現場主義 (建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

技術提案(総合評価)

AI搭載で1時間後の風速を予測する計測システム

TBS「がっちりマンデー」で取り上げられていたエコモット社の環境データ計測システム「サインロイド2」。

掲載情報
https://www.ecomott.co.jp/media/1593/

こんな感じで、1時間後の風速が表示されるため、現場においては作業をどのように進めれば良いのか判断できるので、重宝されると思います。
1時間後の風速
こんなところにもAI機能が、今後の進歩が楽しみです。

サインロイド2製品紹介ページ
https://www.gembaroid.jp/product/indication/display/signroid2.html 

NETISにも登録されているコンクリート保水養生テープ

NETISにも登録されている3M社製の「コンクリート保水養生テープ」、コンクリートの耐久性や品質向上のために、多くの現場で採用されています。
コンクリート養生テープ

保水養生によるコンクリート表面の緻密化により、酸性雨・海水・塩害等による中性化に対して耐性が向上。また、初期強度も高めに発現するため、相乗効果により物件の耐久性向上・長寿命化が期待でき、保全や維持費の低減につながります(下記サイトより)。



3Mサイト
http://www.mmm.co.jp/tape-adh/construction/concrete/

低入札価格調査基準価格の見直し(国土交通省)

H25年5月16日以降に入札公告を行う工事を対象に、低入札調査基準価格の一般管理費の参入率を0.3から0.55に引き上げられることになりました。
画像1

国交省サイト
http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekkei/pdf/250514tyousakizyunn-sankou.pdf

低入札調査基準価格とは
・予算決算及び会計令第85条に規定。
・「当該契約の内容に適合した履行がされないこととなるおそれがあると認められる場合」の基準となる価格。
・この価格を下回った場合には、履行可能性についての調査を実施。履行可能性が認められ ない場合には、失格。

【Con養生】コンクリートを電気毛布のように養生できる「コンガード」

冬期コンクリートにて、電気毛布のように加熱養生することができるシート「コンガード」。
コンガードを使用して、養生すれば練炭養生のような危険性もありませんし、
面積の大きな壁などにも型枠の上から利用することができます。

コンクリート加熱養生シート「コンガード」
http://www.nihonkasetsu.co.jp/03_10con/01congard.htm
日本仮設(株)
コンガード

【環境対策】黒煙除去装置ですす成分と粒子状物質を抑制

建設現場で使用している生コン車などの車両では黒煙除去装置(DPE)の普及率が進んでいますが、
黒煙除去装置の装着されていないクローラクレーンやバックホウなどにも手軽に装着することができるのが、
黒煙除去装置「モコビー」です。

(株)コモテック「モコビー」
http://kokuen-zero.comotec.co.jp/01.html
モコビー

モコビーを重機に使用することにより、黒煙を100%、粒子状物質を95%低減することができるようです。
バックホウやクローラクレーンなどの搭載式、コンクリートポンプ車などの定置式にも対応できるので、幅広く利用できます。

周辺環境の厳しい工事現場で役立ちます。

取扱は、レンタルのニッケンで行っています。

型枠が組めない場所に、布製型枠のファブリフォーム

型枠が組めない場所で、厚さの薄いコンクリートを打設するとき、この布型枠が利用できる場合があります。

ファブリフォーム
旭化成ジオテック
http://www.asahi-kasei.co.jp/agt/kankyou/jp/fabriform/index.html
岡三リビック
http://www.okasanlivic.co.jp/material/fablic_form.html

ファブリフォームは布製型枠、コンクリートマットとも呼ばれ、袋の中にモルタルを注入することで、構造物とすることが可能です。
セパが取れない場所や、型枠の組み立てにくい場所、工期を短縮したい場合、この工法が適用できれば、有効に働きます。
詳細は、上記サイトをご確認ください。

【技術提案ネタ】コンクリート用湿潤・保温養生マット「うるおんマット・アクアマット」

先日、コンクリート用湿潤・保温養生マット「Qマット」を紹介しましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/52011991.html
他にも同様の効果のあるマットを開発されているとのことでしたので、「うるおんマット」と「アクアマット」を追加いたします。
どちらもNETIS登録商品です。

うるおんマット(早川ゴム・PDF)
http://www.hrc.co.jp/product/waterproofing/waterproofing_civil/pdf/URUONMAT.pdf

NETIS-うるおんマットSタイプ(平面タイプ)
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=CG-090024&TabType=&nt=nt
NETIS-うるおんマットRタイプ(壁・鉛直面タイプ)
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=CG-100007&TabType=&nt=nt

アクアマット(早川ゴム・PDF)
http://www.hrc.co.jp/product/waterproofing/waterproofing_civil/pdf/AQUAMAT.pdf

NETIS-アクアマットSタイプ(平面タイプ)
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=CG-060005&TabType=2&nt=nt
NETIS-アクアマットRタイプ(壁・鉛直面)
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=CG-060001&TabType=2&nt=nt

ケンプラッツサイトにNETIS登録技術が工種毎に整理されています

すでに何度か更新されているため、ご存じの方も多いかと思いますが、
日経BPケンプラッツの下記サイトには、新技術情報提供システム(NETIS)に登録されている情報が工種毎に整理されています。

日経BPケンプラッツスペシャル
NETIS(新技術情報提供システム)登録技術
http://special.nikkeibp.co.jp/ts/article/aa0g/110346/

もちろん、ここで掲載されている以上の技術があります。
すべての技術は、以下の国土交通省のサイトにて見ることができます。

NETIS 新技術情報提供システム
http://www.mlit.go.jp/netis/

【技術提案ネタ】コンクリート用湿潤・保温養生マット「Qマット」

コンクリート養生マットとして有名になった、コンクリート用湿潤・保温養生マット「Qマット」ですが、知り合いが開発に関与していたことを先日知りましたのでご紹介します。

従来の養生マットと比較して、初期保水量は10倍以上、保水時間も5倍以上と非常に高い保水性を維持しています。また1回の保湿で28日間も保湿状態を維持することができる優れものです。

その他の詳細は、こちら「東洋紡AP事業部」
http://www.toyobo.co.jp/seihin/qt/qmat_ap/index.htm

NETISにも登録されていますので、確実性があります。
http://www.netis.mlit.go.jp/RenewNetis/Search/Nt/NtDetail1.asp?REG_NO=KT-980368&TabType=2&nt=nt

【技術提案】オーバースペック・標準案等の理由により評価しない技術提案の事例(港湾空港関係編)

2011.8.3、国総研のサイトに、総合評価落札方式における「オーバースペック等の理由により評価しない技術提案の事例」について掲載されています。

港湾空港工事における、オーバースペックと標準的項目(標準案)として扱われ、評価されない事例について掲載されていますので、参考になるかと思います。

http://www.ysk.nilim.go.jp/kakubu/kouwan/sekou/overspec20110803.pdf

※国土交通省各地方整備局等(港湾空港関係)が発注する工事のうち、総合評価落札方式を適用する工事において、オーバースペック等の理由により評価しない技術提案の事例が公表されています。

OH000009

【技術提案】発注者側でオーバースペックを防ぐために留意している事例

「設計図書等の範囲を超えたグレードアップに関する提案」は過度なコスト負担を要する提案として認められない場合がありますが、
国総研(国土交通省国土技術政策総合研究所)では、「発注者側でオーバースペックを防ぐために留意している事例」として、オーバースペックを求めるものと見なされる(オーバースペックの提案がなされやすい)評価項目の設定事例を2011年3月7日より公開しております。

発注者側でオーバースペックを防ぐために留意している事例(PDF)
http://www.nilim.go.jp/lab/peg/siryou/overspec110324.pdf

国総研のサイトには様々な資料やデータが掲載されています。

建設マネジメント技術研究室
http://www.nilim.go.jp/lab/peg/index.htm
同、総合評価(工事)サイト
http://www.nilim.go.jp/lab/peg/theme01.html

【技術提案】大型ダンプトラックによる土砂運搬時の安全対策について

技術提案の参考になるそうな資料を紹介しておりますが、
今回は、「大型ダンプトラックによる土砂運搬時の安全対策について」。

土砂運搬用のダンプトラックに対する安全対策についての文献が
北陸地方整備局信濃川河川事務所工事安全対策協議会施工研究発表会(H21.7.24開催)で公開されています。
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/office/kat_kyogikai/contents/research/

この中で、大石組様の研究発表資料が標記になります。
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/office/kat_kyogikai/contents/research/pdf/01.pdf

主には、
・ダンプトラック運転手への土砂運般ルートの周知
・過積載防止対策
・土砂運搬経路の運行状況の把握
・一般道への汚れ防止
・土取場と土砂仮置場の誘導員の配置

上記の他の研究発表や、H22.7.22 第11回信濃川工事施工研究発表会 の資料も参考になるかと思います。
http://www.hrr.mlit.go.jp/shinano/office/kat_kyogikai/contents/research2010/index.html

【近隣対策事例】手軽に仮設置ができる防音壁「ノイズソーバー」

手軽に人力で仮設置ができる防音壁、「ノイズソーバー」。
夜勤などで民家前などに一時的に設置する際、便利です。

材質:特殊プラスチック製の吸遮音マット
寸法:縦2,700mmX横600mmX厚60mm

なんと、1枚あたり8.1kgっというお手軽な軽さ。これなら人力で簡単に設置ができます。

ノイズソーバー
http://www.sacos.co.jp/product/pickup/noisesorber.html

開発元:株式会社 JSP
http://www.co-jsp.co.jp/product/product02_2_014.html







建設的iPad活用
スケッチアップ入門

最近のオススメ
Since 2004.11.30


リンク集


ACSが考える建設業向けASP&SaaS








難病の子供達に夢を



RCE・RCI による任意団体 CALSスクエア北海道

Comments
プロフィール
記事検索
おすすめ書籍
iPad最強活用ガイド



現場主義×建設ITガイド2012


現場主義×建設ITガイド2011


現場主義×建設ITガイド2010


現場主義×建設ITガイド2009


現場主義×建設ITガイド2008


建設ITガイド2007


建設ITガイド2006


イラストによる建築物の仮設計算
イラストによる建築物の仮設計算改訂2版

やさしいCAD図面電子納品入門改訂
やさしいCAD図面電子納品入門改訂
その他現場おすすめ
A3ラミネータ(安全看板に)


厚手のラミネートフィルム(250ミクロン)


小型無線LANアクセスポイント


小型無線LANアクセスポイント
ブログパーツ

RSS更新メール
現場主義ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力し、Goをクリックしてください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー
(登録されたアドレスはこちらから見れませんのでご安心ください)
人気記事ランキング
ブログパーツ
  • ライブドアブログ