現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・DX・iCon・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

2009/01

現場主義×建設ITガイド2009(経済調査会)

昨年に引続き、経済調査会の「建設ITガイド2009」を執筆させていただきました。

 ←購入はこちらをクリック!

 建設ITの最新動向、「デジタル工事写真カンタン整理術」P46~
立ち読みPDF
↑リンク先の立ち読みPDFで2ページだけ読むことができます。

DocuWorksのファイルをCADに変換(PDFを経由して)

富士ゼロックスのドキュワークス(DocuWorks)に変換された図面ファイルを再度CADファイル(DXF・DWG)に変換して、AutoCADで開いてみました。
DocuWorksから直接変換する方法を見つけることができなかったため(ご存じの方はコメントにてお願いします)、一度PDFに変換してから、DXFに変換してみました。

前回、PDFからDXF変換に使用したソフトは、20回までフリーで利用することができる「Aide PDF to DXF Converter」でしたが、
http://const.livedoor.biz/archives/51035313.html

今回は、フリーで提供されている「CAD-KAS PDF2DXF 1.0」のデモ版を利用してみました。デモ版の制限は、複数ページのPDFでも最初のページしか変換できない程度で、その他は問題なく使用できました。

「CAD-KAS PDF 2 DXF」
http://www.cadkas.com/jhome.php
中段にある「PDF2DXF 1.0 (1.3MB) 5300円 (USD 49)」にある 「デモ版のダウンロード 」をクリック。

操作は簡単で、PDFファイルを開き
CAD-KAS
DXFに変換をクリックするだけ
CAD-KASCAD-KAS

試したファイルでもハッチングまで見事に変換することができました(寸法線やハッチングの細分化や文字の無変換などはありますが)。

ID・パスワード管理ソフト「ID Manager」

様々なサイトのIDとパスワードを管理することができるフリーソフトです。プログラムのフォルダごとUSBメモリに保存すれば、そのまま持ち運ぶことができます。

ID Manager
http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

ソフト起動時にはパスワードの入力が求められるため安心です。また、登録されているパスワードなどの情報は暗号化して保存されていますので、セキュリティ面も安心。
ログオン

こちらがソフトのメイン画面。
全体画面
左側にサイト名などの項目がツリーで表示され、右側に選択したサイトのID・パスワード・URLなどが表示されます。フォルダを作成したり、順序を入れ替えたりできるので、整理に便利です。

URLの左側にある地球マークのアイコンをクリックすると、インターネットエクスプローラが起動し、登録したサイトページが表示されますので、ログインID箇所をクリック(カーソルを移動)し、Titleの左側にある一括貼り付けアイコン(ID・Pと表示されたフォルダマーク)をクリックすると、ログインIDとパスワードが入力されます。
タスクバーの通知エリアにも表示されるので、左クリックでソフトの起動、右クリックでサイトのページを開いたり、ID・パスワードを一括貼り付けすることができます。
さらに、一括貼り付けボタンクリック時の動作など、細かな設定変更も可能です。

タスクバー右クリック

【Word】貼り付け形式の初期設定(文字列の折り返し設定)

ワードの文章に写真や図を貼り付けた場合、貼付位置(文字の折り返し設定)が行内などになっていて、貼り付けるたびに文字の折り返しや貼付位置の設定を変えている方はいないでしょうか?
オブジェクトの配置1.JPG
実は私も、図の周りに文字が配置されるように、いつも行内から四角にその都度変更していました。
オブジェクトの配置オブジェクトの配置3.JPG
今回も「よろずや工房」さんの記事より、貼付形式の初期設定ができることをしりました。

Wordのオプション→詳細設定→図を挿入/貼り付ける形式
オブジェクトの配置4.JPG
こちらで初期設定を四角にしておけば、図を挿入する際には常に四角になり、手間が省けます。
参考になりました。

【Word】原稿用紙の罫線を削除する方法

原稿用紙スタイルを用いて書かれたマイクロソフトワードの文章から、原稿用紙の設定を削除する方法です。
削除前

原稿用紙の罫線は、ヘッダーとフッターで書かれていますので、ヘッダーの編集で罫線を削除することができます。
ページの上部空白部(ヘッダー部)をダブルクリックすると、ヘッダーの編集画面になります。
そこで、罫線を選択することができるようになりますので、後はデリートキーで削除するだけです。
ヘッダー罫線削除
方法は簡単ですが、知らないと見つけられない方法でした。
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
記事検索
Rakuten

Pitta
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ