現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・DX・iCon・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

2022/10

最低減、法律で必要な現場での掲示物

建設現場では様々な掲示物がありますが、
最低減法律で求められている掲示物は掲示しないと法違反となりますので注意が必要です。

分かりやすいサイトが以下にありましたので、ご紹介します。

広島県福山市のサイト
現場に掲げる標識等について 現場掲示が必要な標識類 (例)
https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/uploaded/life/42338_89872_misc.pdf
現場に掲示が必要な標識

こちらのサイトには以下の様に書かれています。
【公衆の見やすい場所】
・建設業の許可票
・労災保険関係成立票
・施工体系図(公共工事の場合)

【工事現場内の見やすい場所】
・下請負人に対する通知
・建退共適用事業主の標識
・緊急連絡表
・作業主任者



建設現場は「LS」・「CS」・「ES」の向上

最近、従業員の満足度向上と言うことで、
「ES (エンプロイーサティスファクション)」という言葉をよく耳にするようになりました。
会社に所属する人たちが、会社の業務に満足しているか、満足できるようにいかに改善していくかと言う感じかと思いますが、

建設現場って、3つの「S」が大事なのだと思っております。
サティスファクション

まずは地域、
★地域の満足度向上:Local Satisfaction 
そしてお客様
★顧客の満足度向上:Customer Satisfaction 
最後に現場に勤める関係者
★関係者の満足度向上:Employ Satisfaction

建設現場の目標に掲げてみてはいかがでしょうか。



工事現場付近の氏神様の探し方

2008年7月に
「工事の安全祈願祭と神棚の奉り方」
https://const.livedoor.biz/archives/51426098.html

と言う記事を書かせて頂きました。
この中で、氏神神社を見つけて、と書いておりますが、
そもそも、工事現場の氏神神社の見つけ方が分からないと言う質問を受けておりました。

もちろん、地元の方に聞くのが一番ですが、
もっと確実な方法として、日本の神社を管理している神社庁に聞くのがよいです。
神社庁一覧

神社本庁サイト
神社庁一覧 | 神社本庁 (jinjahoncho.or.jp)

神社庁のサイトにも「氏神さまをお探しの方は各県神社庁にご相談ください」とありますし、宮司さんの有無や管理されている宮司さんなどを丁寧に教えていただけます。

0.8BHと0.7BH、0.5BHと0.45BH(バックホウ)の違い

バックホウを油圧ショベルやユンボ(商品名)と呼ぶ方は多く、このような揺らぎが建設業界の業界用語には多く存在します。

今日話題になったのは、バックホウの大きさ。
バケツの大きさをm3(立法メートル、立米なのでりゅうべと呼ばれています)で示すのですが、
一般的な大きさのものを0.7m3積みバックホウと言い、少し小さいものを0.45m3積みバックホウと呼んでいます。

ただ、この0.7m3や0.45m3とは旧JIS標記で、新JIS(新と言っても前世紀の話しですが)では0.8m3や0.5m3となります。
バックホウ

違いはバケツに積んだときの土を山にした量(45度に積上げ)か、すり切りにした量かの違いです。
平成6年に新JIS標記となり、一般的には0.8m3や0.5m3となっているのですが、建設業界に携わる方々の中ではまだまだ0.7m3や0.45m3が多く使われています。
とは言え、どちらを使っても知っている方々には同じものを認識されるので、そこを問い詰める方は少ないです。ただし、正式書類等には新JIS明記がよいでしょう。
プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
記事検索
Rakuten

Pitta
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ