てこない。最近は意外と添付がドキュで来ることが増えましたので。
image

iOSとAndroidとWindowsの3台持ちになってしまいましたが、どれから脱落することでしょうか。

iPhoneに新規のSuicaカードを登録する方法

アップデートにより、iPhoneでSuicaやQUICPayが本日より使えるようになりましたので、早速設定。
アップデート

App Storeの登録カードをJCBにしていたためか、QUICPayはあっさりと設定完了。

続いて、Suicaと思い、既存のSuicaを読み込もうとしたところ、読み込んだら既存のSuicaは使えなくなりますという文字が。
既存のSuicaはクレジットカード一体型なのでそれは困る。
サイトを探していると、SuicaアプリでSuicaカードの新規発行が出来ることを発見。
SuicaアプリSuica発行

これで、Suicaカードを新規発行し、問題なくiPhoneに新しいSuicaを登録することができました。いやはや、分かりにくいものです。

電子マネー依存症の私がiPhone7で賄えるか?、答えはムリそう

仕事がら出張が多いため、電車の乗車券はもちろん、新幹線や飛行機などと、基本小銭入れを持たないため電子マネーを酷使しています。
SuicaでJRの乗車券や新幹線、特急券、グリーン券
その他Suica提携の地下鉄や私鉄
東海道・山陽新幹線
飛行機のANAとJAL
決済系のQUICPay、ID、nanaco、Edy、など
電子マネー

財布を忘れてもあわてませんが、ガラケーを忘れると生活できません。

iPhone7から、電子マネーの機能がつきましたが、これらの機能を網羅するのはムリなようです。

まだ、使用可能になっていないため、はっきりはしていませんが、SuicaとIDとQUICPayだけとか?。しかもSuicaは特急券はムリとか?







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Since 2004.11.30


Comments
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。

現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

また、各種情報やご意見、ご要望など、お気軽にメールをお待ちしております。

記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ