今の隅田川が旧荒川で、今の荒川は人工的に作られた荒川放水路であることは有名ですが、その隅田川の入口に位置しているのが、「岩淵水門」です。この水門を閉じれば、岩淵水門から隅田川への流入は「0」にすることができます(上流側新河岸川からの流入と、下流側にも水門があります)。

より大きな地図で 岩淵水門 を表示

ここには、現在利用されている岩淵水門(青水門)と土木遺産として残されている旧岩淵水門(赤水門)とがあり、両方とも見学ができるようになっています。
赤水門と青水門
旧岩淵水門(赤水門)は、大正時代に荒川放水路と共に建造されたもので、土木遺産として取り壊さずに保存されています。当初、ゲートの色は灰色だったのですが、昭和30年代の改修工事で現在の赤色になったそうです。昭和57年に新水門が誕生し、その役目を終えています。
旧岩淵水門(赤水門)旧岩淵水門(赤水門)
そして、こちらが新水門である、岩淵水門(青水門)。幅20mという巨大なゲートが3門あり、このゲートによって洪水時には、隅田川への流入を調整しているそうです。
岩淵水門(青水門)岩淵水門(青水門)

そして、こちらが「草刈の碑」。
草刈の碑
昭和13年から昭和19年に行われた「全日本草刈選手権大会」を記念してたてられたそうです。「農民魂は先づ草刈から」と掘られています。

近くには様々な情報看板や、荒川を知ることができる「荒川知水資料館」があります。

荒川知水資料館荒川知水資料館

関連サイト
Wikipedia:岩淵水門
北区の自然環境の諸問題:赤水門保存問題
国土交通省荒川下流河川事務所:ARA荒川知水資料館
北区観光ホームページ:旧岩淵水門(赤水門)