現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・DX・iCon・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

2014/04

環状2号線プロジェクト、新虎通りと築地虎ノ門トンネルが3/29に開通

整備が進められている環状2号線の一部として、「新虎通り」が2014.3.29に開通となりましたので、少し経ってしまいましたが、雨の中、始点から終点まで走行してみました。
環状2号線航空写真

始点側、外堀通り6車線の右側3車線が新虎通りへの右折となります。右折すると右側に虎ノ門病院。
新虎通り1 新虎通り2
正面にまもなくオープンとなる都内で2番目に高いビルとなる虎ノ門ヒルズが見えてきます。
これが、「立体道路制度」により建物の中を道路が走る構造となっています。
詳細はこちら
新虎通り3新虎通り4
トンネルの名称は「築地虎ノ門トンネル」となっています。これは将来的に汐留を抜けて、築地までトンネルがつながるためです。
新虎通り5新虎通り6
出口付近左手に、JRをくぐって、汐留側につながるトンネルが見えます。現在はJRの手前までが開通区間となります。
新虎通り8新虎通り9

虎ノ門ヒルズもこんなだったのですが、あっという間に247mまで成長してしまいました。
施工状況環状2号線プロジェクト

【環状2号線関連記事】
2013年02月14日
環状2号線施工のため、切断された首都高八重洲線
http://const.livedoor.biz/archives/52116385.html
2012年08月16日
環状2号線施工のため、首都高八重洲線が長期間一部通行止めに
http://const.livedoor.biz/archives/52085938.html
2012年02月22日
工事が進んでいる森ビル環状2号線プロジェクト(III街区)
http://const.livedoor.biz/archives/52051616.html
2010年10月15日
都内で2番目に高いビル、「立体道路制度」により建物の中を道路(環状2号線)が走る
http://const.livedoor.biz/archives/51899156.html

原則、下請工事が土木一式工事、建築一式工事に分類されることはありません

1次下請業者で土木一式工事の許可を記載している場合がありますが、基本的に下請工事では認められていません
分かりやすい島根県のサイトでは、
「土木一式、建築一式工事における総合的な企画、指導、調整は元請業者が行うものです。このため下請の場合、合法的な一括下請の場合を除いては、土木一式、建築一式工事に該当する事例はほとんどありま せん。なお、公共事業では一括下請は一切できません。」
と記載されています。
下請一式
島根県整備事務所「建設業の許可を適切に受けていますか」
http://www.pref.shimane.lg.jp/.....kensetugyou_tirashi.pdf

長崎県のサイトに「一式工事」とは、
1.総合的な企画、指導、調整が必要な建設工事
(「調整」とは、施工計画の総合的な企画、工事全体の的確な施工を確保するための工程管理及び安全管理、工事目的物、仮設物、工事材料等の品質管理、下請負人間の施工の調整、下請負人に対する技術指導、監督等)
基本的には、元請負業の立場で総合的にマネージメントする事業者向け
2.大規模かつ複雑で、専門工事では施工困難な建設工事
→小規模な建設工事は含まない
3.複数の専門工事を組み合わせて施工する建設工事
→附帯工事は含まない
長崎県一式工事
土木一式工事及び建築一式工事の考え方 - 長崎県土木部
http://www.doboku.pref.nagasaki.jp/~kensetugyo/kyoka/issikikouji.pdf

今さらですが、iPad Air が手元に届きましたので

昨年登場したiPadAir。サイズはそのままで、非常に軽くなったのですが、最近iPad miniを使用していたのもあり、でかく感じますね。
2014-04-03-21-49-27 2014-04-03-21-51-28
ケースは同じものを使用していますが、これだけの面積比があります。
2014-04-03-21-54-26
厚さは、iPhoneもiPad miniもiPad Airもほとんど変わらない状態。
2014-04-03-21-52-25 2014-04-03-21-51-43
iPhone5sの指紋認証に慣れてしまうと、起動時にパスコードを打ち込む行為が面倒に感じますね。
時期iPadには、指紋認証機能が導入されることでしょう。

iOSアプリとしては、建設業向けのアプリが非常に増えて来ましたので、少しずつ紹介して行きたいと思います。

「東京都CALS/ECアクションプログラム2014」が策定されました

平成26年4月1日、東京都建設局から、「東京都CALS/ECアクションプログラム2014」が公開されました。

東京都CALS

東京都建設局サイト
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/cals/pass.html

これは、前回のアクションプログラム2009の計画期間が終了するため、新しく策定されたもので、以下の様なことが書かれています。
・システム間連携の段階的実施
・業務プロセスと利用システムの関連性の見直し検討・実施
・地理情報データの有効活用
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
記事検索
Rakuten

Pitta
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ