現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・DX・iCon・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

2007/05

リコー建設CALS支援センターに総合評価ページ


CIC建設コラムに「リコーの総合評価落札方式のコーナーを担当」という記事が掲載されていました。
http://cmf.cocolog-nifty.com/cic/2007/05/post_b092.html

公共工事品確法(総合評価)について、分かりやすく説明されています。

RICOH建設CALS支援センター
http://www.rcals.com/
rcals.png
RICOH建設CALS支援センター「公共工事品確法(総合評価落札方式)」

現場主義内の関連記事
・継続教育(CPD・CPDS)の有効性・効力(各団体推奨単位と入札への効力)
http://const.livedoor.biz/archives/50839431.html
・低価格入札・特別重点調査とは
http://const.livedoor.biz/archives/50743772.html
・総合評価方式使いこなしマニュアル(関東地整)
http://const.livedoor.biz/archives/50701232.html

【AutoCAD】LT2008・2007ファイルをバージョンダウン変換できるフリーソフト

当社では、AutoCADLT2006を使用していますが、ある発注者からAutoCADLT2008形式で図面ファイルが来るため、開けずに困っていましたが、Autodesk社からフリーで変換ソフトが公開されていました。

DWGバージョン変換ソフト「DWG TrueConvert」
TrueConvert(1).JPG
http://www.autodesk.co.jp/adsk/servlet/item?siteID=1169823&id=7035853

下記バージョンのファイル形式をまとめて変換することができる多機能変換ソフトです(バージョンアップもバージョンダウンも可能です)。
AutoCAD 2000 DWG 形式
  AutoCAD 2000、AutoCAD 2000i、AutoCAD 2002
AutoCAD 2004 DWG 形式
  AutoCAD 2004、AutoCAD 2005、AutoCAD 2006
AutoCAD 2007 DWG 形式
  AutoCAD 2007、AutoCAD2008

AutoCAD 2007 形式からのバージョンダウン(変換先バージョンを選択することができます)
TrueConvert(2).JPG

AutoCAD 2000 形式からのバージョンアップ変換
TrueConvert(3).JPG

継続教育(CPD・CPDS)の有効性・効力(各団体推奨単位と入札への効力)

昨日の「CALS斬りっ!」「総合評価におけるCPS(継続教育)の点数」について掲載されていましたが、ほとんど同じ内容の問い合わせがありました。

CPDとは、CPDSとは、
http://const.livedoor.biz/archives/50547309.html

問い合わせ内容というのは、「継続教育(CPD・CPDS)は、結局どれほどの効力があるのか?」です。

★CPDの効力を得るには、まず入会している各団体が推奨している単位を超えることが必要です(一部の発注者では、超えなくても効力があります)。

=土木学会=
土木学会認定技術者資格の更新のためには年間50単位×5年=250単位が必要
土木学会.JPG
http://www.jsce.or.jp/opcet/01cpd/gaiyo_0611.pdfより

=全国土木施工管理技士会連合会=
・望ましい水準 1年間で30ユニットもしくは5年間で150ユニット以上
・必要な水準(対外的な水準) 1年間で20ユニットもしくは5年間で100ユニット以上
技士会.JPG
http://www.ejcm.or.jp/07cpdsguide070221.pdfより

=日本技術士会=
認定の要件として、次の条件が全て満足される必要があります。
(1) 本会の会員であって、会費に未納がないこと。
(2) 以下の条件を満足するCPDが日本技術士会に登録されていること。
 1) 申請月の2ケ月前から遡って過去3年間で150CPD時間以上登録していること。
 2) その各年別においても30CPD時間以上実績があること。
 3) 3年間の実績において、課題区分(A一般共通;11項目、B技術;5項目)別に、少なくともA項から2項目、B項から1項目において実績があること。
 4) 3年間の実績において、形態区分(1〜6-5までの10形態)別に、少なくともいずれか3形態に実績があること。
技術士会.JPG
http://www.engineer.or.jp/cpd/outline.htmlより

その他の団体については、建設系CPD協議会ホームページからご参照ください。

★次に、総合評価などでどれくらいの効力・影響があるかですが、
これは各発注者によってまちまちです。0.5点〜2点程度が中心ですが、それ以上もありますし、中には推奨単位の半分でも1ポイント認められる場合もあります。

=関東地方整備局=
関東地方整備局における総合評価落札方式の適用ガイドラインによると、配置予定技術者能力の7〜8ポイントのうち1ポイント

=北陸地方整備局=
公共工事における総合評価方式活用ガイドラインによると、簡易型において2ポイントでした。

現場に配属している者とすれば、CPDのポイントを獲得する時間と労力に比べると、効力(加点)が少ないような気もします。

Webで動く無料のOffice互換ソフト「ThinkFree Office(てがるオフィス)」

前回、MicrosoftOffice互換のフリーソフト「OpenOffice.org v2.1 日本語版」を紹介しましたが、
http://const.livedoor.biz/archives/50824370.html
今度は、インターネットWeb上で、無料のオフィス互換ソフトが使用できるサービスがあることを、ソースネクストのダイレクトメールで知りました。

ThinkFree Office(てがるオフィス) http://www.thinkfree.co.jp/
thinkfree.JPG

使用できるオフィスのファイルは、Word・Excel・PowerPointの3種類。
インターネットさえできれば、いつでもどこからでも編集や印刷することができ、さらに1GB(1ファイルは最大10MB)のユーザースペースが用意されています。

左がワード、右がエクセル。
thinkfree(Word).JPG thinkfree(Excel).JPG
ツールバーなど、操作性はマイクロソフトオフィスとほとんど変わりませんし、ファイルの新規作成はもちろん、既存ファイルのアップロードもできます。

パワーポイントも使い勝手は満足です。
thinkfree(PowerPoint).JPG
ウェブ画面を超えて、全画面でスライドショーを行うこともできます。

建設業の癒し系キャラ「全力ウサギ」

先日ご紹介した「全力ウサギ」のグッズが販売されているショップに行ってみました。
期間限定ショップのため、通路の真ん中の仮設コーナーでしたが、意外と賑わっていました。

全力ウサギ紹介記事
http://const.livedoor.biz/archives/cat_1487187.html

全力第一(1).JPG

全力第一(2).JPG 全力第一(3).JPG

いくつかグッズを購入してみました。
全力ウサギ(1).JPG 全力ウサギ(2).JPG
全力ウサギ(3).JPG 全力ウサギ(4).JPG

こちらは、プレゼントにもらったポストカード。
全力ウサギ(5).JPG 全力ウサギ(6).JPG



グッズは楽天でも販売中です。
 
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
記事検索
Rakuten

Pitta
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ