現場主義(建設現場情報サイト)

建設業に携わる人間として、現場主義をモットーに
現場に役立つ情報(品質・環境・安全・ISO・DX・iCon・IT・ICT・CALSなど)を中心に、様々なことを発信しています。

 ├工事成績評定(創意工夫等)

(提案)「ご迷惑をおかけします」から「ご協力ありがとうございます」へ

工事件名板というものが各建設現場には掲示してあります。これは、
・どのような工事か
・発注者と受注者、その連絡先
・作業時間 等が一般の方向けに書かれています。
そして、地域のキャラクターが描かれたり、景色や情報が書かれたQRコードが書かれたり、様々な工夫がなされています。

ただ、この看板、一番上に、いまだに多いのが「ご迷惑をおかけいたします」です。
近年、共同トイレなどでも、「きれいに使ってください」ではなく、「きれいに使って頂いてありがとうございます」等が一般的になっています。
工事件名板 きれいにありがとうございます

どうでしょうか、工事件名板の一番上に書くコメントは「ご協力ありがとうございます」にしてみてはいかがでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

工事予告看板【工事件名板】
価格:3780円(税込、送料別) (2019/8/25時点)


創意工夫・社会性等・工事特性は評価する側の気持ちになって

工事の最後には、工事特性、創意工夫、社会性等(いわゆる創意工夫等)を発注者に提出いたします。
今まで工事中にやってきた、いろいろな工夫や地元との絡みとかをあげるので、しっかりとアピールが必要な書類ですが、書類を提出する前に、ぜひ評価する側の立場になって考えてみてください。

評価する側は、チェックリストに従って、点数を付けていきます。この、チェックリストに適合しないと点数にはつながりません(気持ちでのおまけはあるかもしれませんが)。

この、チェックリストは、発注者ごとにインターネットで公開されていますので、どのように書かれているかを見て、その内容に合わせて書いた方が良いでしょう。

例えば、国土交通省でしたら、こちらで公開されています。
(発注者ごとに微妙に異なりますのでご注意ください)
地域への貢献等

項目ごとに点数の上限があるので、偏ってもダメです。
可能でしたら、チェックリストに項目を記載してアピールする項目をまとめても良いでしょう。

AI搭載で1時間後の風速を予測する計測システム

TBS「がっちりマンデー」で取り上げられていたエコモット社の環境データ計測システム「サインロイド2」。

掲載情報
https://www.ecomott.co.jp/media/1593/

こんな感じで、1時間後の風速が表示されるため、現場においては作業をどのように進めれば良いのか判断できるので、重宝されると思います。
1時間後の風速
こんなところにもAI機能が、今後の進歩が楽しみです。

サインロイド2製品紹介ページ
https://www.gembaroid.jp/product/indication/display/signroid2.html 

敷鉄板上に文字を書いて安全標識に

敷鉄板上に生じる段差には色をつけて注意を呼びかけたりしますが、このように簡単に文字を書くことができる形があります。
段差注意

これらを使えば「安全通路」や「左右確認」等で、注意喚起看板が簡単にできます。
安全通路左右確認
敷鉄板をキャンパスとしてアートを試してみてはいかがでしょうか。

新規入場から日の浅い作業員を見分ける新規ステッカー

ご存じのとおり、新規入場から日数の浅い人ほど事故率が高い傾向にあります。
新規事故率

そこで、新規入場から日の浅い作業員を見分けるのに効果的な新規ステッカーを探していたのですが、いまいちこれというものがなかったため、下記の様なステッカーを作ってしまいました。
 新規入場2週間シール
これ、どなたか市販してもらえないでしょうか?
いまは、事務職員がせっせと黄色シールを緑の上に貼っている状況です。

同じようなステッカーは以下の様なものが市販されていますが。

プロフィール

山政睦実

建設業に携わり、現場の支援業務を行っています。
現場主義は、なるべく過去記事も整理しておりますが、古い内容が記載されている場合もございますので、確認をお願いいたします。

Since 2004.11.30






建設的iPad活用
スケッチアップ入門

Comments
記事検索
Rakuten

Pitta
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ