現場の共有機&ファイルサーバとして、4万円台で購入することができる低価格パソコンで話題を呼んでいるASUSの「EeePC」を購入してみました。
EeePC1.JPGEeePC3.JPG
 
http://eeepc.asus.com/jp/product.htm
主な仕様
OS:WindowsXP HomeEdition
CPU:インテルモバイルCPU
メモリ:512MB
ディスプレイ:液晶7型ワイド、解像度800×480
ドライブ:フラッシュメモリドライブ4GB
通信:LAN、無線LANアダプタ内蔵
USB:USB2.0×3箇所
重さ:約900g

日本版のみ、SDHC4GBやマウス、専用のケースなどが付属されています。
EeePC2.JPG

使用感としては、特に問題ありませんでした。液晶とキーボードが小さいですが、気になるようでしたら外付けで対応することができます。OSでもXPを使用しているため、それほど重いとも感じませんでした。
ただし、ソフトは特にインストールされていませんので、業務として利用するには様々なソフトを入れなければなりません。また、HDとしてフラッシュメモリを利用していますが、残容量は2GB程度なので、考慮が必要です。
参考
パソコンのソフトをすべてフリーで (中古パソコンの活用)
※WindowsXP SP3をインストールしたところ、復元ポイントも含めて、300MB程度の空き容量しかなくなってしまいました。できればSP2のままが良いようですね(復元ファイルを削除すればある程度回復します)。