現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

建設的iPad活用(iPhone/iPod)

【iOS】iPadやiPhoneを使って現地調査や施設管理

iPadを利用して現地調査や施設管理を行うことができる「カンタンマップ」。
このたび、iPhone版が正式リリースとなり、片手でも利用できるようになりました。
カンタンマップ

システムの特徴は、以下のとおり。
・高精度な地図データをGoogleマップと重ね合わせての利用が可能
・本体に保存されるので、ネット接続不要
・ポイント情報に、属性や写真などの関連ファイルが容易に閲覧
・ポイント情報や関連する写真などのデータは、iPhone上で登録・編集が可能

カンタンマップ for iPhone - at-creation Inc.
カンタンマップ for iPhone - at-creation Inc.

アプリの詳細はこちら
http://www.at-creation.co.jp/system/iPad.html 

iPhone版説明ページ
http://www.at-creation.co.jp/system/iPhone.html

【iOSアプリ】指でなぞれば距離が分かる「なぞる距離測定」

地図を指でなぞれば、その距離が表示される単純なアプリ。
ルートが分かっているときは、これが意外と役立ちます。

写真 12-05-15 19 12 43

なぞる距離測定 - Watanabe Toshinori


現場でしたら、産廃や残土の運搬距離を簡単に調べることができます。

【iOSアプリ】大成建設が開発した「FieldPad(フィールドパッド)」

昨年大成建設から発表されたiPad・iPhone用アプリ「フィールドパッド(FieldPad)」
しばらく時間が経過しましたが、先週4/18にAppStoreから公開となりました(発売はタイセイ総合研究所)。

Field Pad - Taisei Research Institute, Inc.


OH000041

Dropboxに保存されたPDFデータを閲覧することが可能で、スキャナした重たいデータでも開くことが可能とのこと。
メインの機能は、図面上にピンをたてて、さまざまな情報をピンに保存することができること。写真や動画、音声メモデータも保存することができます。

公式サイト
http://www.fieldpad.jp/

【iOSアプリ】ATOKの生みの親がつくった手書きメモアプリ「7notes」

ATOKや一太郎で有名なジャストシステムの浮川氏が設立した「MetaMoji」が開発した「7notes」。
手書きの認識度が高いと話題になっています。
入力方法も、手書き認識だけでなく、キーボード入力や、手書きのままながしこむ「書き流し入力」機能もあり、
漢字が分からなくてもひらがな入力から漢字変換する「mazec」機能や、書き流し入力」した文字を後から変換する「後から変換」機能も備えています。

写真 12-04-15 18 30 19写真 12-04-15 18 31 00

7notes for iPad - 7 Knowledge Corporation
7notes for iPad - 7 Knowledge Corporation

また、手書き入力にオススメのスタイラスはワコム社の「BambooStylus」。
 
カラーも色々と発売されているので、好みで選ぶことができます。

【iOSアプリ】新しいiPadのRetina(高解像度)ディスプレイに対応した活用アプリ

高解像度ディスプレイ(Retinaディスプレイ)を搭載した新しいiPad用のアプリが続々登場しています。
私が業務に愛用している以下のアプリも対応しています。
今までとは比べものにならないくらい見やすくなっていますのでオススメです。

GoodReader for iPad - Good.iWare Ltd.
GoodReader for iPad - Good.iWare Ltd.

Sleipnir Mobile - Web ブラウザ - Fenrir Inc.
Sleipnir Mobile - Web ブラウザ - Fenrir Inc.

Evernote - Evernote
Evernote - Evernote

新しいiPad、iPad(第3世代モデル)登場

「新しいiPad」と呼ばれる「iPad(第3世代モデル)」。
今日が発売日ですが、さっそく手元に届きました。
iPad比較
本体の見た目だけでは、第3世代モデルなのか、iPad2なのかは判断つきません。

iPad2から主に変わった点は以下の通り。
・Retina(網膜)ディスプレイ(高密度264dpiな液晶)
・HD撮影や自動ホワイトバランスなどが可能な5メガピクセルカメラ
・クアッドコアグラフィックスA5Xチップ搭載
・本体は0.6mm厚くなり、約50g増量
・LTEはアメリカ、カナダのみで対応
iPad3 iPad2
左が新しいiPad、右がiPad2ですが、文字の違いが分かるでしょうか?

マイナーチェンジと言う感じも個人的にはありますが、
ディスプレイの見た目が違いすぎます。
また、処理能力が書きファンにアップされたので、動きがキビキビしています。

今後も、建設業×iPad(タブレット)の活用事例を紹介していきたいと思います。

【関連記事】
2011年04月28日
本日発売「iPad2」、初代からはカメラが搭載、薄くなり、処理が高速に
http://const.livedoor.biz/archives/51971592.html
2010年07月14日
iPad WiFiモデル と iPad WiFi+3Gモデル
http://const.livedoor.biz/archives/51863922.html

【iOS】Wi-FiやBluetooth設定などのショートカットアイコンを配置

iPhoneやiPodtouch、iPadで、Wi-Fiの切り替えや、Bluetoothのこまめなon/offをされている方に便利なショートカットアイコンです。
各種設定画面へのショートカットアイコンを配置することができます。

ショートカットアイコンを配置
1 Click Config
http://www.otchy.net/1cc/
ショートカットアイコン

iPhone Settings Shortcuts by Jeff Broderick
http://weba03.blog96.fc2.com/blog-entry-1334.html

(一部記事を修正いたしました)

【iOSアプリ】上にも横にも何枚でも、大パノラマ・超広角写真を撮影することができる「Photosynth」

縦横自由に、何枚でもパノラマ結合することができるiOS(iPhone、iPod touch)用アプリ。
最初の1枚を撮影したら、ゆっくりカメラを回していくことで、自動的に撮影を繰り返し、勝手に結合してくれます。

さらに、Microsoftの専用サイトにアップすることで、大パノラマ写真を公開することができます。
406565_218875218189515_100002011153632_475114_473532201_n
http://photosynth.net/view.aspx?cid(ビューワ)

日テレZEN000002
http://photosynth.net/view.aspx?cid(ビューワ)

カラッタZEN000003
http://photosynth.net/view.aspx?cid(ビューワ)

360度全てを撮影することも可能で、Googleストリートビューの様な写真を撮影し、フリックにより画面を動かすことが可能です。
アプリは、なんとMicrosoft社製で、しかも無料です。
広域な現場では大パノラマ写真、狭隘な現場では超広角な写真を撮影することができます。

Photosynth - Microsoft Corporation
 Photosynth - Microsoft Corporation

【iPadアプリ】iPadを利用して、手軽にペーパーレス会議「RICOH TAMAGO Presenter」

iPad用アプリとして(株)リコーから無料で提供されている「RICOH TAMAGO Presenter」。
このアプリを利用すると、手軽にペーパーレス会議を行うことができます。

このアプリの特徴は、発表者がiPad上で資料のページをめくると、それに連動して複数の閲覧者のiPadもページが移動されるところにあります。
たまご

このアプリを用いてペーパーレス会議を行うには、同じネットワークのWi-FiにすべてのiPadを接続する必要があります。Wi-Fiに接続し、アプリを起動すれば、その場から会議用の資料をダウンロードすることができ、複雑な設定することなく、資料のスライドを同期することができます。
自分の端末だけ閲覧ページの同期を解除して、別のページを見ることも可能ですし、同期に戻せば、即座に発表者と同じスライドが表示されます。
また、発表者を入替える機能や、無線プロジェクタに接続する機能なども備えています。

無料なので、手軽にペーパーレス会議を行いたい方にオススメです。

RICOH TAMAGO Presenter
http://www.ricoh.co.jp/software/other/rtp/

【iOS・iPadアプリ】移動している速度や高度、住所や天気が分かるアプリ

GPSや電子コンパスを利用して、現在の位置や住所、加速度や速度、高度や移動距離、さらには天気を見ることができるiPad用アプリです。

Navigation Companion HD - Bitgate Mobile
Navigation Companion HD - Bitgate Mobile

東北新幹線はやてから
古川273kmくりこま高原271km
古川駅通過時は273km/h、くりこま高原通過時は271km/hでした。

東海道新幹線のぞみから
京都(加速中)京都駅276km
京都駅通過して加速時(214km/h)、数十秒後には最高速度に近い264km/hに達していました。

アメリカ軍の物資調達規格の耐衝撃性に準拠したiPhone用ケース

iPhoneを現場で利用するとなると、やはり気になるのが現場に多い砂ぼこりや落としたときの衝撃や雨などの水滴ですが、これらを克服することができる防水・防塵・耐衝撃性のケースを紹介します。

「Ballistic Hard Core for iPhone 4(Ballistic Case社製、フォーカルポイントコンピュータ社販売)」
http://www.focal.co.jp/products/detail.php?product_id=535


こちらは、アメリカ国防総省が制定するアメリカ軍の物資調達規格MIL-STD-810Gの耐落下衝撃・耐振動・耐温度・耐塵に準拠したiPhone4と4Sの専用ケースで、インナーとアウターの5重構造で本体を守る構造になっています。
すこしごつくなりますが、オススメの一品です。

iPad版の公式Facebookアプリが登場しました

コミニュケーションツールとして代表格のFacebookですが、今回iPad用の公式アプリが公開されました。

iPad用Facebookアプリ
高画質の写真、ゲーム、チャットなど多彩な機能で、最適なFacebook体験をiPad上で提供します。
http://itunes.apple.com/jp/app/facebook/id284882215?mt=8
写真 11-10-11 8 21 42

今までのiPhone用アプリがバージョンアップになって、iPadにも対応する形のようです。
Facebookを活用している方にはうれしいニュースですね。
さっそく使ってみたいと思います。

追伸、アップデートでは起動時にエラーが発生したので、一度アプリを削除してから入れ直したところ、問題なく起動しました。また、今のところiPad用アプリではなく、iPhone用アプリ欄にのみ表示されています。

【iOSアプリ】羽田空港の滑走路利用状況や近所を飛行している飛行機の状況が分かる「FlightRadar24」

羽田空港の滑走路利用状況や近所を飛行している飛行機の状況が分かる「FlightRadar24」

FlightRadar24 Pro - Svenska Resenatverket AB
FlightRadar24 Pro - Svenska Resenatverket AB

こちらは、B滑走路に着陸、D滑走路着陸態勢、A滑走路とC滑走路で離陸した直後の状況。
羽田空港1羽田空港2

羽田空港近くで迫力ある飛行機の撮影にも役立つのではないでしょうか。

また、AR機能もついていますので、飛んでいる飛行機の会社や機体、便名などを実際の飛行機と重ねてみることができます。
AR
(TDSから撮影してみましたが、本来なら飛行機に便名などがAR表示されるはずでしたが、残念ながら表示されませんでした)

上空などを飛行している飛行機をARで探すなんてことも可能です。

【iOSアプリ】iPhone、iPad2で名刺や書類などを四角くカメラスキャン

名刺や書類などを、斜めに撮影しても、四角く補正してくれるカメラを用いたスキャナアプリ「Scanner Pro」です。

Scanner Pro (scan multipage documents, upload to dropbox and Evernote) - Readdle
Scanner Pro (scan multipage documents, upload to dropbox and Evernote) - Readdle

ScannerPro1ScannerPro2
通常通り、写真撮影をします。手ぶれしないように、撮影ボタンを押してから数秒たってからシャッターが切れます。

ScannerPro3ScannerPro4
撮影後、自動的に4辺を認識しますが、拡大鏡を見ながら手動で修正することも可能です。

ScannerPro5ScannerPro6
4辺の位置を確認したら、設定で処理方法やカラーモードを確認します。

ScannerPro7
スキャン(撮影)した画像は、メールやEvernote、Googleドキュメントなどに送信することが可能です。

ScannerPro8ScannerPro9
こちらは、Evernote。私の場合、これを使って、スキャンした名刺をEvernoteにアップして、管理しています。

【iOSアプリ】iPadやiPhoneでGoogleスケッチアップの3次元ファイルを表示

発注者との打合せで、スケッチアップで作成した3次元図面を見せるために、パソコンを持参するのが面倒ということなので、iPadで使えるGoogleスケッチアップのビューワ(閲覧アプリ)をご紹介します。

スケッチアップ橋脚(スケッチアップ)
左はスケッチアップで作成した3Dモデル、右はCubitsで3Dモデルを表示したところです。

Cubits - Distrust Simplicity
Cubits - Distrust Simplicity 

Cubitsの使い方はいたって簡単。指でピンチアウトやピンチインで拡大・縮小され、ドラッグで回す(視点変更)ことができます。

【GoogleSketchUpのファイルをCubitsで見る方法】
・Googleスケッチアップで、該当するファイルをGoogleEarthファイル(kmz)形式でエクスポート
 (ファイル→エクスポート→3Dモデル)
・iTunesを用いて、Cubits内にkmzファイルを保存
・Cubitsを起動してDownloads内に表示されたファイルを選択

インターネット上で公開されている3Dモデルもダウンロードし、見ることができます。
東京タワー東京タワーアップ

【iOSアプリ】国交省の詳細雨量情報「XバンドMPレーダ」をiPadで動画表示「Xバンド雨量」

国土交通省から提供されている、より詳細な雨量情報を提供している「XバンドMPレーダ」。
ゲリラ的な豪雨も観測することができるため、現場以外でも役立っています。

XバンドMPレーダとは?
より詳細な降雨状況「Xバンドマルチパラメータによる降雨観測情報」の配信http://const.livedoor.biz/archives/51861512.html

iPadやiPhoneで表示するアプリが、この「Xバンド雨量」です。
Xバンド雨量

Xバンド雨量 - skgware
Xバンド雨量 - skgware
近況を動画で見ることができるので、雨の今後の状況を判断することができます。

また、東京付近でしたら、東京都下水道局から提供されている東京アメッシュ(以前のCバンドですが)もオススメです。
東京アメッシュとは?
http://const.livedoor.biz/archives/50877324.html

iPad用アプリ、雨メッシュ - Trinityworks
雨メッシュ - Trinityworks

ホコリの多い現場でiPadを利用するなら防水ソフトケースが安価でオススメ

iPadを持って現場に行きますが、やはりホコリと雨が心配なので、防水ソフトケースを愛用しています。
防水ケース1防水ケース2

こちらの製品は、約1000円。水没することはないでしょうから、この程度の防水性で十分です(落下や衝撃には注意が必要ですが)。

実際、資料を綴ったファイルとiPadをこんな感じで持ち歩いております。炎天下だとやはり画面が見にくくなりますが、操作性は問題ありません。
防水ケース3
念のため落とすことがないよう、今後はストラップの購入を考えてみたいと思います。

【iOS】手書きメモをiPhoneやiPadでデジタル管理できる「SHOT NOTE」、OCRやタグ付けも

キングジムから発売されて、最近話題になっている「ショットノート」を購入してみました。
専用の用紙に手書きしたメモをiPhoneやiPadで撮影すると、四隅がきっちり合った状態で保存され、Evernoteなどで管理ができるという優れもの。

キングジムサイト
http://www.kingjim.co.jp/sp/shotnote/


手書きノートをスキャナして整理したりしましたが、結局面倒になり、ノートのまま保管していますが、手軽にデジタル化できれば、管理がすっきりするかもしれません。

ツインリングタイプやメモパッドタイプ、ルーズリーフタイプや付箋紙タイプなど、いろいろと販売されています。

メモパッドタイプ
 
ツインリングタイプ

【iOSアプリ】iPadアプリのGoodReaderがVer3.8.0にバージョンアップしてさらに使いやすく

ファイル管理でできるPDFなどのビューワとして、愛用している「GoodReader for iPad - Good.iWare Ltd.」。
今回のバージョンアップ(アップデート)でVer3.8.0となり、ファイルを複数開いて、タブで管理することが可能になりました。
GoodReade
これで、リストに戻る事なく、ファイルを切り替えられるので、便利なアプリが、さらに便利になりました。
そのほかにも様々な機能が追加されています。

GoodReader for iPad - Good.iWare Ltd.
GoodReader for iPad - Good.iWare Ltd.

GoodReaderへのファイル転送方法はいろいろありますが、最近はUSBケーブルで直接転送したり、ファイル・フォルダ整理ができる、「GoodReaderUSB」が重宝しています

iPhone用はこちら
GoodReader for iPhone - Good.iWare Ltd.
GoodReader for iPhone - Good.iWare Ltd.

【iOSアプリ】江戸、明治、現代の移り変わりを見ることができる「今昔散歩」

江戸、明治、現代の移り変わりを見ることができる「今昔散歩」。
Yahoo!のサイトなどでも過去の地図と重ね合わせができるサービスがありますが、
iPhoneやiPadのiOSで手軽にできるアプリが登場しています。

今昔散歩 - BeMap Inc.
今昔散歩 - BeMap Inc.

今昔散歩

以前にも書きましたが、現場や現場付近の過去を知ることで得られることがありますので、都心部で工事を行う際は、このようなアプリやサイトで知っておくとよいでしょう。

過去記事:2008年03月27日
「昭和30年代の地図や航空写真をYahoo!とgooで公開」
http://const.livedoor.biz/archives/51325946.html
まだgooでは公開しています。
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございます。
投稿日をご確認いただき、古い記事につきましては、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30








建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
記事検索
人気記事ランキング
  • ライブドアブログ