大事に保管しておいたカメラ「Konica現場監督28」。
私が昔、ある現場で使っていた愛用のカメラです。
現場監督28-1
もちろんデジカメではなく、フィルム式のカメラです。

そして懐かしいのが、このネックストラップ。
現場監督28-2
フィルムケースを右と左にひとつずつ、ビニールテープで貼り付けておりますが、
片側には交換用のフィルム、 もう片側には黒板用のチョークが入れてありました。
現場監督28-3現場監督28-4
チョーク入れは、フィルムケースを2本接続して、長いまま入れられるようにしているバージョンもありました。

【情報求む】
デジカメが主流になる直前まで、工事現場ではこのように使っていた方がほとんどでしたが、
ビニールテープではなく、ィルムケースを取りつけられる8の字になったゴムがあったと思います。
・なんていう商品だったのか?
・画像や写真等の情報があれば
・今でも販売しているなどの情報など

今でも売っていれば、ストラップに装着して、チョークホルダーができると思います(フィルムケースが入手困難?)。
皆様からの情報をお待ちしております。また、フィルムケースの代わりになるものや、ネックストラップに装着できるチョーク入れとして他の良い商品もあれば教えてください。